経営支援

【緊急事態宣言】21日の解除が決定!飲食店の時短要請はどうなる?今後の集客対策まとめ

開店ポータル編集部
2021/03/18
この記事の目次 [表示する]
昨年より猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、今月3月に突入してからは、西日本エリア全域において、緊急事態宣言の先行解除が実施されました。

東日本の主要都市にいたっては、現状の段階においても緊急事態宣言の延長が続いていますが、21日の宣言解除が目前に迫るなか、苦しい状況が続いてきた飲食店にもようやく一筋の光明が舞い込んだように感じます。

今回は、今月21日に実施される緊急事態宣言の解除にスポットをあてながら、宣言解除後の時短要請は継続されるのか、また、宣言解除の前に知っておきたいオススメの集客対策などについても、なるべくわかりやすく解説を進めていきます。

緊急事態宣言の解除が21日に正式決定!


今月初めに先んじて緊急事態宣言の解除が行われた西日本の2府4県(愛知、岐阜、大阪、兵庫、京都、福岡)とは対照的に、東日本の主要都市においては、今なお緊急事態宣言の発令と、それにともなう飲食店への時短要請が続いています。

しかし、今月21日には、長く続いていた緊急事態宣言が解除されることが報じられたため、本格的な営業の再開に向けて準備を進めている店舗も多いことでしょう。
 

緊急事態宣言が21日に解除される地域


今月21日に緊急事態宣言が解除される地域は下記の通りです。

対象地域:東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
解除時期:2021年3月21日

▶︎緊急事態宣言、21日で解除正式決定 政府、2カ月半で全面解除

▶︎1都3県の緊急事態宣言解除へ 諮問委員会が政府方針を了承

飲食店の時短要請は「午後9時まで」に緩和


さて、巷では緊急事態宣言の解除が注目を集めているわけですが、かねてから行われてきた飲食店への「営業時間短縮要請(時短要請)」については、いわゆる感染の「リバウンド(感染の再拡大)」を回避するための措置として、今月末まで継続される見通しとなっています。

しかし、肝心の営業時間については、段階的な緩和措置として、現在の「午後8時まで」から「午後9時まで」に緩和される方針となっているため、現状よりも1時間ほど繰り下げたかたちで、夜間の営業時間を確保することができるでしょう。

▶︎東京都 宣言解除で飲食店などへの時短要請「午後9時まで」に

緊急事態宣言期間の時短要請


緊急事態宣言期間における時短要請の内容は以下の通りです。

対象地域:東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
要請期間:2021年3月8日〜3月21日
営業時間:朝5時〜20時

段階的緩和期間の時短要請


段階的緩和期間における時短要請の内容は以下の通りです。

対象地域:東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
要請期間:2021年3月22日〜3月31日
営業時間:朝5時〜21時

要請に応じた店舗には「1日あたり4万円」の協力金


また、上記の時短要請に協力した店舗については、協力金として「1日あたり4万円」の協力金が支払われる見通しとなっているため、対象地域の飲食店においては、あらかじめ各自治体の公式サイトなどから、応募の要件を確認しておくと良いでしょう。

解除の前に知っておきたいオススメの集客対策3選


緊急事態宣言の解除が目前に迫るなか、店舗の本格的な営業再開に向けて、集客対策に力を入れている飲食店も多いのではないでしょうか。

ここからは、緊急事態宣言の解除後にオススメできる集客対策4選を解説していきますので、まずは順番にチェックしていきましょう。

クラウドファンディングによる集客対策


これから店舗の新規開業をしようと検討している場合であれば、クラウドファンディンを活用した集客対策がおすすめです。

これまでにはなかった新しい価値を提供することで、一般のユーザーから開業資金の調達を試みるクラウドファンディングですが、近ごろでは各社クラウドファンディングサイトの充実などもあり、多くの事業者が資金の調達に成功しています。

▶︎令和納豆が炎上した本当の理由は?飲食店が陥りがちなクラウドファンディングの失敗例

各種SNSサービスによる集客対策


ツイッターやインスタグラムをはじめとする各種SNSサービスを活用した集客対策も忘れてはいけない重要な方法の一つです。

特に、20〜30代の比較的若い世代をターゲットとした飲食店においては、店舗のアカウントを解説し、料理の写真やクーポンの情報などを定期的に投稿していくことで、口コミによる広告宣伝効果を期待することができます。

また、動画投稿サイトを中心に一定の知名度を誇るインフルエンサーを起用することで、タイアップやコラボレーションなどの企画を通して集客対策を行うという方法もあるため、各種SNSサービスは積極的に活用していきましょう。

▶︎【飲食店向け】インスタグラムのフォロワーを増やすコツとは?

店舗のフリーWi-Fiによる集客対策


店舗に設置されたフリーWi-Fiスポットを利用することで、店舗の集客対策を改善させるという手段もあります。

特に、店舗のフリーWi-Fiにアクセスした端末に対して、飲食店のお得な情報やクーポンなどを自動で発行することのできる「Wi-Fiチラシ」の機能を活用することで、新規顧客の開拓やリピーターの獲得などにも大きな効果を見込むことができるでしょう。

▶︎飲食店の集客にWi-Fiは必須!おすすめの『プラットWi-Fi』とは

まとめ

今回は、緊急事態宣言の解除にスポットをあてながら、宣言解除後の時短要請は継続されるのか、また、宣言解除の前に知っておきたいオススメの集客対策などについても、なるべくわかりやすく解説を進めていきました。

今月中は引き続き時短要請は継続される見通しとなっていますが、来月4月以降は、より本格的な夜間営業の再開が期待されています。

しかし、一度離れてしまった客足を取り戻すことは、そう簡単なことではないため、ツイッターやインスタグラムをはじめとする各種SNSサービスを利用するなどで、何らかの集客対策に努めていく必要があるでしょう。
 

開店ポータルBizへ無料相談する

お困りごとはありませんか?お気軽にご相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
都道府県必須
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2021/03/18