【大阪・天王寺】老若男女問わず虜になる味を追求!『国界』あっさり系スープで大阪一を目指すラーメン店

冬…ラーメンの美味しい季節到来!ということで、2017年9月25日にオープンした『国界』を訪れました。こちらのお店は、天王寺駅から徒歩8分のところにあります。店の前に立てかけられた看板には、“鶏ガラのみで取った琥珀色のスープです。老若男女問わず食べられるラーメン”と書かれています。一体どんなラーメンなのか気になりますね。今回はオーナーの小林さんにお話を伺いました。

ラーメン店の息子として

実家がラーメン店だったため、ラーメンに関しては人一倍愛着を持って育ってきたという小林さん。16歳から創作料理の居酒屋で働き始め、料理の道へと進みます。その中でラーメンを選んだ理由はというと「大阪に美味しいラーメン店が1軒もないと日々感じていたから。」とのこと。ならば自分で作ったラーメンをお客様に出したい…そんな小林さんの想いが叶い『国界』の出店となりました。「自分が作るラーメンが1番美味しい。」という自負のもと、今日も小林さんは昔ながらのラーメンの味を守っています。

大人の雰囲気漂う店内

店内は白・黒・グレーを基調とした、カジュアルな大人の雰囲気です。清潔感もあり、女性おひとりのお客様も気軽に入りやすくなっています。席は、カウンター10席、4名座敷が2つ、2名卓が2つの計22席です。広々とした店内で、ラーメンに舌鼓を打ってくださいね。

リーズナブルなラーメンが大好評

▲ラーメン(750円)

スープが自慢の同店では、リーズナブルに食べられる各種ラーメンが大好評です。まずは人気No.1の、“ラーメン”のご紹介です。年齢問わず、誰でも美味しく食べられるようにと開発されたスープは、あっさりとした醤油味。そこに加えて鶏ガラをベースに、チャーシュー・白ネギ・メンマ・豆苗・海苔・ナルトなどをトッピングした一杯となっています。

なお各種素材にもこだわっており、鶏ガラは徳島県と岐阜県からのお取り寄せで、スープは最後の一滴までゴクゴク飲めると評判です。麺は山梨県産小麦粉を100%使用し、八々岳南麓の湧き水で練り上げた“横内製麺”を使用。しなやかでモチモチとした食感が特徴です。その味は、毎秋山梨で行われている郷土料理・ほうとうの県下一位を決する、“昇仙峡ほうとう味くらべ真剣勝負”でも準優勝を獲得したほど。チャーシューは甘めの味付けで豚肉のクセを消し、旨味を最大限に引き出しました。

▲ねぎラーメン(850円)

大きく切られた青ねぎがたっぷりのった“ねぎラーメン”は、“ラーメン”をベースに青ねぎの旨味が溶け出したスープはまさに絶品です。そのスープによく絡むのが前述の細麺。つるつるっと口へ運ぶことができます。青ねぎの香りが食欲をそそること間違いありませんね。また、トッピングをつけるのもおすすめ。モチモチの細麺と自家製トッピングは味ともに満足度100%!ぜひ注文してみてくださいね。

次なる目標に向かって

「一度食べたら気に入ってもらえると思うので、ぜひいらしてください。」と小林さん。今後の目標は、この店舗を繁盛させて経営を拡大させること。そしてメニューも増やしていきたいそうです。

さらなる目標に向かい飛躍を続ける『国界』。是非、“老若男女問わず食べられるラーメン”の味を確かめに足を運んでみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】

  • 店舗名  国界
  • 住所   大阪府大阪市天王寺大道2-11-6
  • アクセス 天王寺駅から徒歩8分
  • 電話番号 06-6776-8819
  • 営業時間 11:30〜15:00/17:30〜20:30
  • 定休日  日曜日・祝日