【東京・池袋】池袋で本場の沖縄料理が味わえる『OKINA和dining Branchu 』に行ってみた

JR池袋駅から徒歩5分で行ける本場の沖縄料理が楽しめるお店『OKINA和dining Branchu 池袋店』は、2017年4月にオープンしました。店長である石井さんは、もともと飲食店を経営されていました。そんな中、中学校からの付き合いであるオーナーさんと「いつか一緒のお店を出したい」という思いがあったそうです。そしてその思いを実現させたお店がこちらの『OKINA和dining Branchu 池袋店』です。本店は沖縄にありますが、店長石井さんの地元である池袋で出店したいという強い気持ちから池袋に出店することになりました。駅からすぐ近くにあるので気軽に行けるのもいいですね。

本場沖縄にいるかのような空間

店内は色彩豊かで沖縄にいるかのような雰囲気ながら、シンプルで落ち着いた空間になっています。席数は約30席近くあり、貸し切りなども対応しています。またコースなども用意されており2時間コースと2時間30分コースがあり飲み放題付で提供しています。池袋には沖縄料理屋が少ないため貴重なお店ですね。

おすすめ料理は“苦くない”ゴーヤチャンプルー

料理は店長である石井さんがすべて調理しています。中でも一番のおすすめ料理はゴーヤチャンプルー。なんとこちらのお店のゴーヤチャンプルーは苦みがなく、ゴーヤ料理に苦手意識を持っている方でも美味しくいただける特別仕様。ゴーヤは一度塩もみをして時間を置き、その後お酒でよく洗い最後に水洗いをするなどして手間をかけています。手間をかけているからこそ苦みがなく食べやすいものになっているお客様想いの料理です。


メニューは沖縄の本店とほぼ同じで、本場沖縄の味が池袋で気軽に食べられます。ゴーヤなどは栄養豊富なので是非食べてほしいと店長はおっしゃいます。店内で味わえる沖縄食材は現地直送のこだわり仕様。また野菜もすべて国内産なので安心して食べられます。他にも紅芋サラダや静岡の沼津直送の干物などがあり、店名に「和」の名があるように、和食も楽しめます。

ハブ酒など沖縄のお酒も楽しめます

『OKINA和dining Branchu 池袋店』では、泡盛やハブ酒といった沖縄のお酒からカクテルなど一般的なお酒まで幅広く楽しむことができます。お酒の中で一番人気はハブ酒。通常のハブ酒は瓶の中にハブ1匹が入っていますが、こちらのお店では丸々2匹入っている豪華な仕様。ハブ酒を使ったハイボールなどもあるそうです。泡盛は沖縄から取り寄せているとのことで、沖縄名酒を沖縄に行かなくても池袋で味わうことができますよ。

味に自信あり!池袋で本格的な沖縄料理を味わってください

『OKINA和dining Branchu 池袋店』では、本格的な沖縄の料理やお酒をいただくことができます。栄養豊富なゴーヤなど健康志向なお料理が売りで、本格的な沖縄料理はもちろん、和のテイストを取り入れ、沖縄の独特な味が苦手、という方にも食べやすくなっています。
「味には自信を持ってやっているのでぜひ一度足を運んでください」と笑顔で話す店長の石井さん。日替わり・週替わり料理もあり、来るたびに違う料理が楽しめるので、何度も通ってみたくなりますね。沖縄料理が食べたい!健康的で栄養豊富なものが食べたい!そんな方は是非『OKINA和dining Branchu 池袋店』に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】

  • 住所:東京都豊島区池袋2-2-4
    電話番号:03-5956-2569
    アクセス:JR池袋駅 徒歩5分
    営業時間:ランチタイム 11:00~14:00
    ディナータイム月~木 17:00~翌1:00/金~土 17:00~翌2:00
    定休日 :日曜日
    HP  :https://www.facebook.com/ikebukuro.branchu/