経理・会計

月額0円?!飲食店特化型POS「ブレインレジ」の魅力とは?機能や料金プランを徹底解説

開店ポータル編集部
2020/10/16
この記事の目次 [表示する]


飲食店オーナーの中には、「飲食店に適したレジってどこのメーカー?」「テーブル管理やハンディ機能などが揃う機能性の高いPOSレジを導入したい」など、飲食店ならではニーズに応えてくれるPOSレジを探している方も多いでしょう。

本記事では、月額0円で導入できる飲食店特化型POS「ブレインレジ」の特徴や機能、料金プランなどについて徹底解説します。さらに補助金や助成金を活用する方法などもご紹介しているのでぜひ最後までご覧くださいね!

飲食店向けのblaynレジ(ブレンレジ)って?


画像引用:blaynホームページ


「blaynレジ(以下、ブレインレジ)」は、飲食店特化型のPOSレジでブレイン株式会社が提供しています。
飲食店の店舗オペレーションを考えて開発した機能が充実しており、テーブル単位での会計や個別会計、テーブルごとの売上状況などもリアルタイムで確認することが可能となります。
有料プランにすると、ハンディの利用もできるため、効率化を図りたい方や記録ミスといったヒューマンエラーなどを防止したい飲食店におススメです。
そんな「ブレインレジ」は、機能面に加え、コストパフォーマンスの高さも魅力のひとつです。月額0円プランでも365日24時間のメール・電話サポートの体制が用意されているため、バーや居酒屋などの深夜営業の飲食店も安心して使用ることができます。

特徴1. デザイン賞を受賞したスタイリッシュな設計

飲食店特化型のPOSレジ「ブレインレジ」は、なんといってもスタイリッシュなデザイン性の高さが魅力です。これまで以下のデザイン賞を4冠受賞しており、国内のみならず海外のデザイン賞を獲得しています。

・Good デザイン賞受賞(2014年)
・Red Dot Award 受賞(2015年)
・ iF World Design Guide 受賞(2016年)
・German Design Award 受賞(2017年)


また「ブレインレジ」はデザイン性の高さに加え、コンパクトなサイズ感も特徴です。タブレット端末、レシートプリンター、金額を表示する画面をインターフェースボードを介して、一つの製品としてまとめているため、従来のレジと比較して1/3までサイズを縮小することに成功しています。そのため、カフェなど店内スペースに余裕がない店舗でも導入できるおススメのPOSレジとなっています。

特徴2. テーブルごとに稼働状況を把握できる

飲食店特化型のPOS「ブレインレジ」は、テーブルごとの管理をアルタイムで把握できることも大きな特徴です。空席情報に加え、テーブル毎の客数や売上や滞在時間などがディスプレイで一目で確認することができます。このように店舗の稼働状況を、つねに把握きる点はうれしいポイントといえるでしょう。

また会計の際には、合算合計の他、個別会計や分割会計なども可能です。途中でのお客様が席を移動した場合もデータの移動がカンタンにできるので、会計時のトラブルも防止することが可能となります。

特徴3. スピーディなメニューの登録や編集ができる

飲食店特化型POS「ブレインレジ」は、専用端末に打ち込むだけで、スピーディな登録・反映や編集ができる点も特徴です。POSレジの中には、新商品の登録を行った場合、反映まで1週間ほどかかるケースがあるため、即時登録や編集が完了する点はうれしいポイントです。

blaynレジ(ブレンレジ)の機能

つづいて、飲食店特化型のPOSレジ「ブレインレジ」の機能についてみていきましょう。ブレインレジは、大きく分けると、会計機能、管理機能、設定・その他の3つの機能に分けることができます。

