【宮城・仙台】子どもたちの夢をサポートする放課後等デイサービス『リッキー 西多賀』

市街地から外れたところにある仙台・太白区は、商店街や住宅が立ち並ぶ、のどかで落ち着いた地域です。そんな同地に佇む『リッキー 西多賀』は、高齢者介護福祉事業を中心に運営している株式会社ミツイによって、2015年12月に開所された放課後等デイサービスだといいます。今回は、障がいを持つ子どもの夢や希望を応援出来るように…との願いが込められた同事業所の所長・鈴木貴之さんにお話を伺いました。

様々な資格を持つスタッフがサポート

小学生から18歳までの障がいのある児童を対象とし、運動・音楽・学習活動、各種レクリエーションを行っている『リッキ― 西多賀』。
“自立した生活が送れるようにしてあげたい”、“あいさつやマナー、整理整頓、身だしなみなど社会適応能力をつけさせたい”…そういった悩みを抱える保護者に手を差し伸べるべく、様々なサービスを提供しています。
言語聴覚士(ST)をはじめとし、介護福祉士、社会福祉主事、教員免許や栄養士免許などさまざまな国家資格を持つスタッフが常駐している同事業所。基盤となっているのはSTによる言語機能訓練なのだといいます。こちらで行われる言語機能訓練は、遊びを通して行われているので、楽しみながら言葉の意味や使い方を学ぶことが出来ます。

学べる工夫がいっぱい!

こちらでは、子どもの学びを手助けするための工夫がいたるところで見られます。その一つは、床です。こちらの床は、異なる色のカーペットで色分けがされています。これは、“ここはおもちゃで遊ぶところ”、“ここはご飯やおやつを食べるところ”という風に、子どもたちが区別やけじめを持てるようにするためだといいます。

また、子どもたちが押し寄せて、ドアの前で押しくらまんじゅう状態になってしまうことが多かったという送迎バス。その改善策として考え出されたのが、こちらの整列テープです。“1番の子から乗るんだよ”と教えることで、“順番を守る”という社会で役立つスキルも身につけることができます。

トイレにも工夫がされています。こちらのトイレは、扉のピクトグラムを毎日交互にしているのだとか。向かって左の個室は外に、右の個室には中に照明のスイッチがあるので、子どもたちは自分が入るべき個室を見て、どちらにスイッチがあったか思い出して入らなければなりません。また、ピクトグラムを変えることによって個室が女の子用なのか男の子用なのか、判断する力を身につけることもできます。

こちらのカードは、遊ぶときに取り、遊び終えたら戻さなければならない仕様に。そうすることで“このおもちゃは今誰かが使っている”、“まだ片づけをしていないおもちゃがある”という判断が出来るようになるといいます。
このように、『リッキー』では日常生活を送る上でのマナーや社会で役立つスキルを学べる工夫が、いたるところに為されています。

子ども一人ひとりに寄り添う

色々な障がいを持つ子どもたちが集まる『リッキ―』。中には他の子とのコミュニケーションをとることが苦手で、一人になりたがる子もいます。そんな時は無理に交流を強制せず、こちらの段ボールのお家を避難場所にしてあげるのだそう。
お家の中ではおやつを食べてもお昼寝をしてもよく、リフレッシュして訓練や遊びに戻ることができます。
「お子さま一人ひとりの特性に合わせた環境づくりを心掛けています。活発な子やおとなしい子、話すのが苦手な子…全員を全員に合わせようとせず、個人に寄り添いながらサポートしていくのが一番大切だと思っています。」と鈴木さんは話します。

体験学習で心も元気に

『リッキ―』では、室内でのレクリエーションのほか、外に出かけてさまざまな体験ができる時間も用意しています。ショッピングモールのレストランなどで行う“外食体験”では、美味しくご飯を食べながら“注文は一人ずつ”、“お店では走らない”といったさまざまなルールを学ぶことができます。
また、月1回の“ダンス教室”には、チアリーディングの先生が来所。レッスンを受けながら練習して、発表会まで行います。こういったたくさんの体験をすることで、子どもたちは豊かな心とコミュニケーション能力を養うことが出来るのです。

全力でサポートします

開所してまだ1年8ヶ月ほどの『リッキ―』。スタッフも、全員がこういった事業所での勤務経験があるわけではなく、日々の振り返りをしながら問題点を解決し、勉強を重ねているのだとか。
「障がいを持つ子どもたちも、成長して大人になり、社会に羽ばたいていきます。その成長の中で、チャレンジしたいことや夢も出てくるでしょう。あきらめずに努力すれば、夢は絶対に叶います。子どもたちが頑張れるよう、そして保護者の方が安心して見守れるよう、私たちが全力でサポートします!」子どもたちが通所することによって、出来なかったことが出来るようになる様子や、新しいことを社会生活で実践出来るようになる様子を見られることが、鈴木さんにとって何よりの幸せなのだといいます。
お子さまのことでお悩みのお父さん、お母さん。一人で悩まず、ぜひお問い合わせください!たくさんのお友達と温かいスタッフが、いつでもお待ちしています。

【事業所情報】

  • 事業所名:リッキ―西多賀
  • 住所:宮城県仙台市太白区西多賀2-7-30
  • 電話番号:022-281-8491
  • 営業時間:学校がある日13:30~17:30/学校がお休みの日10:30~16:30
  • 定休日:日曜、年末年始
  • HP:http://rickey.support/