【北海道・札幌】女子会に最適!自然あふれる空間『Natural&Organicアリスの庭』に行ってきた

札幌市営地下鉄南北線さっぽろ駅から徒歩4分にある『Natural&Organicアリスの庭』は2017年5月11日に開店しました。北海道産のオーガニック食材にこだわり、料理は食材本来の味を堪能できるお店です。今回はマネージャーの大村さんにお話を伺いました。

オーガニックの母アリス・ウォータース

オーガニック料理の第一人者で「オーガニックの母」と言われる、アメリカのアリス・ウォータースをご存知でしょうか。40年以上前から有機農法に注目し、農家に働きかけ地産地消をコンセプトに「美味しい革命」を起こした料理家&食育研究家です。また、オーガニック食材を使用したレストラン『Chez Panisse(シェ・パニース)』のオーナーでもあります。『Chez Panisse』はオーガニック食材を使った料理が評判になり、アメリカでも中々予約が取れないことで有名で、世界的人気を誇っています。
そんなアリス・ウォータースの考えに共感した大村さん。「もっと多くの方に知ってもらいたい」という想いで、店名を「アリスの庭」にしたそうです。


目指すは日本一の飲食店

『Natural&Organicアリスの庭』が目指す場所。それは、「ナチュラル&オーガニック」に力を入れている、提携契約農家を日本中に広めること。まずは北海道内を中心に道産食材のオーガニックを浸透させ、そこから全国へ広めていきたいとのこと。そして目指すは日本一の飲食店!
「広大な大地に恵まれた北海道で、本物のオーガニックを届けたい。『オーガニック=美味しくない』を覆したい」と熱く語っていただいた大村さん。
お店のスタッフも食材提供に協力いただいた農家におじゃまして、農業体験をされたそうです。収穫作業に直接関わることで、食材1つ1つに対するこだわりや苦労などを感じられたと言います。生産者の目線や思いを肌で感じた経験が、「食べるということ」をより楽しく感じることの大切さへ繋がったそうです。

アリスの庭は全部がおすすめ

オーガニック野菜の他にもこだわりは数多くあります。厳選した調味料や身体にも良いと話題の素粒水、お肉も松橋農場が作る「松橋牛」を使用しています。「松橋牛」はサシを入れず、牛本来の健康体を維持し、赤身に特化した黒毛和牛肉です。ミシュランの星付きのお店や東京の某有名ホテルなどしか提供していない程のスペシャルなお肉が堪能できますよ。

一番人気は「豆乳入り冷製バーニャカウダ」。野菜の甘みが増す豆乳ソースに四季折々のオーガニック野菜はアリスの庭の看板メニューです!
店内の内装は「HANANINGEN PROJECT」で有名のフローリスト、Hikaru Seino氏がプロデュースしたデザインです。まるで、森にでも迷いこんだかのような自然にあふれる空間。デザイン性ある店内や美しい料理はインスタ映え間違いなしです!かしこまったお店ではなくカジュアルな雰囲気のバルなので、お値段もリーズナブルで、デートや女子会として利用するのにおすすめですね。

この度、待ちに待ったランチ営業も6月からスタートしました。
ぜひ皆さんもここ『Natural&Organicアリスの庭』に一度訪れてみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】

  • 住所:北海道札幌市中央区北3条西2丁目8 さっけんビル1F
    電話番号:011-206-9612
    アクセス:札幌市営地下鉄南北線さっぽろ駅から徒歩4分
    営業時間:17:00~24:00
    定休日:日曜日
    HP:http://alicenoniwa.com/