会計機能

■テーブル会計:テーブルごとに注文伝票を作り会計することができます。

■部門会計:テイクアウトや出前といった商品単位での会計ができます。

■分割会計:現金、クレジット、電子マネーを併用し会計を行うことが可能です。

■個別会計:割り勘で商品や金額ごとに分割会計ができます。

■合算会計:宴会の際などに、注文を各テーブルごとに行い、会計をまとめることができます。

■会計種別選択:会計を行う際に、QR決済やクーポンを区別し、集計することが可能です。

■単品値引き:注文の際、商品ごとに値引を設定することが可能です。

■合計、小計値引き:会計の際に合計や小計から値引を設定できます。
※金額指定、割合どちらも可能

■サービス料:会計時にサービス料が設定できます。

■深夜料金:事前に設定しておくすることで自動で深夜料金を加算できます。

■会計前伝票:テーブル会計の際に、便利な会計前伝票が発行できます。

■領収書印刷:通常のレシートとは別に領収書の発行することができます。

■精算レポートの印刷:当日の売上を集計した精算レポートをレジ本体で印刷することができます。

管理機能

■トレーニングモード:POSレジを導入したときに、操作確認や新しいスタッフのトレーニングが行えます。

■本日の売上:レジで売上の詳細や客数、取引数などをグラフにより確認することができます。

■契約情報の閲覧:ID・登録期限・店舗情報の確認ができます。

■開局/精算:カンタンに開局、点検、精算の処理が行えます。

■担当者管理:レジを操作する担当者を管理、編集することができます。

■売上履歴:伝票ごとの取引履歴や精算履歴を確認することができます。

■編集:売上履歴から商品、お会計方法を編集することができます。

■取消:過去の会計取り消しができます。

■レシート再印刷:レシート、領収書の再印刷が可能です。

■入出金:レジのお金で買い出しを行う場合など、会計以外の入金・出金情報を管理することができます。

■商品管理:商品名や価格・税率を管理することができます。

■部門管理:カテゴリーごとに商品を分ける管理ができます。

■お気に入り:購買率の高い商品をお気に入り登録することで素早い注文が可能です。

■チャージ対象外:商品ごとにチャージ料金適用の有無を設定することができます。

■残数:商品ごとに残数を設定するで在庫切れ商品の注文を未然に防ぐことができます。

■商品説明:商品説明を登録することで、お客様からの質問にその場で回答することが可能です。

■テーブル管理:テーブル名の編集やテーブル数の増減・削除ができます。

■タイマー設定:時間制限や食べ飲み放題のある店舗にも対応可能となります。

■客数選択:テーブルに客数を設定することで、詳しい客数の管理ができます。

■顧客選択:テーブルモードで顧客を選択することで顧客毎のデータを取得することができます。

■端数値引き:会計時、1円単位のお釣りが出ないよう設定できます。

■両替:両替するときは、ボタン一つでドロワーを開閉できます。

設定・その他

■テーブルモード:テーブルモードのON・OFFを設定できます。

■担当者:レジ担当者を設定を行うことで、操作した人を記録できます。

■ネットワーク設定:有線もしくはWi-Fiのどちらで接続するかを選択することができます。

■データ同期:管理画面で編集したデータを同期させることで、レジに反映することが可能です。

■残数管理:残数管理のON/OFFを設定できます。

■原価管理:残数管理のON/OFFを設定できます。

■消費税設定:残数管理のON/OFFを設定できます。

■画面デザイン:レジ画面の基調色の変更が可能です。

■タイマー:タイマー機能ON/OFFを設定できます。

■通知:精算時のメール通知設定を登録できます。

■セキュリティ:特定の従業員のみ、ドロワ開閉できるようセキュリティロックをかけることが可能です。

■精算レポート:精算の際、出力する項目を選択できます。

■消費税設定:内税・外税や小数点以下切上げ、下げ、四捨五入などを設定することができます。

■チャージ設定:サービス料、深夜料金のON・OFFを設定することができます。

■レシート印刷:レシート印刷の使用・不使用を設定することができます。

■信計:レジットカード使用のON・OFFやカード会社を設定することができます。

blaynレジ(ブレンレジ)の料金プラン

ブレインレジでは、「月額無料プラン」「ライトプラン」「プレミアムプラン」の3つのプランを展開しています。月額0円の無料プランは、データ保存期間と商品登録数に関しては、制限されているものの、電話やメールサポートは受けることができます。中規模の飲食店などは、ハンディ端末やキッチンプリンタなどの導入を希望している方も多いでしょう。その場合は、プレミアムプランを契約するのがおススメといえるでしょう。各料金プランの費用や機能は以下をご覧ください。

