【宮城・仙台】青葉通一番町駅徒歩3分、カジュアルに通えるコーヒーとお菓子のカフェ『darestore』

青葉通一番町駅からすぐにある、ビルの3階にお店を構えるカフェ『darestore(デアストア)』こちらのお店では本格的なコーヒーやお菓子を堪能できます。今回はコーヒー専門店で10年のキャリアを持つ代表の寺澤さんと、共同代表の石山さんにお話を伺いました。

カジュアルで日常的に使える空間へ

店内は落ち着いた雰囲気でゆっくりできる空間が広がっています。もともと喫茶店だった場所の良いところを残し、さらに自分たちで改装した、こだわりの内装だそうです。15人ほど入れるスペースがあり、注目は大きな2つのテーブル。

これは、代表がかつて訪れたオーストラリアで感じたことがきっかけとのこと。オーストラリアには個人経営のカフェが多く、そこは客同士が挨拶を交わしたり、一緒に朝ごはんを食べたりと「地域の交流の場」としての役割も担っていたそうです。
店名の「デア」には「挑戦」という意味があり「オーストラリアのようなカフェを仙台に作り楽しい街にしたい」という“挑戦の象徴”が、この大きな2つのテーブル。「お客様が大きなテーブルを囲むことで、コミュニケーションが生まれ、日常に溶け込むようなカフェにしていきたい」という代表の思いが込められています。

昼間はカフェ、夜はバー

営業時間は、朝7時から、夜は通常は23時、金曜日は0時まで。18時にメニューが切り替わり、夜はバーとしてアルコールやおつまみも頂けるとのことです。
コーヒーは焙煎から行い、焼き菓子なども全て自家製。また、調理しているところをお客さまから見ることができ、質問などがあれば是非聞いてほしいとのこと。「距離感の近さを感じてもらえれば嬉しい」と笑顔で話してくれた代表の寺澤さん。また、一日中本格コーヒーを飲める場所として、コーヒーお目当てのお客さまも多いそうです。

お店の味をご家庭でも

『darestore』の最大の魅力はお店で使っているコーヒー豆をその場で購入することができること。お店でこだわりをもって厳選しているコーヒーを、是非お店以外でも味わってもらいたというスタッフ全員の想いから販売に踏み切りました。豆を買い求めに来店されるお客さまもとても多いそうです。ご家庭でホッとしたひと時を過ごす時間のお供にしたり、会社での息抜きの時間に飲んでみたり、どこでも気軽に感じる事ができる身近な味になっていくのも幸せなんだとか♪

おすすめスイーツはバナナブレッド

『darestore』の焼き菓子で一番の人気はバナナブレッド。ほんのり焦げ目がついた焼き具合で、風味豊かなものになっておりコーヒーにもよく合います。また、持ち帰りも可能なのでご家庭での朝食として食べるのもいいですね!トースターなどで表面がカリっとなるくらいまで焼いて、マーガリンやバター、はちみつなどを添えてアレンジして食べるのもオススメなんだとか♪
マフィンも通常のマフィンの大きさよりも大きく、まんべんなくチョコが入っていてこちらも贅沢な味わいになっています。

また、クッキーにもこだわりが!卵未使用の“アンザッククッキー”は、もちっとしっとりとした食感がたまりません。“チョコチップクッキー”は、本当にどこを食べてもチョコがまんべんなく入っていて、どちらもコーヒーにとても良く合います。そのほか、チーズケーキも自慢のコーヒーのお供にオススメですよ♪

朝から夜まで一日中本格コーヒーが味わえます

日常に溶け込み交流場所となってほしいとの思いからオープンした『darestore』絶品のコーヒーが朝から夜まで楽しめます。
「どんな過ごし方もできる場所です。ゆっくりくつろいでもらうも良し、気分転換するも良し。美味しいコーヒーと食べ物を準備しいるので様々なシチュエーションで使っていただきたい」(寺澤代表)「どなた様とでも、おひとり様でも、気軽に来てください。カジュアルな感じで「朝コーヒー」「朝ごはん」など、ここから1日が始まる良さもオススメです。」(石山代表)と代表のお二人は言います。
客層は高校生からお年寄りまで老若男女問わず幅広く来ているそうです。様々なシチュエーションで気軽にお店に行ってみると、素敵な店員さんと香ばしいコーヒーの香りがお出迎えしてくれますよ♪

【店舗情報】

  • 店舗名  darestore
  • 住所   宮城県仙台市青葉区一番町3-11-27 かねはち一番町ビル 3F
  • アクセス 青葉通一番町駅徒歩3分
  • 営業時間   7:00〜18:00(カフェ) 18:00〜23:00(バータイム)
    ※金曜日は 18:00〜24:00
    ※日曜日は8:00〜18:00(バータイム定休)