キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【北海道・札幌】親子でゆったりくつろげるカフェ『パパヒデヒコ』の美味しいご飯と特別な空間

桑園駅から13分。北7条の住宅街に、家族でくつろげるカフェ『パパヒデヒコ』があります。お子様連れのママ友ランチはもちろん、休日には家族で利用する方も多く、温もりが溢れる店内は笑顔が絶えません。のびのびできるソファー席、離乳食の販売など、大人も子どもも一緒に楽しめる工夫でいっぱいのお店です。今回は、店長の高木さんにお話を伺いました。

環境調査会社が手がけるファミリーカフェ

北海道・札幌 パパヒデヒコの外観

今年8月18日にオープンした『パパヒデヒコ』を運営するのは、主に環境調査を手がける会社。子どもが自然と触れあう機会の減少や、親子でゆっくり過ごせるお店が少ないことが、同店の立案のきっかけとなりました。「私も飲食店には興味があって、いつかお店を持てたらいいなと思っていたんです。社長からお話をいただいた時は本当に嬉しかったですね。」
とはいえ、これまで飲食店や接客の経験がなかった髙木さん。お店作りも当然初めてで、色々なことを一から決めなければならず苦戦したのだとか。でも、少しずつ形になっていくカフェの姿を見ながら、とてもワクワクしたそうです。

北海道・札幌 パパヒデヒコの温もり溢れる店内

開店にむけて、古い一軒家だった物件を、白にグリーンが映える明るい空間に大幅にリノベーションしました。以前こちらに住んでいた方も、間取りを懐かしく思い出しながら店内を眺めくつろいでいかれたそうですよ。

北海道・札幌 パパヒデヒコの温もり溢れる店内

身体に優しい手作りランチ

北海道・札幌 パパヒデヒコで使う食材

お店のキッチンで心を込めて作る料理は、身体に優しく、大人も子どもも安心して食べられるものばかりです。野菜は京極町の髙木さんの実家から仕入れているものもあります。

北海道・札幌 パパヒデヒコ ランチで一押しの“ポークジンジャーボウル”

ランチで一押しの“ポークジンジャーボウル”(ランチタイムはスープ付き1,000円)は、食べ応え抜群の厚切り豚肩ロースが嬉しいメニューです。自家製ジンジャーソースが身体をぽかぽかに温めてくれるボリュームご飯です。
季節のフルーツを使った“本日のケーキ”(600円)は、保存料無添加の優しいスイーツです。小さい子どもも手に持って食べやすく、こぼしにくいのでお母さんも安心ですね。

北海道・札幌 パパヒデヒコ 季節のフルーツを使った“本日のケーキ

可愛らしいキッズメニューに子どもも大喜び

北海道・札幌 パパヒデヒコ キッズプレート

“キッズプレート”(500円)は、離乳食を卒業した1~2歳のお子様におすすめです。おかずは変更になることもあるので、店員さんに確認してみましょう。
柔らかでほっくり甘い人参やかぼちゃを使った離乳食は、店内で食べられるほか、テイクアウトもできます。赤ちゃんの月齢に合わせてメニューが選べるのも嬉しいポイントです。優しい味付けで、大人が食べても美味しいそうです。

北海道・札幌 パパヒデヒコ 離乳食
北海道・札幌 パパヒデヒコ

「離乳食は、出産祝いのギフトにもおすすめです。産着やおもちゃなどが選ばれることが多いですが、より実用的な離乳食のプレゼントは、とても喜ばれるんですよ。」と髙木さん。女性ならではの、親子の視点に寄り添ったサービスが多くのお客様の心を掴んでいます。

北海道・札幌 パパヒデヒコ 子ども椅子

家族みんなで家のようにくつろげる空間

北海道・札幌 パパヒデヒコ ベットのような広々としたソファー席

『パパヒデヒコ』の一番の自慢は、何時間でも居たくなる特別な安らぎの空間です。ベッドのように大きなソファー席は、家族みんなで足を伸ばして、心ゆくまでくつろげます。ご飯を食べて眠くなったお子様を寝かせてあげるのにもぴったりです。六角形のテーブルは動かせるので、二つを合わせて広く使うこともできますよ。

北海道・札幌 パパヒデヒコ 温かい雰囲気の店内

柱を丸くし、小さな子どもがぶつかっても怪我をしないようにと工夫がなされています。床材には杉が使われており、座ってもひんやりしません。しっとり優しい感触で、子どものはだしの足にとても心地よいのだとか。

北海道・札幌 パパヒデヒコ 店内で波佐見焼の食器を販売

こちらで販売されている波佐見焼の食器はお店でも使われているもので、普段使いに丁度いいデザインと手になじむ質感が特徴です。
その他、ジュースやジャム、お店でも使用しているお米も購入することができます。固い殻が除かれた玄米は食べやすく栄養はそのまま。白米と混ぜてもっちり食感が楽しめるように炊いているそうです。
ビタミンカラーが可愛らしい2階のスペースは、ベビーマッサージ教室などのイベントやママ友サークルの集まりに使われています。折り紙で作ったお花やハンモックなど、目で見て、遊んで楽しい演出もいっぱいです。

優しい温もりの中で、親子の大切な時間を

北海道・札幌 パパヒデヒコ 白いゆったりとしたソファ

「昼間は小さい子どもを連れてゆっくり過ごされるお母さん達が多いのですが、夜になるとお父さんたちが仕事帰りに寄ってくれたりもします。ビールやおつまみもあるので、男性一人のご来店も大歓迎ですよ。」と髙木さん。お一人で、お子様連れで、家族みんなで…どんなシーンにも利用できる同店は、オープンから約4ヶ月、すでに多くの常連さんを抱えているのだとか。

北海道・札幌 パパヒデヒコ

自然の温もりと清々しい木の香りに包まれながら、くつろぎのひとときが過ごせる『パパヒデヒコ』。
一緒にご飯を食べて、本を読んで、お昼寝して…親子の絆が深まること間違いなしのファミリーカフェです。お休みの日に、お友達や家族みんなで立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

店舗名 パパヒデヒコ
住所 北海道札幌市中央区北7条西20-2-19
電話番号 011-556-1222
アクセス 桑園駅から838m
営業時間 11:00~17:00 (17:00時以降は予約営業)
定休日 月曜日
ホームページ https://papahidehiko.shopinfo.jp/
店舗詳細はこちら

関連するタグ: