キーワード・エリア
店舗検索
業種を選択
場所を選択

※距離から探す場合は、位置情報を許可してください

現在地からの距離を選択
キーワードの入力
  • で検索する
特集

コロナ禍でも安心!テイクアウトを展開する札幌の人気店7選!

コロナ禍における外出自粛を意識する生活が続く中で、テイクアウトを利用される機会が大幅に増えた方も多いでしょう。最近は、イートイン以外にもテイクアウトやデリバリーを導入する飲食店も増えましたので、メニューを選ぶ選択肢も広がっていますよね。

おうち時間を有効かつ快適にするためにも、上手にテイクアウトを利用して、お得に美味しい料理を楽しみましょう。

本記事では、コロナ禍でも安心してテイクアウトを楽しめる、札幌の人気店を7選ご紹介してまいります。

コロナ禍でも安心!テイクアウトを活用しよう!

現在、飲食店の多くは、ソーシャルディスタンスを保つための席数の減少や、密を避けるため配置を工夫するなど、コロナ対策を行いながら営業しています。消毒や検温などの感染症対策も徹底されていますが、やはり、まだまだ外食は不安だという方が多いのも実情です。

テイクアウトを利用する際、アプリ等のネットや電話予約を行えば、店内で待つことなく商品を受け取ることができます。また、事前にキャッシュレスやクレジット決済を利用することで、直接金銭をやりとすることなく購入することもできます。

また、現在実施されているGoToEatキャンペーンでは、登録店舗の条件として「感染予防対策に取り組んでいる飲食店であること」がガイドラインで定められていますので、テイクアウトをできる飲食店を選ぶ時には、このような情報も参考にするのもよいでしょう。

札幌のテイクアウト店7選!

札幌は、北海道の中でも唯一区分けされた市町村です。札幌といえば、テレビ塔や時計台のある大通りや、繁華街のすすきのといった中央区をイメージする方が多いと思いますが、札幌市内は全部で10個の区に分かれています。意外に広範囲にわたって構成されていますので、今回は、札幌の中心街のみならず区域を広げた7店舗をご紹介いたします。

【札幌・東区栄町】街の洋食屋 U’z-sky Farm

地下鉄栄町駅から徒歩15分程度に位置する「街の洋食屋 U’z-sky Farm」は、一品一品心を込めてつくった料理をリーズナブルな価格で提供してくれる洋食店です。

メニューは、唐揚げがセットの「ファーム・セット」やオムライスも楽しめる「ファーム・プレート」、ナポリタンも堪能できる「鉄板!!ナポリバーグ」などが揃っていて、ハンバーグだけでなく、ほかのメニューも一緒に食べられるのがうれしいところです。

そんな美味しい洋食を自宅で食べることのできるテイクアウトメニューも充実しています。1品から注文できるアラカルトは、夕飯の献立にちょっとプラスするだけでご飯が進むおかずになりますし、テイクアウトをご希望の方は、あらかじめ電話予約で時間を指定しておくと、揚げたてを用意してもらえますよ。自家製の商品が6品中3品と拘ったメニューラインナップになっています。

【テイクアウトメニュー】

~アラカルト~1品200円~

①自家製唐揚げ4個
②自家製とんかつ
③エビフライ2本
④フライドポテト
⑤カニクリームコロッケ大1個
⑥自家製しお唐揚げ(3個)
⑦白身魚のフライ(3枚)
※自家製ハンバーグ・・・・1枚250円
 バーグソース 各50円(ミート、トマト、ホワイト)

~自家製カレー~

① ファーム・カレーライス        税込550円
② 自家製唐揚げ(3個)のカレーライス  税込700円
③ 自家製ハンバーグ・カレーライス    税込750円
④ 自家製とんかつカレーライス      税込750円
⑤ エビ2本のせ カレーライス      税込750円→値下げ
⑥ お子様カレーライス          税込500円(NEW)

~ドリア・グラタン~各種 税込780円

①オムカレー・ドリア
②チキンとほうれん草の照焼クリームドリア
③自家製ハンバーグのホワイトドリア
④ミートソースグラタン
⑤完熟トマトグラタン

~オムカレー・オムライス~ 

①ファーム・オムカレー 税込700円
②洋食屋のケチャップオムライス 税込550円
③完熟トマトソースオムライス 税込700円
④明太子マヨネーズオムライス 税込780円

【店舗名】:街の洋食屋 U’z-sky Farm (ユージースカイファーム)

【住所】:北海道札幌市東区北46条東17丁目1-17 イーグル46 1階

【定休日】:木曜日(イベント出店の場合は土日祝の休日あり)

▶▶詳しい店舗情報詳細はこちらから

【札幌・白石区南郷】Shami coffee&b’

南郷通りを北に入った場所にある閑静な住宅街にある「Shami coffee&b’」は、健康を気にする方から熱烈に支持されている一軒家カフェです。メインメニューは、大豆を贅沢に使用したオリジナルの「キッシュ」です。北海道産大豆(黒千石大豆や3種類の大豆)を使用しており、食材は道産又は国産野菜を使用しているというこだわりようで、健康を意識する方から熱烈に支持されています。

そんなこだわりのキッシュは、テイクアウト販売も行っております。とても人気だということで、限定数に達し次第、販売終了となりますが、お取置きも可能となっておりますので、どうしても食べ逃したくない!という場合は、お取置きをおすすめします。

