【北海道・白石】札幌市営地下鉄南郷7丁目駅から徒歩5分!一皿で3か国の味を楽しめるカレー専門店『トーキョーナマステアロイカリー』にいってきた

札幌市営地下鉄南郷7丁目駅から徒歩5分ほどの本郷通り商店街にある『トーキョーナマステアロイカリー』。今回は、カレー屋で20年以上働いているというスタッフのパルカースさんに取材をさせていただきました。

本郷通りで本格カレーを楽しめる

ネパールで10年近くカレー屋を経営されていたというパルカースさん。「カレーのお店を日本でも出店したい!」という想いから、東札幌で1号店目の『ジュンタラカレー』を出店。日本では、15年間カレー屋に携わっていたと言います。
東札幌店に食べに来てくれる知人から、「本郷通りにはカレーのお店が少ないので、ぜひ出店してほしい」という要望に応え、現店舗の元となる2号店をオープン。
4月15日に『トーキョーナマステアロイカリー』としてリニューアルしました。

トーキョーナマステアロイカリー
トーキョーナマステアロイカリー

「お客さんが来てくれるので、いつも嬉しいです!」と笑顔が素敵なパルカースさん。

ライスとナンはおかわり自由ということで、ランチは特に男性の方が多いみたいです。
土日は家族連れも多いそうで、気軽に足を運べる雰囲気のお店ですね♪

トーキョーナマステアロイカリー

3か国のカレーを楽しめる『三角カレー』

皆さんも、本場のカレーの味が気になりませんか?

店名の『トーキョーナマステアロイカリー』とは、『トーキョー』=日本カレー、『ナマステ』=ネパールカレー、『アロイ』=タイカレー、という意味。一皿で日本・ネパール・タイと3か国のカレーを楽しめる三角カレーが魅力的!

トーキョーナマステアロイカリー

三角カレー

見た目も可愛らしく、3種類の味を楽しめてお得感満載。
どのカレーを食べるか迷ったら、まずはこの『三角カレー』からどうぞ!

4時間煮込んだ野菜と32種類のスパイスが作る別格の味わい

『トーキョーナマステアロイカリー』のカレーは、野菜を4時間煮込んだダシと32種類のスパイスが使われ、別格の風味ととても優しい味になっているのだそう。お客さんからは「いくら食べても重たくない!」と言われることも多いんだそうです。

中でも特におススメなのが、トマトをベースにした甘酸っぱい『バターチキン』

トーキョーナマステアロイカリー

バターチキン

さて、カレーといえば、やっぱりナンですよね!
『トーキョーナマステアロイカリー』のナンには8種類のスパイスが練り込まれ、食感はとてもフワフワなんだそうです♪

札幌ではここでしか食べられない『ゴールドナン』も大人気。
卵にスパイスを入れているので、とても香りが良いんだそうです。

トーキョーナマステアロイカリー
トーキョーナマステアロイカリー

北海道で人気のスープカレー。
こちらの『スペシャルスープカレー』も具材がたっぷりで美味しそうですね!

トーキョーナマステアロイカリー

ネパールでも愛された本格カレーを食べに、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

OPEN特典!
開店ポータルを見てご来店いただいたお客様には、
【6月末まで】ドリンク一杯サービス!

この機会にぜひ訪れてみてください♪

【店舗情報】

  • 住所:北海道札幌市白石区本郷通8丁目北7-1 山口ビル1階
    電話:011-598-1417
    アクセス:札幌市営地下鉄「南郷7丁目駅」から徒歩7分
    営業時間:11:00~21:00
    定休日:火曜日
    HP:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010301/1055427/