【東京・神楽坂】神楽坂駅から徒歩5分路地裏の隠れ家ケーキ店『パティスリー Petit Tomo プティトモ』に行ってみた。

神楽坂駅から飯田橋駅方面を歩くこと5分。早稲田通りから1本路地裏に進んだ先にあるケーキ屋さん「パティスリープティトモ」。取材を受けていただいたシェフパティシエの杉山さんは幼少期からパティシエになる夢をもち、1年間本場フランスで基礎を学び、帰国後、青山の伝統あるフレンチレストランBENOIT(ブノワ)をはじめ西新宿にあるミッシェル・トロワグロで修業を重ねました。その後カフェミッシェル・トロワグロでシェフパティシエとして勤めた後、自身のお店をもつという夢を叶え当店をオープンしました。

パティスリープティトモ

パリの陽気な雰囲気を感じさせる日差し溢れる店内

店内は吹き抜けの空間となっており、入口から厨房まで見渡すことが出来ます。仕切りが無いため、入口の扉を空けておくと焼きたてのいい匂いが外まで漂ってきます。匂いに誘われてお客様がいらっしゃることも。また、厨房がすぐ見え、ケーキの出来たてが分かるため、お客様から焼き立ての商品が欲しいとリクエストされることもあるそうです。気軽に店員さんと話すことが出来るアットホームな空間が感じられますよね。

パティスリープティトモ

イートインコーナーの台の高さは低めに作られているため、お年寄りや背があまり高くない女性でも食べやすいように配慮されております。またケーキと相性ぴったりの紅茶もおいてあり、足を休め一息つく空間としてはぴったりです。こちらの紅茶はフリードリンク制になっている点も嬉しいですよね。

パティスリープティトモ

お土産にぴったりな商品が沢山

店内の商品はフランス菓子を中心扱っており、ケーキはもちろんマドレーヌやマカロン等お土産にピッタリな商品も数多くあります。

パティスリープティトモ
パティスリープティトモ

素材はなるべく国産の物を使用しており、中でもチーズケーキは岡山の牧場から仕入れた新鮮なものだけを使用しているため毎日ある商品ではないそうです。訪れた際に店舗にあったからといって次回に持ち越してしまうと食べ逃してしまうかもしれないので要注意です。

パティスリープティトモ

また、杉山さんと修業時代を共にしたショコラティエの方が作ったショコラも用意されており、美味しいだけでなく見た目が可愛らしい商品のためプレゼントや自分へのご褒美にもぴったりですね。

パティスリープティトモ

地域の方に愛され続けるお店へ

杉山さんにお店をオープンして嬉しかったエピソードを伺ったところ「地元の方の来店が多いこと」だそうです。また、来店されたお客様自身から口コミ等でお店の情報を広めていただけているため、地域の方の愛情を日々感じているとのこと。これから、地元の方々に愛されるとともに、遠方からもお客様にも訪れていただけるお店にしていきたいという言葉を頂きました。アットホームな街のケーキ屋さんに一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

パティスリープティトモ

【店舗情報】

  • 住所: 東京都新宿区横寺町1-1
    電話番号: 03-5579-2450
    アクセス:東京メトロ東西線 神楽坂駅 徒歩5分
    営業時間:11:00-20:00 (土日祝日 10:00-20:00)
    定休日:月曜日 (祝日の場合、火曜日がお休みです)
    HP:https://patisseriepetittomo.wordpress.com