【大阪・蒲生】「蒲生四丁目駅」通称「がもよん駅」からすぐ 伝説の中華やきそばが食べられる『梅蘭がもよん店』

城東区の中心、「がもよん」に横浜中華の名店がオープン!

「中華料理梅蘭」は、横浜中華街で30年近く続く老舗の中華料理専門店。
現在、本店のある横浜をはじめ、東京や大阪、岡山、福岡に17店舗を展開しています。

その「梅蘭」18番目のお店が「梅蘭がもよん店」で、今年3月26日にオープンしました。
場所は、大阪市営地下鉄今里金線と長堀鶴見緑地線の乗り換え駅、「蒲生四丁目」(通称がもよん)駅の真上。
「角屋がもよん駅ビル」の4階にあります。

店内は全83席あり、モダンでカジュアルな雰囲気の内装は、すべて横浜の本店によって企画されたもの。
中国伝統の味をベースにしながら、新しい中華料理の世界を提供する、梅蘭さんならではの世界を体現していると言えるでしょう。

味はもちろん、サービスもしっかりした「おもてなし」を

「ここに出店したのは、近隣に高層マンションができて人口が増加中であることに加え、近々、区役所や区民センター、図書館、福祉センターを一つにした複合施設が誕生し、人が多く集まる場所だと思ったから」と出店の経緯について話してくれた、店長。近隣に、飲食店、とくに中華料理店が少ないことから本格的な中華料理を楽しんでほしいというコンセプトで始めたそうです。

大阪の梅蘭は、がもよん店のほかに、近隣の京橋店をはじめ5店舗を展開していて、お互いに協力しながら味やサービスの質を高めているのだそうです。
梅欄は味とサービスには自信があり、おもてなしの精神を高めていっております。

一度は食べてみたい横浜の伝説、横浜中華街名物「梅蘭やきそば」

梅蘭おススメの一品と言えば、お店の看板商品となっている「梅蘭やきそば」です。
横浜中華街の名物料理としても有名で、一日に5,000食も完売したという伝説もあるほど。

その特徴は、お皿一面を覆うカリカリの焼きそば。それをお箸でくずしてみると、中には醤油味のあんかけに包まれた豚肉、モヤシ、タマネギなどのアツアツ、トロトロの具が登場!さらにその具の下には、やわらかい焼きそば麺が。
様々な食感で、本格的な中華の魅力を堪能できる嬉しい仕掛け。まさに「中華やきそばのミルフィーユ」といった世界です。

「梅蘭の味は、四大中華料理のひとつ、上海料理をベースにしつつ、日本のみなさんの志向に合わせて、油通しを極力せず、油分や塩分、さらに化学調味料も控えめに。その代わり新鮮な野菜をふんだんに使い、中国の家庭でよく使われてきた香辛料だけで、素材の味を引き出しているのが特徴です。ぜひ、やきそばをきっかけに、私たちならではの中華料理の世界を楽しんでほしいです。」
そんな梅蘭のオススメ料理を一部ご紹介します。

まずは、エビチリソース。
梅蘭自家製の豆板醤の辛さとトマトの甘みが絶妙な味わいです。

フカヒレの姿煮は高級フカヒレを丸々一つ使用した贅沢な一品。鶏ガラをベースに数十種類の香辛料と野菜を加え、じっくり煮込んで作り上げました。

このほか、5時間かけてじっくり煮込んだ豚バラ肉の醤油煮込みも人気!
ほっぺたが落ちるようなジューシーさをご堪能ください。

お昼時からファミリー層のディナーとオープンから2ヶ月で大人気の梅蘭がもよん店。
歓迎会など宴会の予約もできるようになったのでぜひご利用ください。

【オープン特典】

ここで、開店ポータルを見た人だけに、嬉しい特典!
今なら「開店ポータルを見た」と言って、「梅蘭やきそば」をご注文の方に、シューマイか小籠包、春巻のいずれかの点心一品をサービスします!

【店舗情報】

  • 住所: 〒536-0005 大阪府大阪市城東区中央1丁目13−18 角屋がもよんビル4階
    電話番号:06-6932-4288
    アクセス:大阪市営地下鉄今里筋線・長堀鶴見緑地線蒲生四丁目駅1番出口1分
    営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
    定休日:不定休
    HP:http://www.bairan-tougen.jp/