【東京・赤羽岩渕】 スタイリッシュな雰囲気の焼鳥と地ビールの専門店『焼鳥&地ビールわたる』に行ってみた

焼鳥と言えば「赤ちょうちん」が、日本文化に定着していますが、この度、その固定概念を覆すスタイリッシュで斬新な、今までにない焼鳥屋で白黒を基調としたオシャレな内装で、素材にもとことんこだわりぬいた、美味しい焼鳥&地ビールのお店が誕生しました。

その名は、『焼鳥&地ビール わたる』。東京メトロ南北線赤羽岩淵駅1番出口より徒歩30秒のところに誕生した焼鳥専門店です。

若くして六本木で料理長を務めあげたオーナーのこだわり

店長さんは現在なんと28歳と言う若さ。飲食・料理経験10年と言う経歴を活かし、自分のお店を出店。長年培った経験があるからこそ、こだわりのコンセプトやビジョンが店内の至る所に見受けることができます。店長さん自身が「焼鳥に合わせて飲むビールが好き」だからこそ、実現できた自身のお店に対する思いは、来店されたお客さんにも直ぐに伝わることでしょう。

こだわりの厳選食材

焼鳥に使用する鶏肉は、鳥取県の銘柄鳥「大山どり」を使用。六本木で料理長を務めていた時代から、独立した際も、この「大山どり」を使いたいと思うほど、店長さんこだわりの銘柄鳥。その「大山どり」を使った焼鳥を焼き上げるのは、ガスではなく炭火の備長炭を使用。ガスとは違い、炭火の火力調整や焼き加減は、経験者だからこそできる匠の業。

焼鳥に合わせて提供できるビールは、世界各国のビールを店長さん自ら厳選した物を常時「20種類以上」取扱っているという驚きの種類。その他にメニューには載せていない、店長さんおすすめビールも用意しているほど、ビールに対してのこだわりも強い。

おすすめの一品

店長さんおすすめの一品は「白レバーの醤油漬け」。自家製の醤油地ベースの特性ダレに、白レバーを一晩漬込み、低温でじっくりと火を入れることにより、レバーのパサつきを抑えしっとりと濃厚な食感と楽しんで頂ける一品。レバー好きにはもちろん、レバーが苦手なお客さんも一度食べたらたまらず、「おかわり」と言わせる、リピート率の高い一品。

ほかにも、おしゃれな一品料理を数多く提供していますのでぜひ味わってみてください。

「美味しいお店」と言う名の目的店を目指して

焼鳥はガスで焼くのではなく、炭火の備長炭で焼き上げる程の実力の持ち主。
炭火の火力調整や焼き加減は、培った経験者だからこそできる「匠の技」とも言えるでしょう。若さながらの柔軟な発想力と培ってきた経験が、「美味しいと言われる物を提供しています」と自信を持って言える店長さんの一言に全てが詰まっています。

近隣のお客様はもちろん、「美味しいお店」と、このお店を目的店として遠方から足を運んでくれるお客様を獲得するのに日々邁進する店長さん。こだわりぬいた店内だからこそ、デートやバー感覚での来店者も後を絶たず、今後も目が離せない『焼鳥&地ビール わたる』に、ぜひ、足を運んで、お店の虜になって下さい。

OPEN特典!

開店ポータルをご覧の方に、特別特典をいただきました!
来店時に「開店ポータルを見た」と言っていただくと、ビールのS(ショートサイズ)を一杯無料でサービスしていただけるとのこと!
6月末までのサービスになりますので、この機会にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】

  • 店名  :焼鳥&地ビール わたる
    住所  :〒115-0045 東京都北区赤羽1-53-5 1F
    アクセス:東京メトロ南北線赤羽岩淵駅1番出口徒歩30秒
    JR赤羽駅徒歩8分
    電話番号:03-6903-8661
    営業時間:[火~金]18:00~24:00(L.O23:30)
    [土・日・祝]18:00~24:00(L.O23:30)
    ※串切れにより、早めに閉店する場合があります。
    定休日 :月曜日
    HP:https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13207361/