【北海道・篠路】『boulangerie coco de chou chou(ブーランジェリーココドゥシュシュ)』は“お気に入りのパン”が見つかるお店♪

札幌・篠路に今年4月に開店したパン屋『boulangerie coco de chou chou(ブーランジェリーココドゥシュシュ)』。パン生地に強いこだわりのあるパン屋さんです。小麦の旨味をしっかり味わえるハード系のパンや、食パン、子供に人気の菓子パンなど豊富な種類が店頭に並びます。お気に入りのパンがきっと見つかる、こちらのお店の魅力をご紹介します。

“お気に入りのパン屋”

篠路駅から徒歩14分の場所にある『boulangerie coco de chou chou』。店名はフランス語で、ブーランジェリーが“パン屋”、ココドゥシュシュは“お気に入りのお気に入り”という意味だそう。愛犬ココちゃんの名前をヒントにこのフレーズにたどり着いたという店主の新藤さん。“お客様一人ひとりにとって、お気に入りのパンが見つかるお店にしたい”との願いを店名に込め、店づくりをしているそうです。

生地にこだわったパン

もともと新藤オーナーは、パン作りを仕事にして10年以上経つ、ベテランのパン職人です。現在も、これまで培った知識と経験をもとに、生地にこだわったパン作りをしているといいます。パンの種類によって、原料の小麦を変えたり、発酵時間を調節するなどして、それぞれに特徴のある生地を作っています。原材料を仕入れる際も、値段にはこだわらず、なるべく添加物の入っていない安全なものを最優先にしているというほどの、こだわりようなのです。この生地への強いこだわりがお客様にも通じて、「パン生地が美味しかった!」との声が多く聞こえるようになったといいます。

中でも、おすすめなのが“バゲット・ココ(220円)”というハード系のパンです。こちらのパンには、北海道産の小麦を石臼で挽いた全粒粉が使われているそうです。石臼で挽くことにより、機械で粉にするのと異なり熱が小麦に伝わらないので、小麦本来の旨味が際立つ小麦粉になるのだとか。さらに、低温で長時間発酵するため、生地がしっかり熟成されて甘みと旨味が増すのだそうです。しっかりとした噛み応えで、噛めば噛むほどに小麦本来の甘みと旨味が口いっぱいに広がる、至極のパンです。

また、“焼きもろこし(180円)”も人気が高い商品です。生地の中にトウモロコシが練りこんであるので、どこをかじってもトウモロコシの食感と甘みを楽しめます。香ばしい醤油の香りが食欲をそそる、お子様からお年寄りまで幅広い方に人気の商品だといいます。他にも、食パンや菓子パン、惣菜パンなど豊富な種類が揃っています。目の前に並んだたくさんのパンの中から、好みのパンが選べるのも、パン屋さんを訪れる楽しみの一つですよね。

今後の新商品も見逃せない!

新藤オーナーは、幼い頃から“ものづくり”に興味があり、高校卒業後、飲食の専門学校へと進学したそうです。様々な分野の料理を学んでいくうちに、パン作りの魅力に目覚め、パンを扱う会社へ就職したといいます。10年ほどが経過したとき、以前からこの場所でお店を経営していた親族に勧められ、自分のお店を開店することを決意した新藤オーナー。
「“これまで学んできたことがどれだけ認めてもらえるか試したい”との思いから、ベーシックなパンのラインナップで勝負してきました。開店からおよそ半年、生地の美味しさが口コミで広がり、嬉しいことに常連さんも増えてきました。これからは独創的なオリジナルパンの新商品も考えていきたいです。」と話してくださいました。

お客様に対して「いつもありがとうございます!皆様に愛されるようなパンをこれからも作っていきますので、よろしくお願いします!」と真摯なメッセージをくださった新藤オーナー。その人柄がパン作りにも表れているのが、同店の人気の理由の一つとも言えそうです。皆さんも、豊富な種類のパンからお気に入りを見つけに、『boulangerie coco de chou chou』を訪れてみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】

  • 店舗名:boulangerie coco de chou chou(ブーランジェリーココドゥシュシュ)
  • 住所:〒002-8021 北海道札幌市北区篠路1条4丁目7-3
  • 電話:011-769-0961
  • 営業時間:8:00~18:30(冬営業は変更可能性有)
  • 定休日:日曜日、第2・4月曜日
  • HP:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010201/1055466/