【東京・六本木】最先端のアートが集まる街、六本木にあるカフェ『GALLERY&CAFE CAMELISH』とは?

今年4月、国立新美術館と森美術館のあいだに『GALLERY&CAFE CAMELISH』がオープンしました。文化女子大学造形学部出身(現:文化学園大学)でもある店長の東さんにお話をうかがいました。

キャメリッシュ

鑑賞のしやすさを意識した空間づくり

キャメリッシュ

『GALLERY&CAFE CAMELISH』は、東さんが大学に通っていた20歳の頃から思い描いていた理想のギャラリーカフェを体現したお店だそうです。店内は差し込む外の光と照明で明るく、天井も高いので広々とした印象を受けます。また、「展示スペースをなるべく広く取りたい」という東さんの希望通り、壁一面に作品を飾ることが可能になっています。

キャメリッシュ

展示されている作品は、「アーティストと一般人の垣根をなくす」というCAMELISHのコンセプトに沿った方であれば、プロ・アマ問わずどなたでも無料で展示をすることができるそうです。店内の展示作品は個展やグループ展などで4週間ごとに変わるので、作品の作り手も、アートを鑑賞したい方も何度も足を運んで楽しむことができます。
※作品展示をご希望のかたはCAMELISHの公式サイトよりお問い合わせください。

ポーランドの老舗ブランドの陶器

紅茶

店内の装飾や小物類、食器などは東さんご自身でこだわりをもって用意されたもので、食器に関しては東さんのお母様の母国、ポーランドのCeramika Artystyczna(ツェラミカ アルティスティッチナ)という老舗ブランドのティーポットとカップを使用しています。

空間だけじゃない!食へのこだわり

カレー

東さんオススメのランチメニューが、20種類のスパイスと調味料をブレンドした『バターチキンカレー』こちらはお好みでパクチーを加えることもでき、今、一番人気のメニューだそう。他にも、シェフがこまめに新メニューを提供しているので常連のお客様にもご満足いただけます。

MUSICATEA

紅茶に関しても大阪府堂島発祥のMUSICATEAから仕入れており、10種類から選ぶことができます。

アートを身近に感じてもらいたい

日本で“アート”に触れる機会は海外に比べて、まだまだ制限されていて、アーティスト側にしても有名になっていくためにはお金もかかるし、狭き門をくぐり抜けないといけないというのが現状です。「CAMELISHで無料展示を通して夢を叶えてもらえれば・・・」と東さん。アートがもっと身近なものとして感じられる、そんな素敵なお店に足を運んでみてはいかがでしょうか?

【店舗情報】

キャメリッシュ
  • 店舗名 [ GALLERY&CAFE CAMELISH 六本木店]
  • 住所  [東京都港区西麻布1-3-6 アゼリアビル1F]
  • 電話番号[03-5770-3843]
  • 営業時間 11:30~23:30
    LUNCH 11:30~14:30 L.O.
    DINNER 17:00~22:30L.O.
  • 定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日休み)
  • HP  [http://www.camelish.jp/]
  • instagram[https://www.instagram.com/g_c_camelish/]