【東京・池尻大橋】気軽に入れる『Bar FARRIER』でお気に入りのウイスキーを見つけよう!

池尻大橋駅から徒歩4分のところにある『Bar FARRIER(バー ファリア)』は、クールな印象の店名と、店主・川邊さんの気さくな人柄のギャップが魅力的なバーです。通りからよく見える開放的なお店は、初心者でも入りやすい、バーらしからぬ雰囲気をまとっています。難しい知識は全く必要なく、肩肘張らずにウイスキー入門ができると評判のお店です。

10周年の区切りをきっかけに独立

「分かりやすく1、2、3ということで、今年1月23日にオープンしました!」と笑顔の川邊さん。そんな彼との気軽なおしゃべりも、同店での楽しみの一つです。川邊さんは約18年前、知人のお店を任されたことをきっかけにバーで働き始め、そのお店が軌道に乗り、その後2号店、3号店と店長を経験してきたそうです。
 そして昨年、3号店が10周年という区切りの年を迎え、川邊さんに独立のタイミングが巡ってきます。お世話になったお客様に挨拶をしながら年末まで勤め上げ、今年に入って心機一転。なじみの土地・池尻大橋に『Bar FARRIER』をオープンしました。

オープンで入りやすい、気軽に楽しめるバー

「お店をやるなら、やっぱり住み慣れた愛着のある街がよくて。この辺りには他のバーも多いから、邪魔にならないようにのんびり営業していきたいですね。」そう話す川邊さんは、生まれも育ちも池尻大橋だそうです。
「バーって、なかなか入りづらいですよね。難しいお酒の知識が要りそうだし、何となく敷居が高いし…だから当店では、バーに入る勇気が出ない方や、あまり詳しくない方でも、お酒の世界に親しめる入口を作ってあげたいんです。」
 開放的なガラス張りの入口は、カジュアルなレストランのような趣を感じさせ、とても親しみやすい雰囲気です。川邊さんが去年まで働いていたお店も、このように開放的な雰囲気だったといいます。それをヒントに、気軽に来てもらえるバーとはどんなものかと考え、中がよく見えるオープンな物件を探したのだとか。これなら、初心者でも安心して入れそうですね。

馬への愛もあちらこちらに

“FARRIER”とは、英語で装蹄師(そうていし)を意味します。競走馬の蹄に、摩耗を防ぐための“蹄鉄(ていてつ)”を打ち付ける人のことです。競馬好きでもある川邊さんは、自分のお店も馬にちなんだ名前を…と、この名前に決めたそうです。看板にも、蹄鉄のモチーフが打ち付けられて味を出していますね。
 店内には、さりげなく馬のオブジェが置かれていたり、競馬のポスターが貼られていたりと、川邊さんの馬への愛が伝わってきます。“ホワイトホース”という、珍しいウイスキーもあるそうですよ。

種類豊富で奥が深いウイスキー

『Bar FARRIER』の強みは、ウイスキーの種類がとても豊富なことです。一口にウイスキーと言っても、色々な国で作られたものがあり、その歴史もとても奥が深いのだとか。国産ウイスキーであれば、山崎、白州、余市などが有名ですね。
「前のお店が繁盛して、とても深いウイスキーの知識を持った、通のお客様がたくさん来るようになったんです。それはもう、僕の知識じゃ敵わないくらいに…。だから、一生懸命勉強しましたね。」産地、銘柄、熟成の度合い、そして飲み方。様々な要素によってウイスキーの味は変わります。一朝一夕で覚えられるものではないからこそ、奥深くてとても面白いのだと川邊さんは話します。

お酒の世界を楽しむきっかけになりたい

「当店に来たのをきっかけに、バーの雰囲気やお酒が好きになって、楽しんでもらえればと思っています。お客様が“ウイスキーってこんなに面白いのか!”と冒険したくなって、他の色々なお店に行ってみて、また当店に戻ってきてくれれば嬉しいですね。」奥深く厳しいバーテンダーの道を歩んできたからこそ、川邊さんは“お客様に、もっと気軽にお酒の世界を楽しんでほしい”という思いを持ち続けています。
“こんな雰囲気の味が飲みたい”、“あまり強すぎないものがいい”など希望を伝えれば、川邊さんがぴったりの一本をおすすめしてくれるのだそうです。そんな風に肩肘張らず、柔軟な楽しみ方ができるのが、『Bar FARRIER』の素敵なところです。

飲み比べが楽しい豊富なラインナップ

お酒は800円~2,000円と、リーズナブルなのも嬉しいポイントです。ウイスキー以外の各ジャンルも幅広く取り扱っており、ドライフルーツやナッツ、チョコレートなど、軽いおつまみも用意しています。
「リキュールは女性にも好まれる甘いものから、薬草ベースのすっきりした味のものもあって面白いですよ。薬草のリキュールは寝酒にぴったりなので、眠らない夜はぜひ当店にいらしてくださいね。」ウイスキーは単体でも美味しいけれど、ハイボールで割る飲み方もおすすめとのこと。こちらも、ウイスキーとハイボールの比率、銘柄などによって全く違った美味しさになります。飲み比べの楽しみも増えますね。

1日の締めくくりに帰れる場所

お客様には、渋谷などで1次会をし、2、3軒目に来店する方が多いそう。
「専門分野でお仕事をしているお客様も多いので、色々な興味深いお話も聞けて楽しいです。バーを通じて皆さんとつながりが持てるのも、この仕事をしていて嬉しいことですね。一日の終わりには、ぜひ当店で疲れを癒していってください。」そう話す川邊さん。『Bar FARRIER』は、一日の締めくくりに、地元の方がホッと肩の荷を下ろせるお店なのですね。

雰囲気を楽しく味わってもらうため、いつでもお客様に寄り添う接客を心がける川邊さんは、一人ひとりに合った銘柄や飲み方を提案したり、他愛もない話題で盛り上がったり…いつも笑顔を絶やしません。
「バー初心者の方でも、どのお酒が飲みやすくて美味しいか、ぜひ試してみてほしいです。無理はしないで、慣れてきたらたまに変わった銘柄で冒険すると楽しいですよ。敷居の高いお店ではないので、気になったら気軽に覗いてみて下さいね!」

あなたも『Bar FARRIER』で川邊さんとのおしゃべりを楽しみながら、自分にぴったりの一杯を見つけてみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】

関連記事