月額無料プラン

ブレインレジの「月額無料プラン」は、手軽にPOSレジを導入した方におススメです。月額0円の無料プランは、データ保存期間と商品登録数に関しては、制限されているものの、電話やメールサポートは受けることができます。

≪月額費用≫
0円

≪機能≫
・POSレジ機能
・データ保存期間(90日)
・商品登録数(500点)
・会計ソフト連携
・サポート対応(電話、メール)

ライトプラン

次にブレインレジの「ライトプラン」は、POSレジデータの保存が無制限のため、しっかりデータ分析をしたい方におススメのプランです。

≪月額費用≫
4,800円

≪機能≫
・POSレジ機能
・データ保存期間(90日)
・商品登録数(500点)
・会計ソフト連携
・サポート対応(電話、メール)

プレミアムプラン

最後に、「プレミアムプラン」は、すべての機能を搭載しています。ハンディとキッチンプリンタでオーダー抜けを防止することができます。。中規模の飲食店などは、ハンディ端末やキッチンプリンタなどの導入を希望している方も多いでしょうから、その場合はプレミアムプランがおススメです。

≪月額費用≫
9,800円

≪機能≫
・POSレジ機能
・データ保存期間  (無制限)
・商品登録数  (無制限)
・複数店舗管理
・会計ソフト連携
・サポート対応(電話、メール)
・ハンディ利用
・キッチンプリンタ対応

補助金・助成金で初期費用の2/3が返ってくる?!

レジスターからPOSレジの切り替えを検討している際に、気になるのはやはり費用についてではないでしょうか。今回ご紹介する飲食店向け「ブレインレジ」を導入する場合も初期費用として約40万円前後が必要になります。しかしながら、独立開業する方や、個人で店舗を経営している方などは、まとまった資金がない場合も多く、導入に踏み切れないというケースも多いようです。そのような場合は、補助金・助成金を活用することで大幅に初期費用を抑えることが可能となります。詳しい内容は、以下となります。

 
  小規模事業者持続化補助金 時間外労働等改善助成金

(勤務間インターバル導入コース)
価格 約40万円~
補助金受給額 販売価格の2/3 販売価格の3/4
実質負担額 販売価格の1/3 販売価格の1/4

「小規模事業者持続化補助金」

「小規模事業者持続化補助金」は、POSレジ導入やECサイトの構築・販促用WEBサイトにおける広告等に活用することができます。販路開拓の施策やそれに併せて行う業務効率化に向けた取組みであることが補助金を受給できる対象となります。


「時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」

POSレジの初期費用を抑える方法として「時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)」を利用することもおススメです。この助成金は、厚生労働省が2020年4月1日から交付受付をはじめた中小企業や小規模事業者向けた制度となります。
「時間外労働等改善助成金」はコースが用意されていて、それぞれ適応条件に違いがあります。POSレジ導入の際に活用できる助成金は、「勤務間インターバル導入コース」です。

「勤務間インターバル導入コース」は、勤務を終えたあと、次回の勤務までに一定の時間以上の休みを設けて、労働者の生活時間の確保、過重労働を防止するための制度となります。

「ブレインレジ」についてのご相談は開店ポータルBizへ

ブレインレジは、月額0円プランでも基本的な機能から電話・メールサポートも充実しているPOSレジです。
コスト面が気になる方は、助成金や補助金などを活用することで初期コストを抑えることも可能です。現在飲食店のPOSレジをお探しの方は、この機会にブレインレジの導入を検討していみてはいかがでしょうか。

開店ポータルBizでは、「ブレインレジ」に関するご相談を無料で承っております。ご興味のある方やご質問のある方はお気軽にお問い合わせください。
 

開店ポータルBizへ無料相談する

お困りごとはありませんか?お気軽にご相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2020/10/16