店舗検索
業種を選択
場所を選択

※距離から探す場合は、位置情報を許可してください

現在地からの距離を選択
キーワードの入力
  • で検索する
特集

【緊急事態宣言解除】安全な飲食店の選び方とGoToEatの再開時期を予想!

1月7日から1ヶ月半以上もの間11都府県を対象に発令されていた緊急事態宣言は、感染拡大が収まりつつある6地域を対象に3月7日の期限より前に先行解除されました。

未だ首都圏に関しては発令中のままですが、ここ数日の感染者状況が続けば、おそらく予定通り3月7日に全面解除されることになるでしょう。

そこで、「これまで我慢していた飲食店へ行きたい!」「早くGoToEatが再開してほしい!」という方も増えてくるのではないでしょうか。

本記事では、緊急事態宣言解除に伴い、安全な飲食店の選び方とGoToEatの再開時期について解説してまいります。

緊急事態宣言が6府県で解除!

ニュースサイトは撮影用の架空のサイトです。イメージ写真です。

1月7日から長らくの間発令されていた緊急事態宣言は、当初2月7日までの予定でしたが、3月7日までと期限を延長されていました。

しかし、ここ数週間の感染状況や医療逼迫状況から、改善が見られた5都府県に関しては3月7日の期限を待たずに先行解除される形となっています。

飲食店の時短営業要請も緩和

これにより、飲食店の営業時間短縮が要請されていたのも緩和し、20時までから、21時までの営業が可能になりました。

仕事が遅くに終わる方も21時まで飲食店を利用することができるようになりますので、ずいぶんと自由になるのではないでしょうか。

都市圏は3月6日あたりに決定予定

一方、東京、埼玉、神奈川、千葉などの首都圏に関しては、3月7日より数日前までに延長もしくは解除の取り決めがされる予定です。

東京に関しては、感染者自体は減少傾向にあるものの、医療の逼迫状況は変わらない状態ですので、延長される可能性も大いにあるといえます。しかし、予想は予想でしかありませんので、まずは公式の発表を待ってから、外出制限の緩和等を行っていくようにしましょう。

緊急事態宣言解除ならイートインは安全?

緊急事態宣言が解除されるとなれば、気になるのはイートインはもう安全になるのか?という点です。

結論から言えば、緊急事態宣言が解除されるからといって、なんの対策もせずに飲食店に行っていてはそこで感染してしまうことも当然ゼロではありません。

 

コロナ対策ガイドラインについて

コロナ禍でも飲食店を安全に利用できるよう、日本フードサービス協会は新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針として、「外食業の事業継続のためのガイドライン」を提唱しています。

 

これは、2020年11月30日に一部改正され、3密(密閉・密集・密接)を避け、手洗いなどの永瀬管理の実施やソーシャルディスタンスの確保など、来店客と従業員の安全を守るための対策が示されています。

来店する際は、ガイドラインに沿っているか確認

つまり、少しでも安全に飲食店で食事をするには、ガイドラインに沿った対策を行っているかどうかを確認する必要があるということです。

ガイドラインに沿って対策を行っているかどうかは、公式のHPや食べログ、ホットペッパーやSNSなどに記載がありますので確認してみてください。

また、きちんと時短営業の要請に従っているかどうかという面も安全かそうでないかという点を見極めるポイントとなるでしょう。

GoToEatの対象店舗は基本的にガイドラインクリア

とはいえ、公式ページでの発表などは、信憑性が薄く、実際にどのくらいの対策をおこなっているかという点は見えない可能性もあります。

更に詳しく見極めるポイントとしては、「GoToEatの対象店舗か」という点です。もちろん、日ごろからきちんと対策を行っているが、GoToEatの対象店舗ではないという店舗もありますので、1つの指標として頭にいれておくとよいでしょう。

基本的に、GoToEatに参加するためには、ある一定の審査のようなものがあり、対策基準を満たした店舗しか対象店舗として登録することができません。

そのため、GoToEatの対象店舗は基本的にガイドラインをクリアしている店舗として認識して問題ないと言えます。

飲食店を利用する際は、利用客も対策を

ただし、どんなにお店側が対策をしていても、来店するお客も協力していなければ、意味がありません。

入店する前に消毒をしたり、お店側から協力をするよう依頼された対策に関しては、きちんと行うようにしましょう。

GoToEatの再開はいつ?

そして、緊急事態宣言が解除されたら気になるのは「GoToEatはいつ再開されるのか」というところです。

GoToEatは昨年10月からはじまり、ポイント付与事業に関しては2か月弱で予算に到達するなど大好評の施策でした。しかし、緊急事態宣言の影響で、GoToEatを含む各種GoToキャンペーンは一旦中止となっています。

ポイント利用は現在も可能

GoToEatキャンペーン自体は、現在中止となっていますが、GoToEat開催期間中に獲得したポイントについては、現在も利用することが可能です。

緊急事態宣言が発令されている地域でも利用することができますので、現在ポイントが余っているという方は、期限内に利用できるよう調整してみてください。

プレミアム付きお食事券の発行・利用は一時停止

では、現在何が中止になっているかというと、プレミアム付きお食事券の発行と利用です。プレミアム付きお食事券は、都道府県ごとに発券されるもので、例えば10000円分のお食事券を12000円で購入できるなど、20%のプレミアがついたものとなります。

都道府県によって、すでに始まっていた地域、これから開始予定であった地域など様々ですが、現状では全国的に発行も利用も停止されています。

GoToEatはいつから再開?

GoToEatの再開はいつからかというところですが、現在農林水産省などから公式の発表はありません。

現時点では3月7日の緊急事態宣言解除後も一定期間は中止を継続すると発表されており、再開するとすれば、春以降になるのではないでしょうか。

ただ、国としては、東京オリンピックを成功させるため、なんとしてでも夏までに感染拡大を抑えたい方針です。そのため、東京オリンピックが終わるまではなるべく外出を促すような事業は控えるといったことも考えられるかもしれません。

いずれにしても、今すぐの再開は考えられませんので、早くて春、遅くて秋以降になると考えておくとよいでしょう。

イートインが不安な場合はデリバリーやテイクアウトも

「緊急事態宣言が解除されたからお店にお食事をしに行きたい!」という方も多いかもしれませんが、その一方で、「外食したい気持ちはあるが、やはりまだ不安」という方や「家族が持病を持っている」という方もいらっしゃるでしょう。

イートインが不安な場合は、ある程度終息するまで、デリバリーやテイクアウトを利用するのがおすすめです。

どうしてもイートインを利用したい!という場合は感染症対策のガイドラインに沿って対策を行っていることが記載されている飲食店に足を運んで見てください。

まとめ

一部地域で緊急事態宣言が解除されたとはいえ、やはりまだ都心部では連日300人近い感染者が出ていますし、不安であるという方も多いでしょう。

しかし、これまで我慢してきた分、外食を楽しみたい方やGoToEatの再開を心待ちにしている方も多いはずです!是非、感染対策を行っている飲食店をピックアップして、足を運んでみてはいかがでしょうか?

開店ポータルでは、おすすめの飲食店を多数ご紹介しています!是非、お店選びにご活用ください!

関連するタグ: