【東京・三田】グルテンフリー&ノンシュガー、健康的で機能的なおいしさを!超有名店の味を受け継ぐスパイスカレー専門店『by Spice』!

 日本の国民食といわれ、老若男女に愛されているカレー。しかし、脂肪分や糖質が多く、“大好きだけれど毎日は食べられない”と健康を気にしてお悩みの方も多いのではないでしょうか。
 そんなカレーの常識を覆すのが、2018年8月23日にオープンしたスパイスカレー専門店『by Spice』。こちらのお店の自慢は、小麦粉や砂糖を使わず、たっぷりのスパイスと具材のみで作るスパイスカレーです。なんとこちらのルーは、カレー業界に名をとどろかせる超有名店『ニルワナム』のオーナーAnil Raj(アニール・ラージ)氏のプロデュースによるものだとか。おいしくてヘルシー、そしてスパイスたっぷりで機能的なスパイスカレーは、スプーンを口に運べば誰もが虜になる味です。

カレーブランドの登場が街に新しい風を運ぶ

 『by Spice』は、Anil氏をはじめ、飲食業界のプロが集まり手がけた、新業態のお店です。今回は、店長の大塚さんにお話をうかがいました。
 「私自身は海鮮丼専門店『丼丸』の全国展開及び店舗の支援を通して、独立開業を目指すたくさんの人が成功するのを見てきました。また、1つの業態では叶えられないお客さまのニーズや、現在いろいろなチェーンに加盟するオーナーで、“別の業態、新しい業態で出店したい”という方の声を多く聞くようになりました。これまでの経験から、自分が良いと考えるチェーンの良さを活かした、“今までにない業態、ブランドを立ち上げたい”と考えぬいて『by Spice』というカレー業態を考え出しました!」
 老若男女に愛されるメニューであることや、オペレーションが難しくないこと。そして何より、大塚店長自身も大のカレー好きであることから、この業態を打ち出したのだそうです。

製法に妥協なし!健康的で機能的なスパイスカレー

 『by Spice』では、“健康的で機能的且つ美味しい食事を提供すること”をコンセプトにしています。また、カレー屋さんの基本である“早くて、安くて、おいしい”ことにも、妥協はありません。
 そんな同店で購入できるのは、30種類以上のスパイスと、野菜や肉などの具材のみで作るスパイスカレー。小麦粉をベースにした日本式のカレーとはひと味違います。
 しかし、このカレーこそが“医食同源”。二日酔いのときはターメリックを効かせて、リラックスしたいときはシナモンを強めに、手足が冷えるときは唐辛子をたっぷりと。そんな風に体調に合わせて自分でアレンジできるカレーは、インドでは健康的かつ機能的な食べ物として親しまれているのです。


▲バターと鶏肉のカレー

 レギュラーメニューは、一番人気の“バターと鶏肉のカレー”、“羊肉のスパイスカレー”、“ほうれん草とチーズのカレー”の3種類。そこに日替わりカレーが加わり、常時4~5、6種類のカレーが楽しめます。S(200円)、R(400円)、L(700円)からサイズが選べます。
 驚くことに、日替わりカレーのバリエーションは100種類以上!全種類制覇するころには、きっと『by Spice』の大ファンになっていることでしょう。


▲羊肉のスパイスカレー

 「当店のカレーは、カレー業界では有名な『ニルワナム』のカレーをベースにしたものなんです。ですから、ニルワナムの名を汚さないためにも、そして、おいしいカレーを最高の状態で提供するために、努力は怠れません。」
 大塚店長は、カレーの提供や管理の仕方、量などを常に試行錯誤しています。お客さまに積極的に感想をたずね、うれしい言葉だけでなく、厳しい意見にもしっかりと耳を傾けているのだそうです。


▲ほうれん草とチーズのカレー

今日のカレーのおともはどれ!?

 ライスには、白米と玄米のいいとこどりの“金芽米”が使われています。金芽米は、白米のおいしさと玄米の栄養をあわせ持った、夢のようなお米。その秘密は、特許の精米技術により、うまみ成分のオリゴ糖や食物繊維を含む層(亜糊粉層)が残っていることにあります。また、同じ玄米を精米した場合、通常精米よりも金芽米仕様の精米の方が甘みと旨味の数値が高いという実験結果があるのだとか。そして、金芽米加工のお米の方が、同じ重さの通常精米の白米よりもカロリーや糖質が少ないのもうれしいですね。
 ライスにこだわる同店ですが、インドの伝統的な窯“タンドール”で焼き上げるナンも負けじと人気。“プレーンナン”(200円)の他にも、“チーズ香るナン”(300円)、カリっとした食感と甘さがコーヒーにぴったりの“ナッツナン”(300円)があります。


▲身体が温まるチャイ(300円)はこれからの時期におすすめ

 「ラッシーもすごく人気で、毎日買いに来てくれるお客さまもいます。ときどき、向かいの八百屋さんで仕入れた果物を使って、フルーツラッシーを作ることもありますよ。」と大塚店長。

女性が働きやすく、女性が訪れやすいお店を目指して

 “女性ひとりでも立ち寄れる、清潔で居心地のよいカレーショップ”。それが、同店の第二のコンセプトです。三田は学生から主婦まで幅広い世代の女性が多いエリアで、お客さまの6割以上が女性なのだとか。
 プロのデザイナーが手がけた外装は明るくシンプルで、おしゃれなコーヒースタンドのよう。多店舗展開を見据え、存在感がありながら、どの街の風景にも溶け込むデザインを目指したそうですよ。

 「僕の周りにもたくさんいますが、主婦の方は働ける時間や場所が限られているんです。だから、女性が自由なスタイルで働ける場を提供したくて。まだ1店舗目ですが、『by Spice』の出店にはそういう意味合いも大きいんです。『by Spice』というお店は、店舗をかまえるだけでなく、キッチンカーで販売しても、オフィスに売りに行ってもいいし、どこかの軒先を借りてもいい。ランチタイムだけ2~3時間の営業でもいいんです。カレーって、そういう柔軟さがありますよね。この柔軟さを活かして、たくさんの方に新しい働き方を提案するブランドとして、多くの方のお役に立ちたいですね。」

 “おいしい”と喜ばれたり、何度も買いに来てくれるお客さまがいることがうれしいという大塚店長。テイクアウトのお店なので、その場で食べたいお客さまには不自由な思いをさせてしまうことを、心苦しく思っているそうです。「これからイートインのお店も作る予定なので、楽しみにしていてくださいね!」と笑顔で話してくださいました。

 スパイスカレー専門店という新しいジャンルを打ち出し、地域で注目を集めている『by Spice』。おいしくて健康的で機能的なカレーの奥深さが、あなたの舌をきっと虜にします。

店舗情報

店名 by Spice
住所 東京都港区三田3-1-20
電話番号 03-6809-4468
アクセス JR山手線田町駅から徒歩6分、都営浅草線三田駅から徒歩5分
営業時間 11:00~21:00
定休日 無休
URL https://www.facebook.com/byspice/