【北海道・札幌】リピーター続出中!隠れ家的お店『てるてるぼうず』に行ってきた

札幌市営地下鉄南北線北12条駅から徒歩3分にある隠れ家的なお店です。店名は、親しみがあり、覚えやすい名前にしたかったそうで、店主の名前をもじって『てるてるぼうず』とされました。今回は『てるてるぼうず』店主の恩田輝明さんにお話を伺いました。


本まぐろと恩田さん

18歳の頃から料理人の道一筋の恩田さん。昔から独立願望があり、小さい店舗でもいいから自分のお店を持ちたかったそうです。
以前勤めていたお店では、海鮮をメインで調理をされていて、料理長も務めた経験があります。当時お世話になっていた社長から独立するにあたっての経営のノウハウを学び、地元だった北区に、この度オープンされました。
恩田さんは、人とのつながりを大切にされていて、開店する際には以前の仕事仲間が大勢手伝いにきてくれたそうです。ちなみに、壁に大きく描かれた生本マグロはデザイナーをされている友人の力作ですよ!

看板メニューは、「生本まぐろ刺し」と「肉刺し」

看板メニューのひとつ「生本まぐろ刺し」これは何と言っても冷凍ではなく生を使用しているため本まぐろ本来の美味しさを味わえます。また、なかなかお店には置いていない希少部位も用意しています。その中でも頭肉は、まぐろの頭の部位を使っているため脂がのり、まるでトロのような食感。

もう1つの看板メニューである「肉刺し」は、低い温度のままじっくり時間をかけて火を通すことで、肉本来の旨味や柔らかさを引き出す低温調理を推奨しています。お酒も厳選された日本酒や果実酒も用意しているので、女性の方にもおすすめです。「ジャンルにとらわれず、旬なものや自分が美味しいと感じるものを提供すること」を大切にしている恩田さん。


会社でもなく、家でもない「第3のお家」

北海道大学が隣接されており、大学関係者や仕事終わりのサラリーマンなど、地元の方がよく来られるとのこと。40、50代からの絶大な支持を得ています!札幌すすきのには、行かずに美味しいお店を求めて近くの『てるてるぼうず』に来る方が多いのだとか。カウンター席とキッチンの距離が近いため、1人で来ても気軽に恩田さんとの会話を楽しめます。美味しい料理とお酒に加え、居心地もいいため「明日も来るわ」と何度もリピートされる方もいるので、恩田さんも「ペースが早すぎます」と冗談交じりに答えているそうです。
また、来店したお客様の中で、広告関係のお仕事をされている方がお店の魅力にハマり、チラシを作っていただいたこともあったそうです。来店すれば、必ずもう一度来たくなるお店『てるてるぼうず』。最後に「すすきのには行かせません」と笑顔で語ってくれた恩田さん。

ぜひ皆さんも第3の家『てるてるぼうず』に一度訪れてみてはいかがでしょうか?
一度行けばハマること間違いありません!

【店舗情報】

  • 住所:北海道札幌市北区13条西4丁目1-6 建設コンサルビル1階
    電話番号:011-726-2996
    アクセス:札幌市営地下鉄南北線北12条駅 徒歩3分
    営業時間:17:00~24:00
    定休日:不定休
    HP:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010201/1055656/