【北海道・恵庭】道内初! 屋内水耕野菜のあるお店『Re:Leaf』

北海道の玄関口・新千歳空港から電車で約20分の位置にある恵庭市。
 2017年5月にオープンしたカフェレストラン『Re:Leaf』は、JR恵庭駅から歩いて10分の閑静な住宅街の中にあります。

料理は新鮮な野菜をメインとしたサラダや自家製のグリーンスムージーなど
豊富なラインナップで、店内は落ち着いた雰囲気です。そんな『Re:Leaf』の魅力をご紹介します。

店内で野菜を人工栽培! 道内初の屋内水耕野菜工場併設カフェレストラン

店内に入ってまず驚くのは、この室内水耕栽培の設備。水耕栽培とは、野菜や果物を育てる際に土を使わず液肥で育てる栽培方法です。小さなスペースでも効率よく栽培ができ、虫や雑菌などがつきにくいため衛生面でも優れています。水耕野菜栽培工場の中では、スタッフが防菌服をまとい、衛生面に十分配慮しながら作業していました。

店内で栽培しているものは、リボンレタス、ロメイン、ルッコラ、レッドマスタード、グリーンマスタード、ターサイ、デトロイトの計7品。リボンレタスは300円(税込)で、それ以外の野菜はセットで300円(税込)という価格で販売しています。

野菜は採れたてのため、どれも新鮮。地元住人からの人気も高いため、常に品薄状態となっています。

私もレタスを購入して食べてみたところ、水々しさとシャキシャキとした歯ごたえが十分、かつレタス独特の苦みがないため美味しく食べることができました。

▲Re:Leaf特製のグリーンスムージーは、店内飲食の場合518円、テイクアウト350円、料理とセットの場合は324円(すべて税込)

採れたての野菜は、店内でグリーンスムージーとしても販売しています。味は果物の香りが強く、野菜の苦みを感じることはありませんでした。そのため、野菜嫌いな方や健康意識の高い方にもよく飲まれているそうです。

グリーンスムージーのメニューは、スタッフが他店のグリーンスムージーを飲み比べし、ジューサーの種類や素材などに徹底的に拘って研究開発したそうです。

店内で育てた新鮮野菜を使ったこだわりの料理

▲Re:Leaf風チョップサラダ(ランチセット税込1,382円 ※スープ・デザートアイス付き)

Re:Leafでは、道産食材を使った料理が食べられます。特に写真のチョップサラダは、同店で一番人気の商品。近年、日本でも流行し始めたニューヨーク発祥のこの一品は、サラダをメインディッシュとして食べる文化から生まれました。

野菜がはじめから小さくカットされているため、ナイフを使う必要がなく手軽に食べることができます。野菜を多く食べられるため、野菜好きの方や健康志向の方を中心に注目を集めています。

Re:Leafでは“クラッシュチキンのチョップサラダ” “海老とアボガドのチョップサラダ” “トマトとサルサソースのチョップサラダ”の3種類があります。

▲鉄鍋ナポリタンRe:Leaf風(ランチセット税込1,382円 ※Re:Leaf水耕野菜のフレッシュサラダ ・スープ ・デザートアイス付き)

次にオススメなのが「鉄鍋ナポリタン」。
 熱々の鉄鍋に特製のナポリタンソースを絡めた一品。付け合わせのサラダは、もちろん店内で育てた新鮮な野菜を使用しています。

▲水耕野菜畑のオムライス(ランチセット税込1,382円 ※スープ・デザートアイス付き)

こちらは、「水耕野菜畑のオムライス(トマトソース)」。
 トロトロの卵のベールに包まれたチキンライスと一緒に口に入れると格別です。卵は近郊の養鶏所から送ってもらった新鮮なものを使用しており、店内栽培の新鮮な野菜をたっぷり盛り合わせた、彩りも美しい一品です。

開業の経緯「健康診断だけでは“健康”は成立しない」

Re:Leafの開店の経緯などについて、株式会社アグリーズム取締役・高田真臣さんにお話を伺いました。

——Re:Leafの開業についてお伺い致します。カフェレストランと水耕野菜栽培工場を併設した施設をつくろうとした理由は、なんでしょうか?

「実は、親会社が健康診断の事業をやっていまして、そこでもともと食事の指導を行っていました。そこで、ふと思いついたんです。自分たちが無農薬で安全・新鮮な野菜を育てて、健康面から配慮した料理をお客様に提供するレストランをやってみてはどうかと」

「はじめは、農地を借りてハウス栽培で野菜を育ててみようとしましたが、北海道の冬の寒さの問題や農地を借りる様々な障壁、また安い農地を借りるとどうしても人が僻地になってしまうことから集客面でも問題があることがわかり、農地を借りることは断念しました」

——そこで、水耕野菜栽培を始めた、と。

「はい。模索していく中で、屋内型水耕栽培であれば小スペースかつ住宅街でも農業をできることがわかり、現在の形になるまで準備を進めてきました」

——健康診断の会社がレストランを始めることに、躊躇ありませんでしたか?

「私たちは、ただ診断を行って結果を伝えるだけで終わるのではなく、運動・食事・人間ドックがすべてセットでなければ健康が成立しないというコンセプトで会社が始まっています。そのため、食から健康を支えるRe:Leafの設立は、私たちにとっては自然な流れですね」

今後の展望について

——今後の展望を教えてください。

「今後は、店内で育てた無農薬野菜を使ったメニューをもっともっと増やしていきたいですね。例えば、無農薬レタスのサンドイッチとか。あとは、バリアフリー化して足が不自由な方でも利用できるようにして、より多くの方に来店してもらえる店づくりをしていきたいと思っています」

さいごに

今回Re:Leafの取材を通じて、“人工水耕栽培”にかける想いと、衛生面・健康に配慮しながら“食からお客様に健康になってもらいたい”という強い思いをとても強く感じました。

楽しく、美味しく健康になりたいという思いのある方は、ぜひお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

■文、写真・ミトモナオ

【店舗情報】

  • 店舗名:Re:Leaf
  • 住所:北海道恵庭市黄金南1-26-10
  • 電話番号:0123-25-3788
  • 営業時間:[ランチタイム]11:00~15:00
    [カフェタイム(土日祝日のみ)]15:00~17:30
    [ディナータイム]17:30~20:00(土日祝日は~20:30)
    ランチ営業、日曜営業
  • 定休日:水曜日
  • HP:http://www.releaf-eniwa.jp