【福岡・六本松】六本松のママのごはん屋さん『ASAKOめし』が泣けるほど”やさしい”理由

18年のキャリアが光るオムライス

再開発が進む六本松エリア。日を追うごとに表情を変えるこの場所に、新たに誕生したランチスポット「ASAKOめし」は11時~16時の間だけ営業しているお店です。早速オーナーの水崎朝子さんにお話を伺いました。

18年のキャリアが光る”やさしい”ランチ

——表の旗にオムライスのイラストがあったんですが、こちらのオムライスがメインのお店ですか?

朝子さん:オムライスもありますが、メインは3種類のランチセットです。Aランチが週替わりメニューで、Bランチがダイエット中でも安心して食べられるささ身やヒレ肉がメインのヘルシーメニュー、そしてCランチがオムライスです。旗にオムライスの絵があるのは、私が18年間、某オムライス専門店に勤めていたという経緯があるからです。

——18年も!?

朝子さん:そうなんです。最初に就職したのは天ぷら屋さんだったんですが、途中でオムライスのお店に移って、そこで店長になって。

「ASAKOめし」は前職の“まかない”がルーツ

——お店の名前は朝子さんの・・・

朝子さん:はい。実は私、そのお店のバイトの子たちにずっと「まかない」を作ってたんです。オムライスばっかりだと飽きるから。そしたらその子たちが「今日昼、”朝子めし”作って~」って言うようになって。この店を始めるときにいろいろと名前を考えたんですけど、やっぱり愛着があって「ASAKOめし」になりました。

——ステキなお話ですね!

朝子さん:お店の名前はその子たちがつけてくれたと思っています。今も当時のバイトの子たちがここまで食べに来てくれるんです。先日は湯布院に就職した子が来てくれて、うれしかったです。

——とても慕われていらっしゃるんですね。どうして六本松にお店を出そうと思われたんですか?

朝子さん:六本松では息子がシェフをしていて、チョコチョコ来ていたので。

——え!?息子さんがいらっしゃるんですか?見えない~!!でもお子さんが巣立った後に好きなことがやれるっていいですね。

朝子さん:人にご飯を作るのが好きで。夢っていうか。

「おいしい」ではなく「やさしい」の一言が転機に

——じゃあ料理からお菓子まで全部?

朝子さん:ええ。おいしいって言ってもらえるのがうれしくて。以前、バイトの子が私の料理を「おいしい」ではなく、「やさしい」って言ってボロボロ泣いたんです。お母さんを思い出したんでしょうね。だから一人暮らしの子たちにも食べさせたいなって思って。ホントに私は誰かに作ってあげるのが好きなんだなって、そのとき思ったんです。

——人の笑顔を見るのは楽しいですよね。おいしいって言われたら嬉しいですし。そんな朝子さんのイチオシメニューって何ですか?オムライスですか?

朝子さん:うーん、18年間いたから、オムライスはやっぱり「仕事」ですよね。でも週替わりメニューには自分が得意な料理をお出しししています。ハンバーグだったりロールキャベツだったり、あと唐揚げも得意ですね。塩唐揚げでシンプルなんですけど、お客様には「いつでも食べれるようにしてほしい」と言っていただきます。今は16時までだけど、ゆくゆくは夜もやれるようにできたらいいなと思っています。

——私も一人暮らしが長いんで、ときどき母の料理が食べたくなるんですよね。夜もここに来られたら毎日通っちゃうかも!夜は別のオーナーさんがお店を開けていると伺いましたが?

朝子さん:そうなんです。だから昼と夜では雰囲気がガラッと変わりますよ。

大事にしたいのは「愛情」

ハヤシライスもおいしい

——そうなんですね。朝子さんの手料理が夜も食べられたら、喜ぶ人がたくさんいらっしゃるんじゃないですか?

朝子さん:多くのお客様にそう言っていただけるので、ありがたいと思っています。ちょっとした料理でも何かが違うらしくて。料理って愛情が一番大事だと思っているです。チェーン店だとバイトでも誰でも同じに作れるじゃないですか。でも残念なことに、中には愛情が感じられないこともあったりしますよね?でもお客様には同じ材料を使ってるのに「味が違う」って言っていただけるんです。だから愛情は大事だと信じています。

——朝子さんは太陽みたいな人ですね。憧れちゃうなぁ。このお店は土日も営業されてるんですか?

