店舗検索
業種を選択
場所を選択

※距離から探す場合は、位置情報を許可してください

現在地からの距離を選択
キーワードの入力
  • で検索する

【東京・吉祥寺】鹿児島の郷土料理でおもてなし。小さな居酒屋『Bar Ohana』は家族のように温かいお店

 吉祥寺駅の東口、ビルの2階にある『Bar Ohana(バーオハナ)』は、鹿児島出身の女性オーナーが切り盛りするアットホームなお店です。こちらでは、心を込めて提供する鹿児島の郷土料理やお総菜が味わえます。2005年3月のオープン以来、愛され続け今年で12年目を迎えた同店では、新鮮な地鶏の刺身をはじめ、旬の食材を使った料理の数々を提供しています。“家のご飯”を思い出させてくれる心のこもった逸品が食べられるお店です。

遠く離れたお姉さんと心をひとつに

 「ご飯を食べたりお酒を飲みながら人と話すのが昔から好きで、いつかそんなお店を持てたらいいな…と何となく思っていました。」そう話すのは、オーナーの白橋さん。老舗の鍋料理店で仲居をしていたころから、飲食店開業の夢を持っていたそうです。
 そんな白橋オーナーに転機が訪れたのは、前のお店を退職した時。タイミングよく、ハワイに住むお姉さん夫妻から“日本に会社を作るから、一緒に飲食店を出してみない?”そんな素敵なお誘いがあったのです。

 「開店したころ、この街は治安が良くなくて…一人で営業してたから、夜はすごく怖かったですね。居酒屋なのに“バー”と付けたのも、“怪しい人が入りづらくなるんだって!”と助言をもらったからなの。」と、気になる店名の裏話を聞かせてくれました。
 今では吉祥寺周辺も、見違えるほど穏やかになったそうです。ビルの2階ということもあり、“鹿児島料理が食べたい”とお店を調べてきてくれる方や、温かい雰囲気や食事を楽しみたい方が多く足を運ぶ、安心してくつろげるお店なのだとか。

鹿児島っ子の心意気を乗せた愛情料理

 「“お浸しの野菜は何?”とか、“こういう組み合わせも美味しいんだね!”とか、お客様と食に関してのお話がしたくて。だからバーとは言いつつ、お酒じゃなくて料理に力を入れているんです。」家庭菜園の野菜や自家製の味噌、漬物などがいつも食卓に並び、お母様の愛情がこもったご飯で育った白橋オーナー。その経験から、お客様にもご飯やお浸し、味噌汁を気軽に食べてほしいと考えたそうです。

 そんな白橋オーナーが太鼓判を押すのが、名物の“霧島地鶏もも刺身”(1,200円/ハーフ800円)。鹿児島の郷土料理のこちらは、新鮮な地鶏を使い、衛生管理にも気を配るからこそ味わえる一品です。噛むほどに広がるお肉の旨味は、飲み込むのがもったいないほど。とろみのある甘口醤油がよく合います。もも肉の鶏刺しが食べられるお店は、東京にはなかなかないそうです。

 お客様人気ナンバー1は、食感のコントラストが新しい“とろける塩レバー&コリコリ砂肝”(680円)。絶妙な火加減でレアに仕上げたレバーは、その名の通りとろけるような柔らかさが楽しめます。コリコリとした砂肝と合わせて2倍楽しい、お酒の肴には外せない一品です。

 こちらの“とんこつ”(950円)も鹿児島を代表する郷土料理です。白橋オーナーのお母様が仕込んだ味噌と黒砂糖、芋焼酎を合わせたタレでことこと5時間煮込み、ほろほろの柔らかさに仕上げました。タレはオープン以来継ぎ足しながら仕込む、同店秘伝のものだそうですよ。

 カツオの胃袋の塩辛とバターをのせた“酒盗ポテトフライ”(850円)は、揚げたて、熱々でほくほくのじゃがいもに塩辛の旨味が加わった一品。今までにない大人の味わいです。

 心を込めてにぎるおにぎり(500円)は、削りたておかか、豚みそ、あおさ、高菜、梅干しの5種類から選べます。迷ったら食べてほしいのが、削りたておかか。削って時間が経ったパックの鰹節とは違い、魚の旨みがしっかりと舌に感じられるのだそう。ぜひその違いを感じてくださいね。

いつも新しい笑顔が弾ける、“卒業していける”お店

 「ずっと何年も同じ顔ぶれが同じ席に固まって、というのはあまり好きじゃないんです。例えば一人暮らしでよく食べに来てくれてたお客様は、結婚してから全然お店に来なくなったんだけど…。“美味しいものを食べに通って、元気になって、いつかは卒業していく”…そんなお店にしたいです。」スタッフの地元の名物料理を取り入れるなど、いつ来ても飽きないメニューで迎えてくれる『Bar Ohana』。たくさんのお客様はもちろん、娘のように可愛がっているスタッフが日々腕を上げ、張り切る姿が本当に愛おしいと話します。

 “Ohana”とは、ハワイ語で“家族”という意味。スタッフもお客様も、一度来ればすぐに打ち解けてしまう、家のような温かいお店です。
 あなたも笑顔と愛情たっぷりの料理で迎えてくれる『Bar Ohana』に、訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗名 Bar Ohana(バーオハナ)
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-25-4 平田ビル2F
電話番号 042-222-9155
アクセス 吉祥寺駅東口から徒歩1分
営業時間 18:00~23:00(LO22:30)
定休日 日曜日・祝日の月曜日
ホームページ http://www.barohana.com/index.html

関連するタグ: