経営支援

飲食店|GoToEATキャンペーン公募開始はいつ?対象予約サイトは何?【集客相談無料】

開店ポータル編集部
2020/07/22
この記事の目次 [表示する]
 外出自粛による需要の激減で、観光・宿泊、イベント、飲食などの各業界は大きなダメージを受けています。政府はこの状況を見て、旅行や外食の需要を呼び起こし、街に活気を取り戻すべく『Go Toキャンペーン』を打ち出しました。「Go To Travel(トラベル)」「Go To Event(イベント)」「Go To商店街」、そして「Go To EAT(イート)」の4つで成り立っているキャンペーンです。

 本記事では、Go Toキャンペーンの一環となる取り組み『Go To EATキャンペーン』について、キャンペーンの概要や具体的内容をご紹介します。

>>GoToEatが開始されました!売り上げV字回復までのポイントはこちらから

街に活気を取り戻す!Go Toキャンペーンとは?


 緊急事態宣言が解除され、多くの企業やお店が営業を再開しました。しかし、観光・宿泊業界やイベント業界、飲食店などの事業者は、まだまだ客足が戻らずに苦戦している現状です。

Go Toキャンペーンって何?】

 Go Toキャンペーンは、経済産業省、観光庁、農林水産省の外食産業室などが一体となっておこなう、地域産業を活性化させるためのキャンペーンです。新型コロナの影響で売上が激減し、苦しい状況にある各業界。そこに消費者を呼び込み、街に活気を取り戻そうと企画されました。

 Go Toキャンペーンは、飲食店向けの支援策「Go to EATキャンペーン」ほか、次の3つのキャンペーンで成り立っています。

▽Go To Travelキャンペーンとは?

 オンライン飲食予約サイト経由で旅行業者から旅行商品を購入した場合や、ホテルや旅館の宿泊プランを予約した場合、旅行代金の50%相当分(一人あたり2万円まで、日帰り旅行は1万円まで)を補助します。
 補助額の35%分は宿泊や日帰り旅行代金の割引として、補助額の15%分は加盟店(観光施設・地域産品・飲食店など)で利用できる地域共通クーポンとして付与されます。

▽Go To Eventキャンペーンとは?

 チケット販売会社経由で、イベントやエンターテイメントのチケットを購入した場合に、チケット代金の20%相当の割引またはクーポンなどを付与します。
 チケット代金の割引のみならず、イベント会場の物販コーナーで使えるクーポンや、別のイベントやエンターテイメントのチケット購入時に使えるポイントなども付与されます。

▽Go To商店街キャンペーンとは?

 商店街への集客はもちろん、商店街での購買につながるイベントなどの取り組みを支援するキャンペーンで、商店街ひとつあたり最大300万円を支援します。
 商店街が広い範囲に宣伝をする場合や、観光商品の開発などの取り組みをおこなう場合は、支援額に最大500万円を上乗せできるとしています。


※新型コロナウィルス感染症の状況や制度の見直しにより、内容は変更される場合があります。最新情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

外食需要を再起!飲食店向けの支援策「Go To EATキャンペーン」とは?


 Go To キャンペーンの一環である「Go to EATキャンペーン」は、オンライン飲食予約サイト経由で飲食店を予約・来店した場合、プレミアム付き食事券を購入した場合に、お得に飲食を楽しめる特典がもらえるというものです。

 新型コロナの影響で売上が激減した飲食店への支援策として、2020年8月下旬より準備のできた地域からスタートする方針です。Go to EATキャンペーンの特典は、現状、次の2点となっています。

▼オンライン予約でポイント付与

 GoToEATキャンペーンの期間中に、オンライン飲食予約サイト経由での予約・来店した場合に、飲食店で使えるポイントなどを付与(一人あたり最大1,000円ぶん/昼食時間帯は500円分、15時からの夕食時間帯1,000円分)。
※ポイント付与は飲食代金の精算後
※ポイント付与の上限は、1回の予約あたり10人分(10,000ポイント)
※ポイント付与は2021年1月末まで、還元ポイント利用は3月末まで予定

