【北海道・札幌】札幌市手稲区の、まるでカフェのようなおしゃれなラーメン屋『麺屋そらともり』に行ってきた

札幌市手稲駅から車で8分ほどのところに、おしゃれなラーメン屋『麺屋そらともり』が2017年3月21日にオープンしました。店名には、「自然の中で自由な味を楽しんでもらい、お客様を豊かにしたい」という意味が込められています。今回は、店長の林さんにお話を伺いました。

そらともり

元カフェの雰囲気を残すおしゃれなラーメン屋

お昼はサラリーマンや地域の方でにぎわい、林店長の母校である北海道科学大学が近くにあるということで、夜はお腹を空かせた学生や先生方もこぞって来店されるのだそう。土日はファミリー層も多く、キッズスペースも設置してあるので小さいお子様と一緒でもくつろげます。

まるでカフェのような店内ですが、実はこちらの物件の大家さんは10年以上前にカフェをやられていたそうです。カフェをたたんでから、かなり年数が経っていますが、皆さんこの内装を気に入って今でもほとんど当時のままになっています。一見するとラーメン屋とは思えないおしゃれな店内は雰囲気も良く、女性のお客様で埋まる日もあるそうですよ。

そらともり
そらともり

目指すは“食わせる麺、食わせる食事”

札幌ラーメンといえば濃厚な味噌味が有名ですが、『麺屋そらともり』では、しょっぱめのスープが推しの醤油ラーメンがおすすめ!鶏豚(チートン)を使った白湯スープと、1か月近く寝かせて旨味を引き出した魚介系の醤油ダレが味の決め手です。
醤油ラーメン以外にも、全てのスープが濃いめに作られているため、スープまで飲み干せる方は少ないそう。

味玉熟成醤油ラーメン

そらともり

「なぜ濃い味にしているかというと、サラリーマンや学生さんのお客さんが多いので、がっつり食べてもらってお腹いっぱいになってもらいたいからなんです。しょっぱいけどうまいな、と言ってもらいたいですね。」と語る林さん。お腹いっぱいになってもらいたいという言葉通り、ランチだとチャーシュー丼が100円、ネギマヨチャーシュー丼も120円と超お得!美味しさとボリュームにハマり、すでに週2回は食べにくる業連さんもいらっしゃるのだそう。

味噌ラーメン

そらともり

塩ラーメン

そらともり

一生一店舗!

林さんのご両親も、北海道大学の近くで『和菜 こうりん亭』という居酒屋を営んでいるそうです。地域のお客さんから愛されているご両親の姿を見て、同じ飲食業界の道を進むことを決めました。

そらともり

今後の展望を伺ってみると、「店舗展開はしないで、死ぬまでこのお店でやっていきたいですね。『一生一店舗』が理想。」と、想いを語る林さん。ご両親のように、地域のお客さんが来てくれる喜びを常に忘れないよう、恩返しをしていきたいと言います。
お腹も心も満たされに、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

そらともり

【店舗情報】

  • 住所:札幌市手稲区前田6条14丁目2-7
    電話番号:011-215-8144
    アクセス:手稲駅から1,115m
    営業時間:ランチ  11:00~15:00
    ディナー 17:00~21:00
    定休日:月曜日 祝日と重なった場合は営業、翌日休み

関連タグ