【東京・池袋】こだわりフレンチと日本酒のマリアージュ!『充電バル JUGEM』でパワーチャージしよう♪

 毎日仕事や勉強でお疲れの皆さんに、嬉しいお知らせです!JR池袋駅から徒歩3分の所に、美味しい料理でパワーチャージできる新しい穴場がオープンしました。今回紹介する『充電バルJUGEM(ジュゲム)』は、こだわりのフレンチにぴったりの日本酒やワインが楽しめるお店です。広島の澄んだ海水が育んだぷりぷりの牡蠣、農家のお墨付き野菜など、元気をもらえる食材がいっぱいです。お客様の心も身体も“充電”すべく一皿に想いを込める、シェフの後藤さんにお話を伺いました。

日本の食材を取り入れたフレンチとお酒が自慢

 美味しいものを食べること、お酒を飲むこと、そして人に喜んでもらうことが大好きな後藤シェフは、志を持って飲食業界に飛び込み、これまでワインバルやフレンチで経験を積んできました。2017年11月3日に『JUGEM』がオープンするまでは、六本木にある姉妹店で腕をふるっていたそうです。

 日本酒ソムリエの資格を持っている後藤シェフは、生産者の顔が見える食材を取り入れたフレンチと、それに合わせた日本酒やワインをメインにお店を運営しています。国産食材を応援しながら、美味しい洋食が味わえる…そんな“自分が行ってみたい”と思うお店を目指したのだとか。

明るくカジュアルな雰囲気は女性のお一人にも

 カフェのようなウッド調の店内は、女性のお一人様も利用しやすく、デートにもぴったりのおしゃれな雰囲気です。カウンターに並んだぴかぴかの生牡蠣に、食欲が躍り出します。

 カウンター席の奥に進むと、シンプルだけれどぬくもりのあるテーブル席が現れます。疲れている時も、ほっこりと温かい気持ちにしてくれそうですね。さて、思わず長居したくなるこの空間でいただけるこだわりの料理とは…?さっそくその魅力に迫っていきましょう。

鮮やかフレンチで心も身体もパワーチャージ!


▲野菜のテリーヌ(600円)

 “充電バル”を看板に掲げる同店のコンセプトは、身体に優しい素材を使った料理で、お客様に元気になってもらうこと。ハーブ、いも類、有機野菜、ひとめぼれ米、卵、こだわりの飼料で育てられた豚や和牛など、日本各地の生産者から届けられる“顔の見える食材”が毎日キッチンに並びます。


▲かなわ水産の広島「大黒神島」より届いた生牡蠣“先端”(1ピース280円/6ピース1,380円/12ピース1,980円)

 中でも後藤シェフの一押しは、広島・大黒神島から直送の生牡蠣です。生活排水が流れ込まない無人島で育った新鮮な牡蠣は、塩分濃度の高い海水によって身が引き締まっており、格別の甘みが楽しめます。新鮮な状態で食べていただくため、こちらは1週間で200個限定とのこと。お店に急ぎましょう!


▲ソースもいらないカキフライ(5個780円)

 “本当に新鮮なら、素材そのままが一番美味しい!”それを体現するのが、こちらの牡蠣フライです。サクッと噛んだ瞬間に溢れるスープとぷりぷりの身は絶品です。添えられた“たねつけばな”(クレソンのような味がします)でお口をリフレッシュして食べるのもおすすめですよ。


▲元気になる!JUGEM特製サラダ(1,380円)

 こちらの特製サラダにはキヌアやチアシード、アマランサスなど、便秘改善、美肌づくり、悪玉コレステロールの抑制と良いことづくめのスーパーフードがたっぷりです。そこに華を添えるのは、色とりどりの有機野菜、良質たんぱくの代表選手・鶏ハム、カリッと楽しい食感のナッツ。仕上げは、『JUGEM』オリジナルの黒生姜とはちみつのドレッシングです。半熟卵も、乳酸菌やミネラルたっぷりの飼料で育った、熊本産のバイオピクシー卵を使用しているのもこだわりです。


▲鴨のハンバーグ 赤ワインソース(1,380円)

 さつま芋や国産米でのびのび育った“なでしこポークのステーキ 旬野菜のピューレ”(1,280円)、野菜不足も一気に解決の“身体にご褒美バーニャカウダ”(1,380円)など、大地や海の恵みがぎっしり詰まった料理がテーブルを彩ります。
「メニューは“その時期に恋しくなるもの”を考えながら揃えています。今の寒い時期だと、熱燗の日本酒やホットワインがおすすめですね。アツアツの煮込み料理やお肉のグリルと合わせて、身体の芯から温まっていってくださいね。」

生産者それぞれの想いを背負って

 ただ食材を仕入れるだけでなく、生産者の方々との交流も大切にしている後藤シェフ。
 「色々な生産者の方と繋がることで、“トマト1つにも、これだけ手間暇がかかっているんだな”と、食材に込められた想いを感じることができるんです。農産物も魚も肉もお酒も、生産者の方々が誇りを持って僕たちに届けてくれるからこそ、お店を続けていけるんですよね。だから、僕もその素晴らしさや美味しさをお客様に伝えていかなきゃ、と背筋が伸びます。」漁港や農園を訪ねたり、ワイナリーや酒蔵の見学に訪れたりと、常に刺激を受けながら日々勉強に努めているそうです。

いつでもキッチンから元気をお届けします!

 お店は朝の5時まで営業しているため、夜が更けるころになると、仕事終わりに来店する同業者の方が多くなるのだとか。
 「“充電バル”なんて名乗っているから、“携帯充電できるの?”ってお客様に聞かれることもあります。まあ、充電できるんですけどね(笑) 僕のフレンチは、スーツやドレスでキメてドキドキしながら食べるような、堅苦しいものではありません。いつでも気軽に寄って、お酒を楽しみながら肩の力を抜いて楽しんでほしいです。」と笑顔の後藤シェフ。

 見て驚き、食べて美味しい、パワーでいっぱいのフレンチがあなたを迎えてくれる『充電バルJUGEM』。疲れも悩みも吹き飛ばしに、一度“充電”しに訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 充電バル JUGEM(ジュゲム)
住所 東京都豊島区西池袋5-1-10 第一矢島ビル1F
電話番号 03-6907-2595
アクセス JR各線池袋駅から徒歩3分
営業時間 17:30~翌5:00(LO3:00)
定休日 不定休
URL http://jugemjugem.jp/

関連タグ