【大阪・本町】リーズナブルな価格で絶品の鶏料理を提供! 洗練された 落ち着いた空間『炭火焼鳥いこか』でゆっくりと大人の時間を

 2017年9月12日、堺筋線北浜駅と堺筋本町駅のちょうど真ん中あたりに『炭火焼鳥いこか』がリニューアルオープンしました。地鶏を使った焼鳥やお造りなど自慢の鶏料理がリーズナブルな価格で楽しめます。バーをイメージした店内は、落ち着いた雰囲気となっており、女性でも入りやすく、大人がゆっくりと過ごせるお店となっています。今回は、オーナーの原さんにお話を伺いました。

念願の焼鳥屋をオープン

 以前原さんはすぐ近くの別の場所で立ち飲み屋『かこい』を営業していました。元々料理が好きで調理師専門学校に通い、それからずっと飲食業に携わっています。働いていたのが鶏料理のお店だったこともあり、いつかは焼鳥屋を開きたいと考えていました。そのために、まずは初期投資が安くてお客様が気軽に入りやすい立ち飲み屋を開き、資金集めや経営の勉強をしていたと言います。そして『かこい』の移転を機にリニューアルオープンして、念願の焼鳥屋『炭火焼鳥いこか』を始めました。

バーをイメージした落ち着いた空間

 同店は、よくある焼鳥屋のようににぎやかなお店ではなく、大人のムードが漂う落ち着いた雰囲気です。照明を落としてワイングラスを飾った内装は、バーをイメージしているのだとか。とてもおしゃれで女性も訪れやすい雰囲気となっています。席は禁煙と喫煙で分けているので、タバコが苦手な方でも安心して過ごせますよ。

 原さんは既存客を大切にして、回転率よりも、それぞれのお客様にゆっくりと過ごしてもらえるようなお店を目指しています。ターゲット層もお店の雰囲気に合わせて、落ち着いた大人のお客様に焦点をあてています。

鶏づくしの自慢のメニュー

 『炭火焼鳥いこか』の店名通り、一番のおすすめはやはり焼鳥。20種類もある串メニューは一本から注文が可能です。人気の部位“せせり”は、噛むと肉汁が溢れてくるほどジューシー。きゅっと締まった身で、弾力のある歯ごたえが特徴です。
 原さんがおすすめを選んでくれる“店主おまかせ七串セット”もとても人気のメニュー。一串ずつ出してくれるので、ゆっくりと味わいながら楽しめますよ。


▲鶏ユッケ

 焼鳥屋が提供する”鶏ユッケ”はおいしさ間違いなしのおつまみです。こだわりの鶏に絡めた濃いめのタレは、卵を混ぜることでちょうど良いまろやかさに。肝やささみなどを盛り合わせた“お造り盛り合わせ”はお酒がすすむ一品です。
 鶏そぼろと錦糸玉子のコントラストがきれいな“鶏せいろご飯”は締めにもってこい。ご飯にもそぼろの旨味がたっぷり染み込んでいます。とてもボリュームがあるのでお腹いっぱいになれますよ。
 手軽な締めなら“焼きおにぎり”がおすすめです。外がパリパリになるまでこんがりと焼いたおにぎりはとても香ばしくなっています。しっかりと味がついているのでそれだけでもおいしく食べられます。
 食後のデザートには、ジェラートがおすすめです。味は生キャラメルとあまおうの2種類を用意しています。食事の合間の口直しにもぴったりです。濃厚でコクのある生キャラメルと、みずみずしくさっぱりとした甘さのあまおう。その日の気分に合わせて、ぜひ食べてみてくださいね。


▲鶏せいろご飯

目指すは誰にでも認められる焼鳥

 「一般のお客様においしいと思ってもらえる焼鳥を提供していくのはもちろんですが、同業者や鶏料理を熟知している美食家にもお墨付きをもらえるようなお店にしていきたいですね。」
 さらなる高みを目指して、原さんは内装やメニューを日々研究し、改良を続けています。大阪府内でも指折りの焼鳥屋を目指していくそうです。

常に最高のおいしさを

 「お客様が来てくれるのは当たり前ではありません。数あるお店の中で当店を選んで来てくれたからには、自信を持っておいしいと言えるものを常に提供していきます。感謝の思いは最高の料理で伝えていくので、是非当店の焼鳥や鶏料理を楽しみにお越しください。」
 多くのお客様に愛され、混み合ってしまい入店できないこともある『炭火焼鳥いこか』。同店を訪れる際は予約をしておくのがおすすめです。じっくりと鶏料理を味わいたい時には是非足を運んでみてください。リーズナブルな価格ながら、高級鶏料理店さながらのおいしさにきっと驚きますよ。

店舗情報

店名 炭火焼鳥 いこか
住所 大阪府大阪市中央区大手通3-3-3
電話番号 06-6949-8976
アクセス 堺筋線北浜駅・堺筋本町駅から徒歩10分
営業時間 18:00~22:30
定休日 月曜日
URL https://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27092595/