キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
東京

【東京・赤羽】世界562店舗展開する台湾発のスイーツ専門店が日本上陸!『Meet Fresh 鮮芋仙』

 東京都北区。赤羽駅から徒歩5分のところに、“台湾かき氷”が話題を呼んでいるお店が誕生しました。2017年4月8日グランドオープンした『Meet Fresh鮮芋仙(ミートフレッシュ・シェンユイシェン)赤羽本店』です。こちらのお店は、台湾に本店を置く台湾スイーツ専門店です。2017年12月現在、日本国内に既に3店舗展開している同店ですが、冬こそ食べたい“あったかスイーツ”があるということで飲食事業部部長の坂口さんにお話を伺ってきました。

ついに日本上陸!台湾スイーツ専門店

 『Meet Fresh 鮮芋仙』は台湾の農家に生まれ育った姉弟が、“芋園(いもえん)”という芋のお団子や、“仙草(せんそう)”という台湾のハーブで作ったゼリーなどの伝統的なスイーツの専門店を作ったのが始まりだそう。そこから2017年現在は、台湾10店舗、中国518店舗、アメリカ5店舗、オーストラリア5店舗、ニュージーランド6店舗、ベトナム8店舗、カナダ2店舗、韓国5店舗、日本3店舗、計562店舗展開する一大チェーン店となりました。2017年、日本に進出してから既にBIVIO店、吉祥寺店、そして赤羽本店と3店舗展開していることから、その人気の高さが伺えます。現在大ブレーク中の台湾スイーツ。今後の展開にも注目が集まりますね。

▲BIVIO店(2017年5月OPEN)
▲吉祥寺店(2017年8月OPEN)

赤羽本店は本国・台湾店を意識

▲赤羽本店

 「台湾らしさを味わいたい!」という方には、既に展開中の3店舗の中では何と言っても赤羽本店がおすすめ。最も台湾の雰囲気を再現しているオリエンタルな内装です。夏場は広いテラス席が大人気。台湾サイズの規格外の大きさが人気のかき氷を楽しむ人たちで大賑わいだったとか。4月にオープンした同店は、日本の冬を迎えるのは初めて。そこで、テラス席にストーブを導入して外でも暖かくスイーツが楽しめるよう配慮されています。

3つのメインスイーツと大きなかき氷

 それでは種類豊富なメインメニューをご紹介いたしましょう。

▲“芋園(いもえん)”シリーズ

 “芋園”と呼ばれるモチモチした芋のお餅をメインに、タロイモ・サツマイモ・小豆・ハト麦・タピオカなどをトッピングして、黒糖シロップをかけたシリーズです。1号~5号と、5つのバリエーションがあり、少しずつ具材が異なります。コールドは底にかき氷が、ホットは小豆スープが入っています。特にタピオカは各店舗作りたてを提供しており、新鮮なタピオカがいただけます。タピオカというと“トッピング”のイメージがありますが、こだわりのタピオカに注目してその食感を楽しんでみましょう。

▲“仙草(せんそう)”シリーズ

 “仙草”と呼ばれる台湾のハーブを煮詰め、黒糖シロップを混ぜて凍らせたかき氷に、仙草汁で作ったゼリーを載せ、タロイモ・サツマイモ・小豆・ハト麦・タピオカ・フレッシュミルクなどをトッピングしたシリーズです。仙草汁で作ったゼリーは若干の癖はありますが、コーヒーゼリーに似た風味のハーブのゼリーです。ハーブ系の味わいに抵抗が無い方は、是非味わってみてはいかがでしょうか。こちらも5種類あり、中身が異なります。ホットとコールドから選べますよ。

▲“豆花(トウファ)”シリーズ

 こちらは、日本の豆腐より甘くなめらかな豆腐を使ったスイーツです。タロイモ・サツマイモ・小豆・ハト麦などを使い、こちらも5種類。ホットとコールドが選べます。

▲台湾かき氷

 そして、何と言っても一番注目を集めたのは、このかき氷ではないでしょうか。食べ応え満点の台湾かき氷、こちらは年間通していただけます。温かい店内で冬に食べるかき氷というのも贅沢な時間ですね。

日本限定!冬の新作スイーツ2種から目が離せない!

 なんと、寒い日本の冬に合わせて限定スイーツが公開されました。まず一つ目は“チョイスイーツ”。“チョイス+スイーツ”ということで、オリジナルスイーツが自分で作れてしまう楽しいメニューが仲間入りです。まず、杏仁・抹茶・マンゴーの3種類からプリンをチョイス。そこにミルク・抹茶・マンゴーの3種類からソースを選び、“シーミールー(ホワイトタピオカ)”とグラノーラ、さらに十数種類から自由に選び放題のトッピングで完成するスペシャルなスイーツです。“マイベストチョイスイーツ”を生み出すために、思わず通ってしまいそうですね。
 もう一つは寒い冬に嬉しいホットなスイーツ“ホットミルク”です。ココナッツフレーバーが香る暖かいミルクに、緑豆・ハト麦・小豆・サツマイモ・白玉・芋園・タピオカなどをトッピングしたもので、こちらもメインのスイーツ同様5種類から選べます。具材はそれぞれ違うので、お好みのものを選んでみてください。

季節限定メニュー続々発売予定!

 現在は冬の“あったかスイーツ”が楽しめる同店ですが、夏になれば夏限定の冷た~いメニューが続々発売予定とのこと。今後もその動向から目が離せませんね。日本版の『Meet Fresh鮮芋仙』は、日本人の味覚に合わせて渋いお茶や日本限定メニューが充実している、日本だけの魅力がいっぱいです。本国でも味わうことができないスペシャルなスイーツをぜひ味わってみてください。オリエンタルなその味覚の虜になること間違いなしです。

店舗名 Meet Fresh鮮芋仙(ミートフレッシュ・シェンユイシェン)赤羽本店
住所 東京都北区赤羽2-21-2 SD Building 1F 
電話番号 03-5939-9500
アクセス JR埼京線ほか赤羽駅から徒歩5分
営業時間 11:00 ~ 21:00 (L.O. 21:00)
定休日 不定休
ホームページ http://www.meetfresh-tokyo.jp/
店舗詳細はこちら