【北海道・登別】目指すは登別一のピザ店!移動販売からスタートした『Pizzeria Astra』

 北海道登別市登別温泉町。温泉街の真ん中に位置する場所に、2017年8月、ピザ専門店が誕生しました。お手ごろ価格で本場仕込みのピザがいただける『Pizzeria Astra(ピッツェリア アストラ)』です。元はキッチンカーでの移動販売からスタートしたという同店。今回はオーナーの大坂さんにお話を伺ってきました。

本場イタリアで出会ったピザの移動販売に衝撃

 大坂さんは18歳でピザ職人の道を歩み始め、最初は北海道でピザの修業に打ち込みました。その後、東京の有名ピザ専門店でさらに修業を重ねます。さらにピザの道を究めるために、本場イタリアへ渡りました。そこで衝撃の事実を知ることになるのです。ピザというと日本では1枚2~3,000円ほどの高級料理であることが多いですが、イタリアでは300円ほどで誰もが気軽に食べるファストフードだったのです。しかも、日本のように数人でシェアするものではなく、一人で平らげるのが普通。日本とイタリアのピザへの価値観のギャップにカルチャーショックを受けたそうです。さらにそこで目にした光景が、大坂さんの人生を変えることに。イタリアでは公園や街角などで、キッチンカーの移動販売でピザを売っていたのです。「この販売スタイルならば、日本でもきっと成功する。」と確信した大坂さんは、確かな腕を身につけ帰国。北海道で移動販売を始めました。全財産をかけてキッチンカーを購入し、仕事を始めた時の所持金は5万円ほどだったとか。しかし、成功への確信と覚悟が、大坂さんを支えてくれました。

地元登別にピザで貢献したい

 政令指定都市の札幌を除いた、北海道全域でピザの販売をしていた大坂さん。だんだんその味にファンがついてきて「今日はどこに行けば買えるの?」という問い合わせが多くなってきたそうです。いよいよ店舗を構えることになった時、選んだ土地は地元・登別でした。登別は“行きたい温泉ランキング1位”になるほど人気の観光地。ですが、外食は寿司かラーメンぐらいしかなく、宅配ピザも届かないエリアで、地元の人は不便な生活をしていることを大坂さんは知っていました。さらに、温泉地として大人気の割に、地元の人は登別温泉をあえて利用するようなことはないといいます。登別温泉の問題点を考えていくうちに、ピザで地元の人にも観光客にも喜んでもらいたいという思いが湧いてきました。すると、毎年8月に開催される登別温泉の“地獄まつり”の関係者の方に「使っていない店舗があるから貸してあげるよ。」と声を掛けてもらいました。そこで大坂さんは登別温泉街の真ん中に店を構えることとなったのです。

直面した移動販売と店舗販売の違い

 
 開店当初は平日に店舗に立ち、土日は移動販売をこなすというスタイルで多忙な毎日を過ごしていました。そこで大坂さんが直面したのが、“店舗販売と移動販売の違い”でした。移動販売は通行人にいかに魅力的に訴えるかが勝負。声を大きく張り上げて呼び込みをし、服装も派手に目立つように。キャッチーで分かりやすい、魅力的な商品が一つあれば売れるという世界でした。しかし店舗販売はまるで正反対。声は静かに、服装も地味でシンプルにして清潔感を出し、個性的でお客様に飽きられないよう趣向を凝らしたメニューを用意しなければなりません。最初はどちらも両立していたので、切り替えるのが大変だったといいます。現在は移動販売に割く余裕がなくなったために、店舗一本に営業を絞りましたが、このノウハウを活かして今後は人材を育て、またいつか移動販売を復活したいと考えているそうです。

600円のマルゲリータが一番人気

 同店自慢のメニューをご紹介しましょう。まず、全11種類のピザの中で、迷ったらとりあえず食べていただきたいのがピザの王道“マルゲリータ”です。その一番の魅力は“600円”という破格の安さにあります。本場イタリアで学んだピザへの親しみやすさを日本で再現するために、この価格で販売しているそうです。イタリアでは30㎝のピザを一人で食べるのが普通ですが、同店では日本人向けに22㎝と一回り小さいサイズで提供しています。500度の窯で1分30秒焼き上げられたピザは、程よく焦げ目がついてチーズも熱々のトロトロ。生地もモチモチです。お財布にも優しいので、最初の1枚は“マルゲリータ”で決まりです。登別の名物になるピザとして、“地獄ピッツア(800円)”も外せないメニュー。その味はぜひ店頭で確かめてみてください。

 同店は“お客様と一緒に作り上げていく”というスタイル。というわけで、“僕たちの!私たちの!Pizza Contest”というリクエストメニュー企画があります。参加方法は、アンケート用紙に食べてみたいピザのアイデアを書き、缶の投票箱に投稿するだけ。大坂さんの独断により選ばれたピザは、翌月に一ヶ月間の期間限定でメニューに登場します。そこからレギュラーメニューに採用され、今では人気メニューとなっているのが“豚キノコキムチピッツア”。中国に出張していたという男性のお客様が、キムチのピザを食べたいということから生まれたピザだそうです。オリーブオイルの代わりにごま油をかけてあり、これが意外に美味しいのです。我こそはと思う方は、ぜひ投稿してみてくださいね。

ここ登別温泉で、一番輝く店に

 『Pizzeria Astra』という店名は、イタリアで修業しているときにつけてもらった名前で、移動販売時代から掲げていた屋号でした。その意味は、“空で一番明るく輝く星”。大坂さんのピザ店が一番輝く星になるよう願いを込めてつけられた名前です。大坂さんも、この登別温泉で旋風を巻き起こすようなピザ店を目指しています。地元の人たちに登別温泉に気軽に来てもらえるようコラボイベントも行っているという同店。「温泉に入りがてら、美味しいピザはいかがですか?」と大坂さんからのメッセージです。是非登別温泉にお立ち寄りの際は『Pizzeria Astra』の絶品ピザを堪能してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 Pizzeria Astra
住所 北海道登別市登別温泉町60番地
電話番号 070-5605-7702
アクセス 室蘭本線 登別駅から車で15分
営業時間 月~金11:30〜16:00、20:00〜1:00、土・日・祝11:30〜16:00、20:00〜1:00
定休日 不定休
URL https://www.facebook.com/PizzeriaAstra-%E7%99%BB%E5%88%A5%E6%B8%A9%E6%B3%89-1714005208848841/