【北海道・札幌】一杯で2度おいしい!他では味わえない中華そばが楽しめる『Soba.Noodle 鶴-HAKU-』

 2017年9月19日、JR琴似駅から徒歩4分のところに『Soba.Noodle 鶴-HAKU-』がオープンしました。こだわり抜いた自慢の中華そばや、“朝らー”の提供をしており、女性客からも人気が高いお店です。今回は、店長の中村さんにお話を伺いました。

女性が訪れやすいラーメン屋

 店内は、よく見るラーメン屋とは違って、ラウンジやカフェのような雰囲気になっています。女性を主なターゲットとしているので、お一人様でも入りやすく、ゆっくりと落ち着いて食事ができるようなお店づくりをしています。カラフルな椅子もおしゃれですね。
 『Soba.Noodle 鶴-HAKU-』は、雑誌やTVなどのメディアでも取り上げられているので、新規で訪れる方がとても多いそうです。あわせて、来店してくれたお客様が投稿したSNSを見て、他の方が来店してくれることも多いのだとか。SNS上での口コミでお客様が増えていっているそうですよ。

具までこだわりぬいた自慢の中華そば

 『Soba.Noodle 鶴-HAKU-』自慢の人気メニューが“中華そば”です。スープは鯛と鶏をベースにあっさりとした味わいで、ストレート麺と相性も抜群です。具材には低温調理した自慢のチャーシューや穂先メンマ、ネギ、すりおろし生姜やオクラ、すだちなどラーメンとしては珍しいものまで入っています。まずはそのままで食べていただき、途中で生姜やすだちを溶かし込んでみると、また異なる味わいを楽しむことができますよ。

 あっさりでは少し物足りない気分の時には、数種類の味噌をブレンドしたコクのある味噌ラーメンもおすすめです。

朝からでも気軽にラーメンを

 同店では朝7時から10時の間に“朝らー”を提供しています。琴似周辺のラーメン屋は、早朝まで営業しているお店は多くありますが、早朝から営業をしているお店は少ないそうです。それに気付いた中村さんは、朝からおいしいラーメンを食べてもらえるように、朝らーの提供を始めたそうです。こちらの具材は、ネギが乗ったシンプルな一杯で、朝からでも食べやすいのだそうです。生卵か煮卵がついてくるので、ラーメンに入れるもよし、卵かけごはんとして食べるもよし、思い思いの楽しみ方で朝らーを堪能してみてはいかがでしょう。また、一杯500円と、ワンコインで食べられるのも嬉しいポイントです。
 最近では“朝活”も注目されているので、早起きして、『Soba.Noodle 鶴-HAKU-』自慢の朝らーにもチャレンジしてみてくださいね。

何度でも来たいと思っていただけるように

 今後は、新規のお客様はもちろん、常連のお客様を多く持てるようなお店となることを目標としているそうです。既存のメニューのクオリティをさらに上げ、“また食べたい!”と思っていただけるようなラーメンづくりを行っていくとのこと。
 日々進化する、こだわりの中華そばを食べに訪れてみてください。

店舗情報

店名 Soba.Noodle 鶴-HAKU-
住所 〒063-0812 北海道札幌市西区琴似2条2丁目2-17 ファーストプラザ2F
電話番号 011-688-6509
アクセス JR函館本線琴似駅から徒歩4分
営業時間 昼→7:00~15:00 夜→17:00~23:00(LO23:00)
定休日 不定休
URL https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010204/1056741/