【北海道・札幌】極上鯛出汁ラーメン『ラーメン ノボリザカ』に行ってきた

札幌市西区山の手の宮の沢通りに面する『ラーメン ノボリザカ』は2017年4月29日にオープンしました。こちらのお店は札幌では珍しい鯛出汁ラーメンがおすすめのラーメン屋です。今回は、店長の宮下さんにお話を伺いました。


昔からラーメンが大好き

店名の「ノボリザカ」の由来は近くに山が多く、お店の先に緩やかな坂道が続いている地形だったので直感で「ノボリザカ」と決められたそうです。「正直、場所はどこでも良かったんです。どれだけ美味しいラーメンを作れるのか。ただ純粋に好きなラーメンを作りたかっただけなんですよね」と語ってくれた宮下さん。昔からラーメンが大好きでラーメン屋をオープンすることが夢だったそうです。

ラーメンの原点

千葉県にあるラーメン専門学校で、ラーメンの基礎からスープ作り、オリジナルレシピの考案まで全てのノウハウを学びました。中でも思い出深いのが、東京の人気ラーメン店『いつ樹』や『鮮魚らーめん 五ノ神水産』を手掛けた方の授業です。この2店舗では「鯛の出汁を使ったラーメン」を推し出していました。この“鮮魚系ラーメン”との出会いは衝撃的だったと言います。そしてこの出会いこそが、宮下さんのビジョンが決まった瞬間でした。それは、札幌では珍しい鯛出汁ラーメンを広めていくこと。「数あるラーメン店の中で、ここのラーメンを食べに来てくれただけで『ありがとう』しかないです」と常に感謝の気持ちを感じている宮下さん。これからどんどん味を追及し、1人でも多くのお客様に「美味しい」と言ってもらえるラーメン店を目指しています。

コンセプトは鯛を使ったラーメン

『ラーメン ノボリザカ』のおすすめは濃厚鯛出汁ラーメン。スープには愛媛県産の鯛を凝縮し、鶏ガラ、モミジ(鶏足)、豚肉の背ガラをブレンドし、長時間強火で加熱することで濃厚な旨味を作り出しています。麺は2種類の粉を使った特注の麺を使用。トッピングは、やや赤身がかったチャーシューや分厚いメンマなどが特徴的でスープとの相性も抜群です。アクセントとしてレモンを添えており、鯛の香ばしい香りとともに鼻を抜けていきます。手間がかかる分、味には自信あり!と胸を張る宮下さん。
来店されるお客様は仕事の休憩中の方やファミリー、近所の方が中心だそうです。札幌では珍しい鯛出汁ラーメンの味にハマり、リピートされる方が続出中なのだとか!
「僕が美味しいって思うラーメンを出しています。僕が作るラーメンを多くの方に『美味しい』と共感してほしい」とお話してくれた宮下さん。

無類のラーメン好きの店主が作りだすラーメン。鯛出汁ラーメンは初めての味だと感じる方がほとんどではないでしょうか。

是非皆さんも初めての味“鮮魚系ラーメン”との衝撃の出会いを経験しに訪れてみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】