【大阪・天神橋】温もりあふれる空間で今宵も一杯…『鶏酒場 壮や』で新鮮な鶏料理を味わおう!

天神橋筋6丁目駅から歩いてすぐの所にある『鶏酒場 壮や』は、新鮮な鶏料理が楽しめるお店です。2016年12月のオープン以来、家族連れを中心に仕事帰りのサラリーマンなど多くのお客様に愛されている同店。夜になれば優しい明かりが灯る提灯が目印です。

オーナーの勧めで店長に

暖簾をくぐると、さっそく迎えてくれたのは、店長の森澤壮気さんです。学生時代、卒業後の進路に迷っていたという森澤さん。そんな時、「数年後にお店を出すから、その時はうちで働いてくれないか」と声をかけてくれたのが、同店のオーナーでした。その言葉に背中を押された森澤さんは、調理専門学校に通い、猛勉強を始めます。その後、知人の店舗で修業を積むなかで、焼き鳥の奥深さに心を惹かれた森澤さんは、オーナーと相談し、鶏料理店の開店を決めのだとか。
「僕が修業しているあいだ、オーナーはこつこつと開店資金を貯めてくれていて。オープンのタイミングで店長として温かく迎えてくれたんです。」かくして、二人の努力の結晶ともいえる『鶏酒場 壮や』の暖簾が掲げられることとなったのです。

お客様のために日々勉強の毎日


同店のまわりには、大型の集合住宅もあり、家族連れで来店されるお客様も多いのだそう。小さなお子様が飽きてしまわないように、料理を早めに提供したり、遊べるおもちゃを用意するなど、サービス面での試行錯誤は毎日の課題だといいます。「オープンして約8ヵ月になりますが、毎日が勉強ですね。お客様は優しいけれど、皆さん言うべきところはきちんと指摘してくれますから。喜んでもらうために何ができるのか、スタッフ全員で考えています。」と森澤さんは話します。

新鮮な鶏料理を心ゆくまで

“鶏酒場”を看板に掲げる同店の自慢は、丹波産の鶏肉を使った料理の数々です。新鮮な鶏肉だからこそ食べられる“甘鶏お造り4種盛り”(780円)は、丹波鶏の甘みと味わいがギュッと詰まった一品です。初めて同店を訪れるお客様は、まずはこちらを堪能してみてはいかがでしょうか。

“甘鶏にぎり5貫盛り”(780円)は、その日の仕入れによって異なる部位が、炙りやヅケなどで楽しめます。珍しいこちらの鶏肉のお寿司、その美味しさは一度味わえば虜になること間違いありません。

大人気の“げんこつからあげ”(1個280円)は、そのインパクト抜群の大きさとジューシーさで常連様の胃袋を掴んでいます。生で食べても美味しいこちらの鶏肉は、から揚げにしても期待を裏切らない美味しさです。

鶏料理といえば絶対に外せないのがこちらの焼き鳥。同店では、ねぎま、ももなど定番のものから、砂ずり、そで、つなぎといった少し珍しい部位まで味わうことができます。
迷ったら“五串盛り合わせ”(580円)で、色々な串を楽しむのもおすすめですよ。

長く愛されるお店にしたい

屋号“壮や”は、森澤さんの名前“壮気”から名付けられました。お客様の中には「壮ちゃん、また来たよ!」と親しみをこめて声をかけてくれる方も。木の温もりでいっぱいの店内は、ゆったりと落ち着いて食事ができる空間です。そんな居心地の良さと森澤さんの温かいおもてなしがあるからこそ、足しげく通う常連さんを次々と増やしているのですね。
「店舗拡大は視野に入れず、このお店を長く続け、愛されるようにしていきたいです。少しでも多くの方に知ってもらって、美味しいものを食べて、くつろいで欲しいなと思っています。」と笑顔の森澤さん。

あなたもくつろぎの空間『鶏酒場 壮や』で、美味しい鶏料理とお酒を堪能してみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】

  • 店舗名:鶏酒場 壮や
  • 住所:大阪府大阪市北区長柄中1-4-9
  • 電話番号:066-354-5828
  • 営業時間:月曜~土曜17:00~2:00(LO1:00)、日曜17:00~24:00(LO23:30)
  • 定休日:水曜
  • HP:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27095860/