【沖縄・栄町】100年先も続く店を目指して!『大衆酒場 八六』の日本酒とレモンサワーで乾杯♪

 海外旅行や留学などを経験し「日本食って良いものだな。」と感じることってありませんか?沖縄栄町の『大衆酒場 八六』のオーナー・上原さんは、アメリカ留学時に日本食のすばらしさに気付き、料理人の道を志した一人です。2017年6月8日にオープンして以来、日本食のおいしさを大切に真心込めておもてなししてきた同店は、目立った広告を出すこともなく、お客さま同士の繋がりや口コミで人気店へと成長しています。上原さんに、お店の魅力を語っていただきました。

アメリカで見つけた日本食の魅力

 上原さんは高校卒業後、アメリカに語学留学をされていました。現地でアルバイト先として選んだのは、日本人の経営するしゃぶしゃぶとお寿司の日本食レストランでした。というのも、アメリカでは食のレパートリーがハンバーガー、ピザ、ステーキばかりで困ることが多かったのだとか。そんな時日本食レストランで食べた味に、新鮮な感動を覚えたそうです。「日本食って素晴らしい!」そう再認識した上原さんは、帰国後に寿司店や居酒屋など、日本食を中心に修業を積むことに。10年間お店の作り方や接客などを勉強する中で「居酒屋を開きたい」という構想が生まれ、3年かけて自分の店を持つための準備をし『大衆酒場 八六』が誕生しました。

店主自ら撮影した写真が情緒を醸し出す店内

 店内はカウンター4席、テーブル16席の20席。落ち着いた日本らしいデザインに、裸電球の明かりが柔らかで趣があります。店内に飾られている写真はすべて上原さんが撮影したもの。落ち着いた店内に映える写真の数々が、より一層、味のある空間を演出しています。

日本酒とレモンサワーが二本柱!

 上原さんは入念に現地調査をし、どんな店づくりをするかを考えました。辿り着いたのは、“競争ではなく共存”。「同じ飲食店同士、切磋琢磨してこの地域を盛り上げていきたい!」という想いから、周囲のお店があまり扱っていないものを目玉として店舗コンセプトを固めていきました。そのひとつが、日本酒です。同店は日本酒の品ぞろえに力を入れ、日本酒に合う料理を中心とした店づくりを大切にしています。

 日本酒のほかに力を入れているのが、レモンサワーシリーズです。レモンサワーだけでさまざまなバリエーションがあり、スタンダードから塩レモン、ブラックペッパー、ローズマリーまで飽きさせないラインナップとなっています。中でもレモンサワーセットは、炭酸で割ったレモンサワーと氷、レモン、グラスがセットになっており、自分のタイミングでお好きな量をグラスに注いで飲むことができます。2杯分の値段で、3~4杯分を楽しめるというお得なセットです。近年ブームの兆しを見せているレモンサワーを心ゆくまで楽しめますよ。

ひと手間かけた鶏料理がお酒に合う!

▲鶏の一夜干し焼き

 そんなお酒に合うおすすめメニューは、“鶏の一夜干し焼き”です。一夜干しした鶏肉をジューシーに焼き上げたお酒に合う一品。旨味が凝縮された絶品鶏肉は、一度食べたら止まらなくなります。“骨付き鳥のオーブン焼き”も肉汁が溢れるおいしさで、レモンサワーとの相性も抜群です。メニューは随時変更があり、いつ行っても新しい楽しみ方ができるお店です。ほかにも和食に限らず、お酒に合う豊富なメニューでお客さまをお迎えします。

▲鶏のジューシーオーブン焼き

100年先も続く店舗を目指して!

 お店が掲げているのは、“100年続くお店”。この土地に根付き地域に必要とされる場所として、今来ているお客さまの子どもの子どもまで一緒に通ってくれるような、愛され続けるお店にすることを目標に掲げています。「入り口は高級なお店と思われがちですが、中に入ると落ち着ける親しみやすい居酒屋です。いつでも笑顔でお迎えしますので、気軽に扉を開けてください。」と上原さんからメッセージをいただきました。
 『大衆酒場 八六』は広告らしい広告を打たずに、真摯な接客と確かな味で客足を伸ばしている居酒屋です。栄町で一杯飲むなら、ぜひ同店に立ち寄ってみてください。上原さんのさわやかな笑顔と、おいしい食事、そしてこだわりのお酒で素敵な時間を過ごせること間違いなしですよ。

店舗情報

店名 大衆酒場 八六
住所 沖縄県那覇市安里388-45コーポラス松島1F
電話番号 098-959-8168
アクセス ゆいレール 安里駅より徒歩1分
営業時間 17:00~24:00(フードL.O.23:00、ドリンクL.O.23:30)
定休日 火曜
URL https://www.hachiroku1986.com/