【大阪・福島】炭のプロが営む『ステーキ食堂BECO 福島店』でカジュアルに本格ステーキを楽しもう

 今回紹介する『ステーキ食堂BECO 福島店』は、大阪屈指のグルメ激戦区・福島に今年5月に開店した注目のお店です。同店では、炭火で香ばしくジューシーに焼かれた本格的なステーキをリーズナブルな価格で楽しむことができます。肉料理以外のメニューも充実しているので、デートや女子会で利用するのもおすすめです。今回は同店のオーナー・浦川さんにお店の魅力を伺ってきました。

炭火で焼く絶品ステーキ

 『ステーキ食堂BECO 福島店』は、JR大阪環状線・福島駅から歩いて2〜3分の場所にあります。もともと炭を扱う会社を経営していた浦川オーナーが、自社製品の炭を使った飲食店を開きたいと開店しました。『ステーキ食堂BECO』は京橋に本店を構えるステーキ専門店で、浦川オーナーの会社がお店に炭を卸していたことをきっかけに、フランチャイズ店として、この度福島店を開店するに至ったそうです。

 “炭には自信がある”という浦川オーナーは、あえて食店がひしめく激戦区・福島に店舗を置くことにしました。それは、“炭火で焼くことで表面はカリッと香ばしくジューシーに仕上がる自慢のステーキを多くの人に食べてもらいたい”との思いからだといいます。土地柄に合わせて、カジュアルに内装やメニューも工夫したそうです。店頭には、ワイン樽をテーブルにしたテラス席が設置されています。こちらではステーキが焼き上がる様子を間近で見ながらお酒を楽しむことができます。スタディングスタイルで気軽に楽しめるのが魅力で、いつも多くの人で賑わっている人気のスペースです。2階建の店内は、1階が42席ほどのテーブル席で、2階が完全個室のVIPスペースになっています。1階も2階も貸し切ることができ、特に2階は4名〜12名で利用できるので女子会にもおすすめです。

ステーキを気軽に楽しめる

 同店では、北海道・十勝の“しほろ牛”を扱っています。肉牛の飼育頭数全国一を誇る士幌町のブランド牛“しほろ牛”は、豊かな自然環境と水、こだわりの餌を与えられて育ちます。脂肪分が少なく、柔らかでジューシーな赤みが特徴です。お店では、この“しほろ牛”のリブロース・サーロイン・フィレのそれぞれの部位を50g単位でお好きな量に切り分け、炭火で焼いて提供してくれます。好みのステーキを好きな分だけ食べることができる、嬉しいサービスです。

 このほか、アンガス牛の様々な部位のステーキもリーズナブルな価格で食べることができます。仲間同士シェアしながら、色々なステーキを食べ比べるのも楽しそうですね。

野菜も豊富なサイドメニュー

 同店ではサイドメニューも充実しています。サラダやアヒージョ、ピザ、パスタ、デザートまで、ステーキ専門店としては珍しいほどの品揃えです。福島という土地柄、飲食店も多いので、お客様に足繁く通ってもらうため“飽きのこないメニュー構成”を意識しているのだとか。特に野菜を使った料理は、サラダのほかピクルスやマリネ、グリルなど多種に及ぶので、お肉料理とともに注文するにも良さそうです。ドリンクのメニューも、ビールやワイン、カクテルなど様々。飲み放題付きのコース料理もあるので、大人数での宴会などにもぴったりですね。

“元気よく、いつも綺麗に”

 開店からおよそ半年を振り返り、浦川オーナーは「お客様の“美味しかった、また来るね”の一言が励みになっています。“スタッフは元気よく、いつも綺麗に”をモットーに、お客様に良いお店だと感じてもらえるようなお店づくりを、これからも心がけていきたいです。」と話してくださいました。

OPEN特典!

「開店ポータルを見た」と言ってくださったお客様には、“ディワーズハイボール”もしくは“季節のシャーベット”のいずれかを無料でプレゼント!これを機に足を運んでみてくださいね。

店舗情報

店名 ステーキ食堂BECO 福島店
住所 〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島7-11-51
電話番号 06-6147-7121
アクセス JR大阪環状線福島駅から徒歩3分
営業時間 ランチ11:30~14:00(L.O.13:30)ディナー17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 第2月曜日 ※第2月曜日が祝日の場合、翌日火曜日が定休日となります。
URL https://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27097260/

関連記事