【北海道・札幌】ハード系からソフト系まで幅広いラインナップ!品質にこだわったパン屋『Qualita』

 白石区にある『Qualita(クアリタ)』は、2013年1月6日にオープンしたパン屋さんです。素材の質にこだわったパンはどれも好評で、リピーターも多くいらっしゃいます。今回はオーナーのアネザキさんにお話を伺いました。

空きテナントを有効活用

 『Qualita』をオープンした場所は、元々ご実家で所有しているテナントでした。しかし、全く使われておらずもったいないので、そこをどうにか活用できないかと考えていたそうです。
 当時、パン屋を営む友人の店を手伝っていたアネザキさんは、そこで学んだ知識や技術を活かして、自身のパン屋を開くことに。オープンしてから現在まで、お店はアネザキ様1人で営業をしています。

品質の良いものを提供

 店名の『Qualita』は、イタリア語で品質を意味する“Qualita”からきています。お客様に品質のよいものを提供したいという思いからこの言葉を選んだそうです。パンには全て、十勝産の小麦と道産のバターを使用するこだわりを持っています。コストを考えると決して安くはありませんが、おいしいパンをお客様に届けることを第一に考え、妥協は一切しないのだそうです。このスタイルは、オープン時からずっと変えずに守り続けています。

いろいろな好みにあわせた品揃え

 パンの種類は常時25~30種類ほど。幅広い世代のお客様に喜んでもらえるように、ハード系からソフト系、デニッシュなど扱っているパンのタイプは様々です。同店は、セルフでトレイにとるのではなく、ショーケースに入っているものをスタッフがトレイにとり、包んでいくスタイルです。これなら衛生面が気になる方も安心して購入することができますね。

 ソフト系のパンでは食パンが不動の人気を誇っています。そのまま食べても焼いて食べても、ふわふわでもちもちとした食感が楽しめます。パン自体に素材本来の甘みがいきているので、何もつけずにいただいてもおいしく食べることができますよ。

 ハード系で人気なのはバゲットです。なかでも“ストロベリーとクリームチーズのバゲット”を買われる方が多いそうです。珍しい味ですが、ストロベリーの酸味とクリームチーズのまろやかさが相性抜群です。

 数あるパンの中でも、アネザキさんのおすすめは金時豆を使ったパンとのこと。ごろごろとした金時豆には噛みごたえとやさしい甘みが感じられます。

より多くの人に届けられるように

 連日多くのお客様が訪れ、リピーターとなっていくお客様が多い同店。
「ここのパンを食べると、コンビニやスーパーのパンにはもう戻れない!」との嬉しいお声をいただくこともあるそう。これからさらに多くの方に食べていただける機会をつくるために、店舗の移転も視野に入れています。一つひとつ丁寧に焼き上げた『Qualita』自慢のパンを、是非チェックしてみてください。時間によっては売り切れているもパンもあるので、お目当てのものがある方は、早めに行くのがおすすめです。

店舗情報

店名 Qualita
住所 北海道札幌市白石区平和通8北1-5
電話番号 080-4683-6185
アクセス 地下鉄東西線南郷7丁目駅から徒歩14分
営業時間 10:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休日 月曜日・火曜日 定休日が祝日の場合は営業
URL https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010301/1044648/