【北海道・札幌】バー初心者歓迎!カフェとしても気軽に立ち寄れるショットバー『Bar Style-J』

北海道札幌市北区。地下鉄北24条駅から歩いて3分。以前すすきので人気だった『Bar Style-J』が、2017年7月7日移転オープンしました。いいお酒をお手ごろ価格で楽しめて、いつまでいてもチャージ料金がかからないのが最大の魅力。落ち着いた空間で静かな夜を楽しめるお店です。オーナーの花輪さんにお話を伺ってきました。

挫折から気持ちを新たに移転オープン

花輪さんは接客業が好きで、バーテンダーのアルバイトを8年間勤めてこられた方。昼間は不動産会社と外国人向けの観光業も営んでいらっしゃいます。そんな花輪さんは、5年前にすすきので、この店舗の前身となる『Bar Style-J』を経営していらっしゃいました。その当時は飲み放題もするなどして、他店との競争も激しかったそうです。「安さを売りにしないと、バーの経営はできないのだろうか?」そんなバーの在り方に疑問を持った花輪さんは店をたたみ、しばらく休業していました。

その間不動産業と観光業を続けており、不動産業の繋がりでこの店舗が長年放置されていることを知ります。さらに、この土地には仲間も沢山いました。「ここなら理想のバー経営ができる。」と思った花輪さんは、ボロボロだったこの店舗を、友人のデザイナーの協力の元大改装。“いいお酒を安く提供できる理想のカフェバー”として、気持ちを新たに『Bar Style-J』を再スタートさせました。

朝まで飲んでもくつろげる店内

『Bar Style-J』のアピールポイントは、チャージ料金がかからず朝まで飲めること。深夜0時までに入店すれば、帰るまでお店を開けてくれるという、どこまでもお客様に寄り添ったお店です。だからこそ、居心地の良さは満点!
座り心地の良いソファーのあるテーブル席。カウンター席は、ムードの良いおしゃれな空間を演出。テレビではミュージックビデオなどが流れていて、ゆっくりした時間が流れます。
「お酒が飲めないから、バーには縁がないな…」そうお考えの方も大丈夫!コーヒーやウーロン茶などのソフトドリンクも充実しています。フードメニューもあるので、深夜までゆっくりできるカフェとしてもご利用できます。

パフェも登場!充実のドリンクメニューを紹介

おススメのカクテルは、“ゴージャスゴディバ(800円)”。ゴディバのチョコレートリキュールをフワフワに泡立てたミルクで割り、チョコソースとナッツをトッピングした、パフェのようなカクテルです。甘いお酒が好きな方には、ピッタリのカクテルとなっています。
もう一つ、甘いカクテルメニューをご紹介。“アドボカート・エッグノック(600円)”。こちらは、卵黄のリキュールをミルクで割った、“飲むプリン”ともいうべき、甘党さんにおすすめのカクテルです。ただし、しっかりアルコールは入っているため、美味しくても飲みすぎにはご注意を!

お酒やカクテルに自信がないという、バー初心者さんでもご安心ください。同店では、メニュー表にどんなカクテルかを細かく表記しています。だから「よく分からない横文字で、どんなお酒か選べない…」なんてことはありません。それでも自信がない時は、花輪さんに聞いてみましょう。親切に説明してくれますよ!

フードメニューには、お酒にぴったりの“Style-J特製ザンギ(400円)”。注文を受けてから作るので少々お待ちいただきますが、揚げたてのサクサクジューシーなザンギがいただけます。このザンギは、花輪さんのおばあちゃんの味。お酒のおつまみにはやっぱり肉が欲しくなりますよね。

ちょっと食事がしたいなと思ったら、こちらの“ホットサンド(400円)”はいかがでしょうか。こちらは、コーヒーとの相性ばっちり。熱々に焼けたパンの間からトロトロのチーズがとろけだす、小腹を満たすのにぴったりな一品です。

ここで嬉しい情報です。なんと、新たなメニューとしてパフェが登場しました!お酒で火照った体に、ひんやりパフェが気持ちいい!お酒のシメに、パフェはいかがですか。日替わりメニューなので「今日のシメパフェは何かな?」と、お店に行くのが楽しみになりますね。

居心地のいい場所として、長く愛されるバーに

今後の展開を伺うと「気軽に来られて、居心地のいい場所としてずっと続けていきたい。」と語る花輪さん。程よく人がいて、穏やかな時間が流れているのが、このお店のカラーなのかもしれません。バーが好きな方はもちろん、雰囲気を味わってみたい方、バーに行ったことがない方も、是非足を運んでみてください。お酒が飲めない方は、カフェとして自慢のコーヒーも味わえますよ。お客様それぞれの楽しみ方で、長い夜を過ごしましょう。

【店舗情報】