【東京・板橋】笑顔あふれる『ShowRoomCafe すまいる』で、楽しい交流を♪

東京・東部練馬にある中尾建設工業株式会社の1階には、同社のショールームに併設されたお店『ShowRoomCafe すまいる』があります。こちらは障がい者の社会参加を目的とした地域交流の場として、ワークショップや各種講座、コンサートなどを行っているカフェです。今回は、『ShowRoomCafe すまいる』を運営する社会福祉法人 JHC板橋会代表・飯島さんとボランティアスタッフ・伊藤さんにお話を伺いました。

障がい者の社会参加の場として

JHC板橋会は、精神障がい者の社会参加を支援する団体です。その事業所“サン・マリーナ”から派遣されるのが、『ShowRoomCafeすまいる』のスタッフの皆さんです。
「私たちは、企業と障がいを持った方を繋ぐ役割を担っています。一般企業で働き始める前に、接客体験によって社会生活に慣れてもらう場として、このカフェを作ったんです。」サン・マリーナから派遣される3人のスタッフは、コーヒーを淹れたり笑顔でお客様と話したり、障がいを乗り越えて生き生きと働いています。

ショールーム見学もできる珍しいカフェ

“ショールームとカフェの融合”という、珍しいコンセプトを持つ同店。こちらのショールームは、中尾建設工業の社長のご厚意でお借りしているものなのだとか。
「カフェの運営によって、私たちは障がいを持つ方と社会の架け橋になれますし、中尾建設様の企業宣伝として使っていただくこともできます。また、地域の皆さんには色々なイベントを楽しんでいただけるので、とても良い相互関係を築けています。」と飯島さんは話します。

中尾建設工業が手掛ける、心休まる和の空間

温かな優しい明かりが照らす砂利道。ここは、町屋が立ち並ぶ京都の路地裏…?いえいえ、こちらも店内、ショールームの一部なのです。シンプルでモダンな洋風の空間も、心休まる和の空間も、中尾建設工業の技術にお任せください。

こちらの茶室も、とても落ち着ける雰囲気です。マイホームの購入をお考えの皆さん、ぜひ計画に組み込んでみてはいかがでしょうか。

ゆったり過ごせるカフェスペース

広々としたカフェスペースは、全部で35席あります。白を基調にした店内は、新築の家のように清潔で開放感にあふれています。屋外席も用意されているので、天気の良い日には風を感じながらゆったり過ごすのもいいですね。メニューはドリンクのみとなっていますが、お弁当を持ち込んで、店内で食べることもできるそうですよ。

バーのようにシックな雰囲気のカウンターは、一人でのんびりと午後のひとときを過ごすのにぴったりです。本を片手に、コーヒーとお菓子で時間を気にせずに過ごせそうですね。

窓際のテーブル席では、アンティークに囲まれたレトロな空間を満喫できます。窓から太陽の光が差し込み、立ち上るコーヒーの湯気に心が休まります。お散歩のついでに立ち寄って、お好きな席でくつろいでいってください。

心大人気の手作りクッキー

▲ホットコーヒーセット(300円)

ドリンクメニューにはホットコーヒー、紅茶、ココア、オレンジジュースなどがあり、どれも300円~350円で楽しめます。コーヒー豆は、専門店から仕入れた本格的なものです。お店の手作りクッキーは、ドリンクを注文するとついてきます。実はこちら、板橋区役所や都庁でも販売されており、生産が間に合わないこともあるほど大人気のクッキーなのだとか。杉並区の養護老人ホームでも、こちらのクッキーや饅頭を販売しているそうですよ。

みんなで楽しめるイベントがたくさん

『ShowRoomCafe すまいる』では定期的に、コンサート、講師を招いて開かれる体験型のワークショップなど、地域の方に向けた様々なイベントを開催しています。毎週火曜日・金曜日の営業日には、オペラ歌手・平岡基さんのミニコンサートも行われます。ワンドリンク制、入場無料で楽しめる、20分ほどの短いステージです。どなたでもふらっと来店して、ドリンクを飲みながら気軽に楽しむことができますよ。
 バーバリウム(ドライフラワーを使った標本)作りの講座や、お茶会、ピアノ教室なども開かれているので、興味のあるイベントに参加してみてくださいね。

笑顔と喜びにあふれた開店

「オープンの日は、大雪が降って大変な日だったのですが、お店が形になったのが嬉しくて、スタッフみんなでお赤飯を食べたのを覚えています。」そう話すのは、ボランティアスタッフの伊藤さんです。備品の準備やビラ配りなど、同店の開店に尽力したといいます。お店の名前は、一般に募集したもので、障がいを持つ方も地域の方も、運営スタッフもみんなが笑顔で楽しめる場所になるように…そんな願いを込め、『すまいる』という名前に決定したのだそうですよ。

どなたでも気軽にいらして下さい!

営業日は、“火曜日と金曜日のみ”という小ぢんまりとした営業ながら、地域で愛され続け、3年目を迎えた『ShowRoomCafe すまいる』。“みんなが楽しめるようなイベントを開催していること。そして、そんなイベントのアイディアを絶やさず、向上心を持ち続けていること。運営スタッフが強い絆を結び、支え合っていること。”それが、お店が続いてきた秘訣だと飯島さんは話します。
「入口を見るとちょっと敷居が高そうですが、そんなことはありません。一度足を運んでいただければきっと、驚きと楽しい時間が待っていますよ!」

歌を聞きながらお茶を楽しむのもよし、ショールームを眺めて、マイホームやリフォームの計画を練るのもよし。『ShowRoomCafe すまいる』で、思い思いの時間をお過ごしください。

【店舗情報】

関連記事