キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
福岡

【福岡・博多】地元の人気店が手がける新店舗『地下のニューコマツ』は絶品料理にお酒がすすむ癒しの空間

今回紹介するお店は、博多駅から徒歩3分の場所にある『地下のニューコマツ』です。福岡で愛されている洋食店が新たに出店した、気軽に立ち寄れる雰囲気の居酒屋です。料理はどれも絶品なのにリーズナブル!本格的な洋食の調理法で作るおつまみからおふくろの味まで、豊富なメニューにお酒もついついすすんでしまいます。女性客からサラリーマンまで多くのお客様で溢れる同店の魅力を詳しくご紹介します。

福岡の人気店の新店舗!

『地下のニューコマツ』は、株式会社COMATSUが今年9月に開店したお店です。スパニッシュイタリアンを楽しめる大名店を発端に、福岡市内に6店舗を構える株式会社COMATSUは、どれも洋食をベースとしています。店舗ごとに様々な雰囲気を楽しむことができるとあって、多くの福岡市民から注目を集めています。今回開店した『地下のニューコマツ』は、博多駅から徒歩3分とアクセスも良く、地域の人はもちろん、県外からの旅行客も立ち寄りやすい場所にあります。

おしゃれなのに気取らない雰囲気の店内は、一人でも入りやすいカウンター席とグループにもおすすめのテーブル席が用意されています。お客様同士の距離も近くワイワイとした普段の様子も魅力的ですが、要望に応じて木のカーテンで仕切りをつけて個室のような空間を貸し切ることもできます。“洋食”というと敷居が高いイメージと持つ方もいるかもしれませんが、どこか懐かしい家庭的な空気が流れる同店は、どなたでも気軽に立ち寄ることができます。

絶品メニューに舌鼓み

メニューはかなり充実していて、本格的な洋食の調理方法を用いたものや、おばんざいのような家庭的な味わいなど、幅広い料理を楽しむことができます。中でも、お店のおすすめは、“牛ハツ刺し”だといいます。こちらの料理は、牛の心臓の部分のお肉を低温調理で1日かけてゆっくり火を通して作られます。刺身のような食感が味わえるこのメニューは、他のお店ではなかなかお目にかかれない、珍しい一品です。また、居酒屋定番メニューの“モツ煮込み”も同店は塩味と一風変わっています。じっくり柔らかく煮込まれた牛モツは、あっさりとした塩味なのに臭みを感じず、素材の旨みをしっかりと味わうことができます。

“子羊のパデドカンパーニュ”も同店ならではの人気メニューです。パテドカンパーニュとはフランス料理の“田舎風パテ”のことで、同店では子羊の肉をミンチにして香ばしく焼き上げています。

また、日替わりの“おばんざい”もおすすめです。主婦でもあるスタッフさんが作る本物の家庭の味を楽しむことができます。これまでにあったメニューの中ではレンコンでハムを挟んで揚げた“レンコンハムカツ”が人気だったといいます。他には、豚の角煮や肉じゃが、なすと豚肉の味噌炒め、ナムルなどその日によって5〜7種類ほどのおばんざいが並びます。どんなおばんざいと出会えるのかも、お店を訪れる楽しみの一つになりそうですね。

ユニークなお酒メニュー

お酒も種類豊富なメニューが揃います。洋風料理との相性もいいワインは白・赤・スパークリングをグラスやボトルで楽しむことができます。スパークリングに氷が入った“かち割スパークリングワイン”や、ワインを使ったカクテルなどもあります。このほか、ビールやウイスキー、焼酎、日本酒などもあり、好みに合わせて選ぶことができます。“コマチュー”という名前のチューハイメニューも人気が高く、大人のジンジャーレモン、瀬戸内レモン、トマト、かぼすなどオリジナルのものが並びます。1杯ずつの値段もリーズナブルなので、気軽に注文することができます。

話題のネオ大衆酒場??

近年流行している“ネオ大衆酒場”とは、従来の大衆酒場とは異なり、女性や一見さんでも入りやすい雰囲気の居酒屋のことだそうです。女性が入りやすいように洋食メニューを取り入れているネオ大衆酒場も増えてきています。『地下のニューコマツ』も、一見さんや女性が入りやすい雰囲気という点では同様ですが、出発点が“洋食屋”ということが同店の魅力であり、一般的なネオ大衆酒場とは一線を画すところです。付け焼き刃の洋食ではなく、本物の洋食の調理技術が息づいていることは同店の料理を食べれば納得がいきます。同店のファンが多いのも確たる証拠の一つかもしれませんね。“皆さんの癒しになれば嬉しい”という同店へ、皆さんもぜひ足を運んでみてください。

【店舗情報】

  • 店舗名:地下のニューコマツ
  • 住所:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル B1
  • 電話:092-409-6833
  • 営業時間:17:00〜23:30
  • 定休日:日曜日
  • HP:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40046879/

関連するタグ: