経営支援

調理機器 リース契約ってどんな契約?

開店ポータル編集部
2018/05/17
 調理をするうえで必要なガスコンロや冷蔵庫、オーブンなどの設備。オープン時に全ての機器を買い揃えようと思うと初期費用の負担額がとても大きくなってしまいます。そんな時に助けとなってくれるのが”リース契約”です。リース会社に代理で購入してもらい、そこから借りることで、初期段階の出費を大幅に抑えることができます。本記事ではリース契約についてご説明していきます。

”リース契約”の仕組みとは?


 そもそもリース契約とはどのようなものなのでしょうか。実際にリースの設備を利用できるまでの簡単な流れは以下の通りです。

【リースの流れ】
リースをしたい機器の選定

リース会社に機器購入を依頼・見積もりをもらう

リース会社に申込み後、審査・締結

リース会社がメーカーから購入

月々、リース会社にリース料を支払い、機器を利用


 機器を購入するリース会社としては、毎月滞らずに支払いをしてもらえるかどうかが契約締結の肝となります。そのため契約時には審査があり、財務諸表や会社経歴書などの書類提出が必要です。ここで支払い能力があると信用してもらえれば、無事契約を結ぶことができます。
 リース契約には、”オペレーティングリース”と”ファイナンスリース”の2種類があります。

①オペレーティングリース

 オペレーティングリースは契約期間が満了してリース料を払いきっても、リース品は自分の物にならず、所有者であるリース会社に返却しなければなりません。もし引き続き使用したい場合は契約延長となり再リースをすることになります。再リースをおこなう場合は、リース品の購入額よりもリース料は安く済みます。
 オペレーティングリースの場合、故障などの際にかかる費用は、すべて貸主であるリース会社が負担することになります。また、資産として計上する必要もありません。

②ファイナンスリース

 ファイナンスリースは拘束の強い契約となっており、契約期間の設定や途中解約をすることができません。また、リース品の購入額を全額負担する義務があります。
 メリットとしては、契約満了後、リース品によっては店舗の所有物にすることが可能です。所有権を移転できるかどうかで、契約は”所有権移転ファイナンスリース”と”所有権移転外ファイナンスリース”の2つに分かれます。
 
 

リース契約のメリット


初期投資を大幅に削減できる

 初期投資に費用がかけられない場合、その費用を抑えることができます。冷蔵庫や製氷機、オーブンなどの厨房設備は、購入すると一度にまとまったお金がなくなってしまいます。リースをすると、月々わずかな支払でそれらの設備が利用できます。

節税ができる

 オペレーティングリースの場合、所有者はリース会社となるため、固定資産税などの税金が発生しません。さらに、月々の支払いは経費として落とすこともできます。

リース契約のデメリット

総支払額が購入時より高くなる

 月々の支払いで初期投資費用を大幅に削減できる分、毎月の支払いには、リース会社の手数料が入っているため、総額は購入するよりも高くなってしまいます。

途中解約ができない

 リース契約は6年で結ばれることが一般的です。そのため、1~2年で閉店した場合も、残額を支払わなければなりません。

 

先を見据えた契約が大切

 リース品を利用すると節税や初期費用を抑えられるなどの効果があり、一見メリットばかりのように思えます。しかし、支払総額は購入するよりも高くなってしまうなどのデメリットもしっかりと頭にいれておきましょう。また、一言で“リース”といても、オペレーティングリース、所有権移転ファイナンスリース、所有権移転外ファイナンスリースなどさまざまな契約があります。契約内容をしっかりと確認し、店舗経営をおこなっていきましょう。

 

開店ポータルBizへ無料相談する

お困りごとはありませんか?お気軽にご相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2018/05/17