【東京・神楽坂】人とのご縁の窓口に♪中華と和のコラボ点心が絶品の『桃李天下』

 今回ご紹介するのは、神楽坂駅から徒歩3分の場所にあるテイクアウト専門店『桃李天下』です。2018年3月14日のオープン以来クチコミで人気が広がり、多くのお客さまが訪れる中華点心のお店です。同店の点心は、“中華と和のコラボ”がその美味しさの秘密。オーナーの阮さんにお話を伺いました。

人気中華料理店を経てオープン

 『桃李天下』のオーナー・阮さんは、ここ神楽坂でお店をオープンする以前、麹町で約15年間中華レストランを経営されていました。そのレストランの閉店が決まったことをきっかけに、神楽坂で点心のテイクアウト専門店を始めることに。オープン間もないにも関わらず、点心の美味しさにクチコミで人気が広がり、さまざまなメディアにも取り上げられています。また、同店の味に惚れ込んだ有名デパートからのオファーを受け、デパ地下にも出店されているそうです。

中華と和のコラボで生まれたオリジナル点心

 こちらの点心は、飲茶文化の本場・香港から来た職人さんが一つひとつ丁寧に手作りで仕上げています。同店をオープンする際に一番こだわったのは、化学調味料や添加物を一切使用しないことでした。そこで阮さんが声をかけた人物は、飲食店で何十年も腕を振るってきた“和食のスペシャリスト”でした。化学調味料や添加物を使用せずに国産の材料だけで作り上げるには、和食の知識や技術が必要になると感じたからとのこと。香港の職人と和食のスペシャリストが手掛ける、ここでしか味わえないオリジナルの絶品点心が堪能できます。

 阮さんイチオシの点心は“ズワイ蟹入別餅(ベッピン)”です。こちらは、瀬戸内海産のハモのすり身をベースにし、ズワイガニの身が入っている贅沢な一品です。そのほかにも、海老焼売や肉焼売など和のテイストが感じられる、ここでしか味わえない商品が並びます。

 “マーラーカオ”は、蒸しパンのような甘みが口いっぱいに広がります。ふわふわの食感でありながら、中身がぎっしり詰まっていて食べ応えがあるそうですよ。平日は地元の方の来店が多く、土日は外国人観光客の方もいらっしゃいます。皆さんお土産に沢山買われていくのだとか。

点心も内装も“シンプル”に

 「化学調味料などを一切使わない商品のシンプルさ。そして内装もシンプルにこだわりました。」という阮さん。点心は特注の桐箱に並べられており、このシンプルなディスプレイがどこか和の雰囲気を感じさせます。
 同店は工場に併設されているため、大量に店頭に並べるのではなく、売り切れたら随時追加していくことができます。そのためお客さまが手にする点心は温かく、テイクアウトしてお店の外ですぐに召し上がる方もいるそうです。

人とのご縁を大切に

 香港では、中国茶を飲みながら点心を食べる“飲茶文化”が根付いています。決まった時間になると家族が集まって、点心をつまみながらのティータイムが始まります。そんな“飲茶文化”を日本にも広めていきたいという想いもある阮さん。「美味しいものを多くの方に食べていただきたい。そして人との出会いを大切にしたいんです。お店は人とのご縁の窓口だと思っています。」とのこと。
 店名の『桃李天下』は、“美しい花や美味しい実をつける木の下には人々が集まり、道ができ、世界に広がっていく”という意味の言葉だそうです。人との縁を大切にしていきたいという想いを込めて、15年間続けたレストラン時代から変わらず『桃李天下』の看板を掲げ続けています。

 今後は、ビールなどのドリンクの提供も視野に入れており、店内で飲食することでそこからまたコミュニケーションが広がって欲しいとのこと。ここ神楽坂の土地柄を踏まえて、どのように展開していくかを考えているそうなので、今後の『桃李天下』から目が離せませんね。香港の職人と和食のスペシャリストが日々商品開発を進めている“オリジナル点心”を楽しみに、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 桃李天下
住所 東京都新宿区神楽坂6-22 太田ビル 1F
電話番号 03-6280-8026
アクセス 東京メトロ東西線 神楽坂駅から徒歩約3分
営業時間 11:00~19:30
定休日 不定休
URL https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13219626/dtlphotolst/1/smp2/