【北海道・札幌】平岡にある日常に溶け込んだケーキ屋さん『En prière』に行ってきた

札幌市営地下鉄東西線「大谷地駅」からバスで15分ほどにある『En prière (アン・プリエール)』自然豊かな札幌市・平岡地域にひっそりと立つ『隠れ家的ケーキ屋さん』がオープンしました。

4年目になる『En prière』

お菓子作りが好きだったオーナーの佐藤さんは、この道に進み14年のベテランパティシエ。
地元を離れ関東地方でパティシエとして10年間修行を積みました。元々豊平区西岡で出店されていた『En prière』。この度2016年12月16日、3周年と同時に平岡へと移転オープンしました!

自分に合ったケーキを探す

ケーキ屋さんでは「店名」を、一番オススメのケーキの名前にすることが多いそうです。『En prière 』の店名に入っている『プリエール』という名前のケーキを、何にしようか悩んでいた佐藤オーナー。もともとコーヒー専門店で働いていた佐藤オーナーが思いついたのは「コーヒー味」でした。佐藤オーナーが自ら探し見つけたコーヒー豆。そのコーヒーを飲んだ瞬間に『これだ!』と感じたそうです♪通常、コーヒー味のケーキはパウダーやシロップなどの製菓材料で作られているのですが、「En prière」のケーキはコーヒー豆から仕込んでいます。そのため、苦みや酸味が少ないので小さなお子様でも食べられるそうです!

深いコクのあるコーヒーと甘い生クリームがほどよく混ざり合い、コーヒーの香ばしい香りが一瞬にして口の中に広がります。『値段を裏付けるだけの腕前があります!』と佐藤オーナー自慢のケーキ。一度食べるととても幸せな気持ちになりますよ♪

予約していただければご要望に合わせてホールケーキも作ってくれます♪
『En prière』のケーキは層が多いのが特徴的だそうです。

『自分に合ったケーキを選んでいただきたい』という佐藤オーナーの想いが詰まった温かい雰囲気のお店です。また『En prière』では第3木曜日に「お菓子教室」をやっているそうです。
お菓子作りが好きな方は気軽に参加してみてください。

『En prière』に込められた意味

『En prière』(アン・プリエール)とは<祈りの中で・・・>という意味があります。
店名には、<ほっと一息つくその瞬間に。大切な人を想う時に。想い出をそっと懐かしむ時に。そこに想いのこもったお菓子がありコーヒーがあることを願います>という意味が込められています。

特別な日やお祝い事に食べる、スペシャルで非日常を味わえるケーキ。『もっと自分へのご褒美に食べたり落ち込んでいる時に食べたり、日常の中にこのお店があってほしい』と佐藤オーナーはおっしゃいます。皆さんも食べたい時に気軽に食べられる、日常に溶け込んだ『En prière』のケーキを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】

  • 店名:En prière
    住所:北海道札幌市清田区平岡5条2-3-5 グリーンヴィレッジ平岡1階
    電話:011-375-7642
    アクセス:札幌市営地下鉄東西線「大谷地駅」から2343m
    営業時間:10:00~19:00
    定休日:木曜日
    HP: https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010304/1054732/