集客方法・HP制作

売上確保 店舗の空きスペースを活用 ecbo cloak(エクボクローク)の魅力!【相談無料】

開店ポータル編集部
2020/03/15
 ecbo cloak(エクボクローク)は、手荷物を預けたいお客さまと、空きスペースを提供するお店をつなげるシェアリングサービスです。

 観光にグルメ、ショッピングと、旅行中は大忙し。その楽しみを半減させてしまうのが、人混みで場所をとる大きなキャリーケースや、重たい手荷物の煩わしさ。ecbo cloakは、お客さまにとっては手ぶらで観光を楽しむことができ、お店にとっては荷物の預かり料金で副収入を得られる、画期的なサービスなのです。

 本記事では、ecbo cloak(エクボクローク)の導入メリットをご紹介します。

ecbo cloak(エクボクローク)とは?

 「どこに行ってもコインロッカーが空いていない」、「荷物が大きくて入らない」、「コインロッカーが遠い」。荷物を預けたいけれど預けられない…そんな経験をした方も多いはず。

 そんな悩みを解消すべく生まれたのが、ecbo株式会社が提供する「ecbo cloak(エクボクローク)」です。ecbo cloakは、居酒屋やカフェ、ネイルサロン、アパレルショップ、ゲストハウスなど業態を問わないお店のほか、駅や郵便局などでも導入されています。

 お客さまは、荷物を預けたいエリア内で、チェックイン(お預け)・チェックアウト(お引き取り)の時間、荷物のサイズ・数から受け入れ可能店舗を検索し、荷物を預けることができます。お店側も、デッドスペースを活かして荷物を預かり売上プラスαの収入を得られる、双方に嬉しいサービスです。

導入メリット

 スペースを提供するお店は、登録料・利用料金・退会料がすべて0円。0円で副収入を得られるというだけでも、店舗経営者にとって魅力的なサービスですが、さらにうれしいポイントがあります。

①売上プラスαの収入を得られる
②お店をアピールできる
③預かり時の手続きが簡単


 それでは、一つずつみていきましょう。

①売上プラスαの収入が得られる

 ecbo cloakを導入すると、荷物の預かり料金から手数料を差し引いた額をお店の収入として得ることができます。ちなみに一日当たりの利用料は、以下のように決まっています。コインロッカーと同等のシンプルな料金体系なので、お客さまにも分かりやすいですね。

■バッグサイズ(最大辺が45cm未満のもの)税込400円
一般的なバッグ、リュックサック、手さげ袋など

■スーツケースサイズ(最大辺が45cm以上のもの)税込700円
キャリーケース、ベビーカー、楽器ケースなど

 当日キャンセルの場合、利用料の100%がお客さま負担となります。もし予約したお客さまが現れなくとも、料金がしっかり支払われる仕組みになっているので安心です。

②お店をアピールできる

 荷物を預かる際は、お客さまをお店の中に迎え入れることになります。「こんなところに、お店があったんだ」、「雰囲気が好きだな。今度ゆっくり来てみよう」と、魅力を感じてもらえるきっかけになります。飲食店の場合は、荷物を預けるついでに、食事やお茶を楽しんでいただけることも期待できますね。全く違う目的で訪れたお客さまに、お店の魅力をさりげなくアピールできる。それが、ecbo cloakのもう一つの魅力です。

③預かり時の手続きが簡単

 預かり時には、書類を記入してもらうなどの作業は、一切必要ありません。予約していたお客さまが来店したときにお店がやるべきことは、荷物の写真を撮ることだけ。これは、どの人がどの荷物を預けたか記録を残し、引き取り時の間違いがないようにするためです。
 引き取り時は、荷物の写真が添付されたメール、もしくは予約管理画面をお客さまに見せてもらうだけで、すぐに荷物をお渡しできます。難しいやりとりは必要ないので、海外のお客さまとのコミュニケーションに不安があっても安心です。

「ランニングコストを削減・見直したい」
>>開店ポータルBizに無料相談する<

サポート体制も抜群

 お客さまの大切な荷物を預かる際に心配されるのが、万が一の場合の紛失や破損、盗難などです。

 ecbo cloakは、東京海上日動火災保険株式会社と協力し、荷物の賠償責任保険に加入しています。上記のようなトラブルがあった際には、荷物一つにつき20万円を保証してくれます。手厚いサポートのもと、お店は安心して荷物を預かれます。

「コストをかけずに集客する方法ない?」
>>開店ポータルBizに無料相談しよう!<<

ecbo cloak導入までの流れとは?

 ecbo cloakの導入を考えたら、さっそくホームページからオーナー登録をおこないましょう。

 入力するのは、オーナーの個人情報、お店の情報、振込先の口座情報だけ。登録後の審査が終わると、最短でその日からすぐに荷物の預かりサービスをはじめることができます。空きスペースの広さに応じて、荷物の受け入れ可能数を決められるのも便利ですね。

 また、定休日に応じて、受け入れ可能な曜日や時間帯の指定も可能です。予約の状況は、登録アドレスに届く通知メール、もしくはecbo cloakのサービスにログインすることで確認ができます。





★飲食店売上UPの近道は、デリバリーサービス★
UberEatsへの出店で赤字脱却!売上・集客力向上の仕組みと注意点【ご相談無料】

店舗運営でのお悩みは、開店ポータルBizにご相談ください

デッドスペースをお金にかえよう!

 ecbo cloakのサービスは、北海道、東京、京都、大坂、福岡、沖縄など、多くの観光客が訪れる土地をメインにスタートしています。もちろん、それ以外のエリアでも、事前のオーナー登録が可能です。

 「預かってくれてありがとう」。そんなお客さまの笑顔にふれながらお店の認知度を上げ、プラスαの売上を得られるecbo cloak。魅力を感じたら、ぜひ導入を検討してみてください。お店のデッドスペースが大きな収入源となるだけでなく、未来の常連さんとの出会いを運んできてくれるかもしれません。

★おすすめ記事★
資金繰りに苦しむ飲食店経営者の為の黒字倒産を防ぐキャッシュフローとは


 「ecbo cloak(エクボクローク)についてもっと詳しく知りたい」という方は、本記事下部フォームよりお問い合わせください。
 また、開店ポータルBizでは、インフラ周りのコスト削減、集客・業務効率UPに関するご相談を無料で承っております。専任のコンシェルジュが、あなたのお店にとって最適なツールやサービスをご提案いたします。あわせてご利用ください。

開店ポータルBizへ無料相談する

お困りごとはありませんか?お気軽にご相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2020/03/15