朝子さん:はい、火曜が定休日です。ホントは朝ごはんもしっかり食べてほしいので、六本松周辺の再開発が終わったらモーニングもしたいなって思っているんですよ。

限られた休憩時間だからこそ、ゆっくり過ごしてほしい

カウンターの朝子さん

——この辺は飲食店が増えてきましたよね。

朝子さん:でもよそのランチは少し待たされちゃうみたいですね。うちは5分でオムライスが出てくるんで、びっくりされるんです。

——一人で切り盛りなさってるのに、5分ですか?

朝子さん:「はやっ!」って驚かれます。(笑) お仕事されてる方の昼休みって、時間が限られてるじゃないですか。だから、なるべく早くお出しして、ゆっくり食べていただきたいと思ってるんです。

——私も毎日のランチタイムは時間との勝負なので、そういう心配りはホントにうれしいです。こちらのデザートも、すっごくおいしそうですね。

朝子さん:デザートは全て400円でお出ししているんですが、中でもフレンチトーストは一番人気がありますね。結構ボリュームがあって、しっかりと卵液が浸みているので、「これで400円?」って言われます。お友達とシェアして召し上がる方もいらっしゃいますよ。

——卵液を吸わせるのに、どれくらいの時間がかかるんですか?

朝子さん:それが、注文が入ってからつけるんですけど…

——えっ!?ホントですか?

朝子さん:「なんで注文入ってからつくるのに、こんな浸みとうと?」って言われるんですけど…それは教えない!みたいな(笑)。

——企業秘密ってことですね。でもすごく気になる~!今日は我慢するので、今度こっそり教えてくださいね。(笑) ところで、お店にいらっしゃるお客様は、どんな方が多いですか?

朝子さん:女性が8割ぐらいですね。近くに産婦人科があるんですが、診察帰りの妊婦さんが、お友達と立ち寄られることもありますよ。男性は仕事中とか、一人で来られる方が多いです。この辺はランチをやってるところがあまりないみたいなんですよ。だからここも最初は気づいてもらえなくて、「ランチやってます」の旗を置くようになって、写真付の立て看板も手作りしてみたんですけど・・・

手作りの立て看板

——あ、さっき私、信号待ちしてるときにその看板を見ました!おいしそう~って思って。

朝子さん:週替わりメニューの写真を撮ったりして、いろいろ工夫しているところなんです。メニューを考えたり看板を作ったりするのも楽しいです。休みの時もほとんど仕込みなんですけど、今は何をするのも楽しいです。私とのおしゃべりを楽しみに来てくれるお客様もいらっしゃいますし、最後の一口までニコニコしながら食べてくださる皆さんの顔を見てるだけで、なんかこう、元気が湧いてきちゃうんですよね。

——お客様の笑顔がASAKOめしの原動力なんですね。今後はどんなお店にしたいとお考えですか?

朝子さん:まだ知名度が低いので、たくさんの人に知っていただくのが課題だと考えています。でもお店に来てくださる皆さんに、おいしい料理で喜んでいただくことが第一なので、精一杯おもてなししたいです。

——私は今日1日で朝子さんの大ファンになっちゃいました!

朝子さん:そんな風に言っていただけると照れますね。(笑) 心をこめて温かい料理を作ってお待ちしてます。皆さん是非いらしてくださいね。

【速報!】6/1からは夜もASAKOめしが食べられるように

夜のメニューも充実

朝子さん念願のディナー営業が6月1日からスタート!19時までASAKOめしが食べられるようになりました。さらに17時~19時はハッピーアワーでお酒がオール300円!おひとり様でもグループでも、やさしく受け入れてくれる朝子さんの愛情ごはんで、ほっこり癒されてみませんか?

店舗情報

  • 店名:ASAKOめし
  • 住所:福岡県福岡市中央区六本松2-13-5 CROSSBLD.1F
  • 電話番号: 092-713-3599
  • アクセス: 地下鉄七隈線六本松駅徒歩1分
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 定休日:火曜日
  • Facebook:https://www.facebook.com/Asakoめし-1835327496732961/