コスト削減って具体的にどんなものがあるの?事業運営の最適化を図るサービスをご紹介!

「利益=売上-コスト」とは事業の運営側にとって常に考えていかなければならない方程式です。余計なコストをいかに効率良く削減し、浮いた費用をどれだけ他所に回せるかが先の運営を左右していきます。しかし世の中にはサービスが溢れすぎていて何があるのかわかない、という方が多いのも事実。そこで今回は、具体的にどんなコストがあるのか、どのコストを削減できるのか、そして削減するためのサービスにはどんなものがあるのかを簡単にご紹介いたします。

コストの種類

まずはコストにはどんなものがあるのか見ていきましょう。2種類に大別できます。

固定コスト

売上の増減に関わらず発生する一定額の費用です。企業が事業を営むにあたって、製造・販売などの操業をしていなくても、必ず支払いが発生します。

・家賃
 ・公共料金(電気、水道、ガス代)
 ・携帯代
 ・保険代
 ・インターネット代 etc…

変動コスト

売上に応じてかかる費用です。業務の拡大や展開準備に応じてかかってきます。

・材料の仕入れ
 ・クレジット決済手数料
 ・求人媒体費用 etc…

変動コストは主に、新しいことを始めたい、という時にかかる費用です。その為、運営の見直しをする場合は必ず支払いが発生する固定コストから優先的に見たほうが長期的な削減ができます。

削減サービス

それでは、どのコストを削減できるのでしょうか。サービスと合わせてご紹介します。

電気代の削減

電力自由化に伴い、新規参入した電力会社=「新電力(PPS)」が提供する電気代は、既存の大手電力会社(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、 関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力など)と変わらない供給量で、今までになかった法人向けプランが用意されています。

新電力・ハルエネでんき

・工事不要
 ・現在の電気代に応じて月額料金が安くなる

新電力・坊ちゃん電力

・工事不要
 ・電気代6,000円からサービス対応可能

≪特徴・メリット≫
・メーターを変えるだけなので工事がありません
・環境も使い勝手も供給量もそのままです
・電力の消費量、または地域によって割引率が異なります

LED照明

発行効率が高いLED照明は、蛍光灯に比べ約50%~70%、白熱電球、水銀灯に比べ80%~90%の消費電力、電気料金の削減効果が期待できます。2020年からトップランナー制度にLED照明が加わることで、蛍光灯や白熱電球の製造量が大幅に減少していくことでしょう。そういったことも含めLED照明への切り替えは全国で推奨されています。

≪特徴・メリット≫
・電力コストを最大80%カットできます
・これまでの電灯と比べ熱を持たないため、空調がききやすくなります
・10年以上の超寿命でメンテナンスの手間がかかりません

エアコン新調

エアコンの消費電力は、毎年4~5%ほど増加しています。10年利用していると50%前後増加になるんです。空調は想像以上に職場や店舗の環境に大きく影響し、猛暑日に暑すぎたり、度々調子が悪くなるということがあっては働く意欲も無くなってしまいますよね。しかし、新型エアコンは電力を抑える技術が施されているため、長い間使っていた場合はとくに大幅な電力削減が可能です。

≪特徴・メリット≫
・電気代の削減ができます
・お手入れが簡単です
・お客様・従業員満足度が向上します

水道代の削減

節水というと、「なるべく使わないようにする」というサービスが主流でしたが、使い勝手も変わらず節水ができるサービスが登場しました。

節水コマ

現在利用している蛇口に節水ノズルをとりつけるだけの簡単節水方法です。それでも約90%程水道使用量をカットできます。また、世界初の電気を使わず脈動流を起こす仕組みによって汚れを簡単に落とせるので、すでに全国3,000店舗以上で導入されています。

≪特徴・メリット≫
・取り付けが簡単で手間がかかりません
・約90%程の水道使用量をカットします
・世界初の技術で水圧だけで脈動流を発生させる仕組みになっているので、今までの1/10まで水量を抑えても汚れを落とせます

インターネット代の削減

NTTがフレッツ光を卸売したことで始まった光コラボレーションサービス。フレッツ光を各社が独自のサービスとして提供できるようになりました。現在フレッツ光回線とプロバイダーをばらばらに支払っている方は、光コラボにすれば環境変わらずもっと安く使えるんです。

光コラボレーション

■Drive光
 ■ビッグローブ光
 ■So-net光
 ■ぷらら光
 ■OCN光
 ■SoftBank光 etc…

スマートフォンセット割

スマートフォンとのセット割で、さらに割引になります。
 ■NTT docomo + Drive光
 ■SoftBank + SoftBank光
 ■SoftBank + Nuro光
 ■au + So-net光

≪特徴・メリット≫
・フレッツ光を使用中であれば工事不要です
・プロバイダーとばらばらの支払いを一本化でき、料金も割引されます
・お使いのスマホキャリアでさらにセット割が可能です

出典:Drive光料金ページ

ガス代の削減

プロパンガスは業者間の競争によって価格が左右されており、中には、一般より高い料金のままで使用している可能性があっても指摘が入らない料金体系の不明確さが問題視されていました。しかし、一般社団法人プロパンガス料金適正化協会本部が掲げている「適正価格」に応じて改善することができます。
ここでいう「適正価格」とは、パンガス料金適正化協会本部に賛同している販売メーカーと消費者が利益を共有でき、継続的に供給できる確約がとれている価格を指します。

現在プロパンガス料金適正化協会が提示している「適正価格」
基本料:1,500円
単 価:300円~330円(1m3あたり)

≪特徴・メリット≫
・プロパンガス料金が適正か確認できます
・代理で教会賛同メーカーとの交渉をしてもらえるため、お互いにフェアが価格が望めます

出典:プロパンガス料金適正化協会公式サイト

まとめ

回線の自由化、電気の自由化、トップランナー制度の改定、モバイルサービスの多様化など、身の周りのサービスは社会のニーズに合わせて変わり続けています。自分でベストだと思っていた現状の契約が、実は最新のサービスと比べると余計なコストだった、なんてことも少なくないのです。お客様自身に合ったサービスを利用することで運営コストを最適化し、それによって事業がより余裕を持つことができたら、さらに繁盛へ繋がっていくことでしょう。

今回ご紹介したサービスは全て開店ポータルでも取り扱っております。開店インタビューだけではなく、店舗運営にまつわるコスト削減のサポートもトータルで承っておりますので、是非お気軽にご相談くださいませ。

お問い合わせはこちら:申し込み窓口フォーム

関連タグ