【神奈川・川崎】自宅で医療マッサージを!医師の同意のもと“リハビリ”としての施術を行う『KEiROW多摩区西ステーション』

 神奈川県川崎市の多摩区に拠点を構え、直線距離で片道16km圏内で“訪問医療マッサージ”を行っている『KEiROW多摩区西ステーション』。こちらに在籍している施術師は、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師などの国家資格を持つスペシャリストです。更には“在宅リハビリの匠“と呼ばれるスペシャリストも存在します。訪問医療マッサージは、医師の同意があれば医療保険が適用されるため介護保険の枠外となり、介護保険の限度枠を気にせず、安価に安心安全なマッサージが受けられるのも特徴です。

利用者様のご家族も安心

 今回お話を伺ったのは『KEiROW多摩区西ステーション』オーナーの山﨑さんです。オーナーの仕事と並行して、病院向けのフリーペーパー作成事業もされています。

 ――こちらは、訪問医療マッサージがメインとのことですが、なぜこの場所を選んだのですか?
 「僕の地元なんです!フランチャイズなので、どこに出店するかはオーナーの自由なんですが、自宅も近いですし、訪問する際にどこに何があるかが分かるのはプラスになっています。」
 ――土地勘があるのは強みになりますね。この業態をやろうと思ったきっかけについて教えてください。
 「もともとは病院向けのフリーペーパーを作成する仕事をしていました。その中で、今後高齢者が増えることで、医療費の負担もどんどん増えていくことを現実的に感じるようになりました。そこでメディア事業だけではなく、自分で何かできないかと考え、訪問医療マッサージをやろうと決めたんです。病院にすべてをお任せするのではなく、在宅でリハビリできる環境を作ることは理想だと思いました。」
 ――医療関係には携わっていらっしゃったんですね。出店する際に、個人ではなくフランチャイズを選んだ理由などはありますか?
 「フランチャイズだと、個人だけでは知ることができない情報が沢山手に入ります。また、利用者様にとっても安心できる部分が多いんですよ。うちの場合、スタッフの不正を防止するためにGPS機能を使い、きちんと利用者様の家に訪問しているかのチェックが入ります。」

 訪問マッサージの仕事では、記録は紙ベースで行うことが多いそうです。そのため不正が起きやすい環境なのだとか。そこで『KEiROW』では、全店・全施術師の訪問履歴を、独自のシステムで電子一括管理しているそうです。

 ――スタッフ管理もしっかりされているのは、利用者様もご家族の方も安心してお願いできますね。
 「そうだと思います。それに加えて、クラウド上でご家族やケアマネージャー、お医者様たちと情報共有もしています。お医者様やケアマネージャーは、月に1回ぐらいのペースで利用者様と会います。それに対して、私たちは週3回は訪問しています。高齢の方は1ヶ月もあれば、体調は大幅に変わるものです。その情報を、私たちから発信して共有することで、総合的に見守ることができているんです。」

 『KEiROW多摩区西ステーション』の公式ホームページには、会員専用ページがあります。そこで、施術中の様子や自宅の様子などを画像付きで見ることが可能です。また、その内容に返信することもできます。スタッフの技術はもちろんのこと、こういった細やかなサービスもまた、利用者様との信頼関係を築く重要なポイントとなっているそうです。

心強い経験豊富なスタッフたち

 訪問医療マッサージでは、医師の同意の下に、あん摩マッサージ指圧師などの国家資格を持った施術師がマッサージを行っています。そうして初めて医療保険が適用となるのです。ここ『KEiROW多摩区西ステーション』では、資格はもちろん、経験豊富なスタッフが揃っています。

 ――働いているスタッフの方は、皆さん国家資格をお持ちの方なのでしょうか。
 「そうですね。実際に訪問しマッサージを行う施術師は、国家資格を持っています。中には米軍キャンプでマッサージを行っている方や、オリンピックで日本代表のトレーナーとして活躍されてきた方などもいて、経験も知識も豊富な施術師が多いです。」
 ――それは心強い!安心してお任せできますね。

 さらに国家資格を持つ人の中でも、“在宅リハビリの匠”と呼ばれる施術師も在籍しています。“在宅リハビリの匠”とは、日本在宅マッサージリハビリテーション協会が実施している、リハビリ技能訓練を全て修了できた施術師です。在宅医療の現場で求められる知識や、疼痛緩和の優れた技術を習得することで、医師や理学療法士と連係をより密にし、在宅医療現場の中核を担っています。

リハビリを目的としたマッサージ

 マッサージというと、疲れた体を楽にしてくれるものというイメージを持たれる方が多いと思います。しかし『KEiROW多摩区西ステーション』の施術は、高齢者向けのリハビリも兼ね備えているそうです。

 ――訪問マッサージでは実際どのような施術を行っているのですか?
 「国家資格を持っている施術師と、リラクゼーションサロンのセラピストさんとでは、主義や知識が全く違うんですよね。私たちが行っているのは、高齢者向けのリハビリマッサージです。リハビリをすることで少しでも動けるようになったり、室内を歩けるようになったりすれば人生の活力になると思うんです。そういう意味でも、リハビリは重要だと感じています。」
 ――利用されているお客様はどのくらいいらっしゃいますか?
 「当店はオープンしてまだ間もないのですが、近くの場所でやっている他のオーナー様の場合だと、100人程いるそうです。100人と聞くと多く感じますが、ここから直線距離で片道2km圏内にいる方で、要介護認定を受けている方は3,000人いるんです。これが16㎞圏内になると30万人いる計算になります。高齢の方が多い地域でもあるので、訪問して信頼を得て口コミでどんどん広がっていくといいなと思っています。」
 ――30万人もいるとは驚きですね…。
 「この仕事を始めて分かったんですが、ケアマネージャーがいる事業所は近くに150ヶ所あって、高齢者施設だと80施設もあると知りました。そこにデイサービスは入っていないので、それも入れると本当に沢山の施設がありますね。」

 高齢になり硬くなって動きにくい関節や、筋肉の委縮・麻痺が起こっている部位に対して施術を行うことで、症状の改善や身体の機能維持を目的としているそうです。また、高齢者に起きやすい誤嚥の防止にも、歯科医師と連携して改善に取り組んでいるとのこと。

メディアと現場、両方の仕事を今後も続けたい

 ――最後に、今後についてお聞かせください。
 「メディアの仕事は客観視しかできません。でも医療マッサージは現場の話です。その両方を取り入れれば、メディアの方でも主観的な話ができ、医療マッサージの方でも取材などで得た知識があることで、スタッフやケアマネージャーとの連携も取りやすいと感じています。この2つの仕事で生まれた相乗効果を使い、今後も活動できればと思っています。」

 国家資格を持った施術者による確かな技術と知識、医師やケアマネージャーとの連携。更には施術中の様子などをネット上から写真付きで確認できるシステムなどの細やかなサービスで、安心してお任せできる『KEiROW多摩区西ステーション』。直線距離で片道16kmまで訪問しています。是非ご利用してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 KEiROW多摩区西ステーション
住所 神奈川県川崎市多摩区生田7-11-13-102 
電話番号 0120-913-743 
アクセス 小田急小田原線 生田駅から徒歩2分
営業時間 9:00~19:00 
定休日 日曜日
URL http://keirow-tamakuw.com/