▼プレミアム付き食事券を発行

 オンライン飲食予約サイトに登録していない飲食店もあるため、購入額に25%上乗せした金額ぶん利用できるプレミアム付き飲食券を発行。
例)1セット10.000円で販売→12.500円ぶんの食事券として利用可能
※購入制限あり

【人気】コロナ倒産の現状|業態は飲食業、形態は破産が最多。経営破綻で悩んだらすべきこと。

Go To EATキャンペーンの公募はいつから?

 当初、Go To EATキャンペーンの公募は7月17日(金)から開始され、8月ごろまで受け付ける予定ですすめられていましたが、この点において変更がありました。

 農林水産省は、2020年7月21日(火)「GoToEatキャンペーンの公募を開始する」と発表。期間は7月21日~8月7日までとされています。キャンペーンの開始は8月下旬より、準備のできた地域からはじまる予定です。
 また、この公募は、「オンライン飲食予約サイト事業者」、「食事券発行事業者」、「実績確認事業者」などを公募するものです。GoToEATキャンペーンに参加する飲食店を公募するものではないので、誤解しないよう注意しましょう。

 飲食店は、公募によって決まった事業者(オンライン飲食予約サイト)に登録し、GoToEATキャンペーンに参加することになります。
オンライン飲食予約サイトにお店を登録したい!
>>開店ポータルBizに無料相談する<<
 

【関連】利用者の多い人気グルメサイト大手4社を徹底比較してみた

Go To EATキャンペーンの対象となるオンライン飲食予約サイトは何?いつからはじまる?

 
出典:農林水産省
 キャンペーン期間中、ポイント付与の対象になる対応事業者(オンライン飲食予約サイト)は、『食べログ』、『ぐるなび』、『ホットペッパー』、『Retty』、『一休レストラン』などになると予想されます。※確定ではありません

 Go To EATキャンペーンの開始は早ければ8月下旬以降、準備のできた地域から順にはじまる予定です。

参加飲食店は何をすべき?

 コロナ禍でのダメージが特に大きい飲食店は、Go To Eatキャンペーンを集客に活用したいところ。Go Toキャンペーンが開始すれば、地元の人だけでなく、多くの観光客が訪れることが期待できるでしょう。

 飲食店がすべきことは、新しい生活様式に対応した新しい営業方法を取り入れること。店内の過密状態を避ける、消毒用アルコールを置いて自由に使ってもらうなど、できる範囲のウイルス対策を取り入れながらお客さまをもてなしましょう。

▼参加飲食店の条件

 キャンペーンに参加する飲食店は、業界ガイドラインにもとづき、「感染予防対策に取り組んでいることを条件」とし、その取り組み内容を提示することが条件となります。

【関連】外食事業継続の為のガイドラインとは?内容を解説!営業再開の準備をしよう

店舗経営のお悩みは、開店ポータルBizにご相談ください


 売上の激減によって、長く苦戦を強いられていた観光・宿泊業界や飲食業界。そこに客足を呼び戻し、街を活性化させるべく企画されたのがGo Toキャンペーンです。

 Go To EATキャンペーンの全容に関しては続報が待たれるところです。テイクアウトがキャンペーンの対象になるか否かなど、さらに詳しいキャンペーンの内容が今後発表されていくでしょう。  

【関連】アフターコロナ飲食店の新しい営業方法とは?取り組むべき感染防止策を押さえよう

 開店ポータルBizでは、衛生管理・店舗運営に関するご相談を無料で承っております。インフラ周りのコスト削減のほか、地域やお店にあった集客方法のお悩みもあわせてどうぞ。お気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

開店ポータルBizへ無料相談する

お困りごとはありませんか?お気軽にご相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
都道府県必須
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2020/07/22