【大阪・なんば】ミナミの『シェルネルなんば』は女子目線で作られた快適カプセルホテル!

カプセルホテルの発祥の地・大阪。ですが、大阪のカプセルホテルはまだまだ男性向け。そんな中、女子が安心して快適に泊まれる『シェルネルなんば』がミナミに誕生しました。「都会の“SHELL(貝殻)”で安心の“NELL(寝る)”を」という新しいスタイルをコンセプトに開業したこちらのホテル。低価格・安心・快適・カワイイを兼ね備えた欲張りな女子にぴったりのカプセルホテルをご紹介します。

観光の拠点にベストな立地

シェルネルなんばは堺筋に面しているので、初めての人でも見つけやすいのも嬉しいポイントです。このあたりはミナミの中でも、黒門市場やヲタロードが近い日本橋寄りのエリア。大阪観光の王道は既に遊び尽した人の、一歩踏み込んだ大阪旅にもぴったりな場所にあります。オシャレな外観も道行く人の注目を集めています。外から見える空間は宿泊者の専用ラウンジ。いつでも自由に使ってOKです。壁一面には漫画家・横山裕一氏の作品が楽しめます。フロント横にはスーツケース保管スペースが。チェーンロックも用意されているので、大きな荷物の旅行者にとっては便利なサービスです。

宿泊者専用ラウンジではアルコールも楽しめます。外で飲むより気軽でリーズナブルなのが嬉しいですよね。近くのコンビニで買い込んでラウンジでのんびり過ごす人も多いのだとか。通りに面したカウンター席にはコンセントの差し込み口が沢山設けられていますので、ここでパソコン作業をする宿泊者もチラホラ。

セキュリティで安心の男女別フロア

女性も男性もそれぞれのフロアにはリストバンドがないと入れないシステムで、セキュリティもバッチリ。リストバンドはロッカーキーにもなっています。ロッカー内には、部屋着、アメニティ(歯ブラシ・バスタオル・フェイスタオル・スリッパ)が用意されています。

提供写真:シェルネルなんば

女性用パウダールームは使いやすくて清潔です。アメニティは、クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液が用意されているので、家から持って行く必要はありません。これだけでも女子の荷物はぐっと減りますね。シャワールームのシャンプー・コンディショナーは4種類から好みのものが選べるシャンプーバーになっています。カプセルホテルなのに“ミキモト”のシャンプー・コンディショナーもラインナップ。気になる方は是非一度使ってみてくださいね。シャワールームもとても使いやすくできていて、脱衣スペースの棚や大きなタオルかけが女子には何かと便利です。

最新設備のカプセル

『シェルネルなんば』は低価格な料金設定ながら、最新式の不燃パネル構造カプセルが使用。フロアには高性能空気清浄器「マジックボール」も設置されており、安全性・快適性が抜群。今まで「カプセルはちょっと…」と二の足を踏んでいた人にも利用しやすい施設です。

カプセルは鍵はかかりませんが、しっかりとした素材のブラインドが閉められるようになっています。寝具は防炎・羽毛仕様で快適です。もちろん照明、コンセント、USB端子が完備されているので、スマートフォンなどの充電の心配もいりませんね。

上下セパレートのルームウェアにはシェルネルのロゴが入っています。かわいいだけではなく、着心地も抜群。カプセルの中でかなり寛げる仕様になっています。

宿泊者に合わせて進化するサービス

開業時から設備や基本的なサービスは変わりませんが、宿泊者の声を取り入れて小さな改善を積み重ねる『シェルネルなんば』。カプセルに慣れない宿泊者の「音が気になる」という声に応えてフロントに無料の耳栓を置いたり、当初用意していなかったT字カミソリを女性フロアにも用意したり。「ノーメイクだし着替えるのも面倒なので一歩も外に出たくない」という女性の声にも応えて、今後は専用ラウンジにドリンクやスナックの自販機を置くことも検討中だとか。「今後もどんどん改善を重ねて、女性が快適に過ごせるカプセルホテルを極めたいですね。」と、担当の米原さんは話してくださいました。

■文、写真・みぃ

【店舗情報】