さらに、提供されている大豆とオリジナルブレンドコーヒーも店頭で販売してますので、お家でも、キッシュとセットでお店の味を楽しむことができますよ。

【テイクアウトメニュー】

・道産蒸し大豆と野菜のホールキッシュ 18センチ 税別2,600円 ※要予約
・道産蒸し大豆と野菜のホールキッシュ 22センチ 税別3,900円 ※要予約
・ハンドドリップコーヒー(ゆきやなぎ・やまもみじ) 税別500円
※メニューは変わる場合があります。詳細はお店にお問い合わせください。

【店舗名】:Shami coffee&b’

【住所】:北海道札幌市白石区南郷通4北4-30

【定休日】月曜日・火曜日・第一、第三日曜日

▶▶詳しい店舗情報詳細はこちらから

【札幌・中央区】11丁目餃子坊 猿

地下鉄西11丁目駅徒歩1分、電車通り沿い地下のレトロな餃子店「11丁目餃子坊 猿」は、「札幌の中毒系ジャンボ餃子」と呼ばれているほどの衝撃的なジャンボ餃子で、癖になる味わいだと話題のお店です。

餃子の大きさは通常の3倍、独自配合された皮は毎日手作りされており、モッチモチの食感が抜群の食べ応えで、コスパ最強の餃子が特徴です。

テイクアウトでは、餃子はもちろん、名物チャーシューから回鍋肉、油淋鶏ザンギなど、お店人気のメニューを気軽に食べられると、お客さまからも好評だそうです。

テイクアウトご利用の際は、事前に電話で注文または直接お店でご注文してください。アツアツのメニューを持ち帰ることができます。

【テイクアウトメニュー】

~餃子弁当~
・ジャンボ餃子弁当 745円
・ジャンボ餃子&焼豚弁当 810円

~点心~
・焼き餃子5個 643円
・平日用焼き餃子5個 643円
・羊餃子5個 764円
・肉焼売3個 610円
・小籠包3個 654円

~一品~

・名物焼豚 610円
・豚バラ痺れ麻婆豆腐 973円
・回鍋肉 951円
・油淋鶏ザンギ 764円
・海老チリ 973円
・海老マヨ 973円
・豚ニラ キムチ炒め 973円

【店舗名】:11丁目餃子坊【猿】

【住所】:札幌市中央区南1条西11丁目1-1コンチネンタルビル地下1階

【定休日】日曜、祝日

▶▶詳しい店舗情報詳細はこちらから

【札幌・手稲】焼肉 さんじ

JR手稲駅北口から車で約7分にある「焼肉 さんじ」は、ホテルでの仕事経験をもつ店主が作る本格カクテルと焼肉が楽しめる一軒家の焼肉店です。

「焼肉 さんじ」のお肉は特定の業者から仕入れるのではなく、複数の業者を比較して、鮮度と品質がその日一番よいものを厳選して仕入れているため、いつもおいしいお肉をいただくことができます。

そんな同店こだわりのお肉をふんだんに使用したメニューがテイクアウトで食べることができます。メニューは、サガリや牛タンのお弁当や、オリジナルのホットドッグやハンバーガーなど、肉汁滴る焼肉屋さんならではのお肉料理となっています。人気の「さんじバーガー」は、ハンバーグが220gもあり、パンもお店で焼いているこだわりようです。これひとつで十分満足感のあるボリュームとなっています。

是非、テイクアウトで出来立てのジューシーな美味しさを楽しんでください!

【テイクアウトメニュー】※全て税込み価格

・さんじドック 350円
・サガリサンド 460円
・さんじバーガー 780円 ※3日前の要予約
・さんじ弁当 980円
・サガリ弁当 1,100円
・牛タン弁当 1,100円

【店舗名】:焼肉さんじ

【住所】:北海道札幌市手稲区前田7条10丁目5番13号

【定休日】:火曜日

▶▶詳しい店舗情報詳細はこちらから

【札幌・すすきの】buddhabar sapporo

すすきの駅から3分ほど歩いた路地にかまえる「buddhabar sapporo」は、人気の餃子や麻婆豆腐をはじめ、こだわりの料理をイートインやテイクアウト、デリバリーが楽しめるお店です。前菜からご飯や麺類など、多国籍料理も提供しているので、幅広いお客様層から親しまれています。

テイクアウトでおすすめなのが、同店の一押し「パーティBOX」です。AとBの2パターンあり、Aタイプは餃子6個、麻婆豆腐、エビチリ、ザンギなどがセットとなっており、Bタイプは、餃子6個、白身魚の甘酢あんかけ、エビマヨ、ザンギなどがセットになっています。2人前で2,000円のパーティBOXは、ボリュームも満点!ご自宅で、お酒と一緒に楽しみたい一品です。オンライン飲み会にもおすすめですよ!

【テイクアウトメニュー】
・パーティーボックス(A、B) 2,000円
・餃子6個 700円
・麻婆豆腐 1,000円
・エビチリ 1,000円

【店舗名】:buddhabar sapporo

【住所】:北海道札幌市中央区南三条西6丁目1-3

【定休日】:日曜日

▶▶詳しい店舗情報詳細はこちらから

【札幌・白石】焼き鳥ヤッキー

白石区の13条北郷通りある「焼き鳥ヤッキー」は、焼き鳥のテイクアウト・持ち帰り専門店です。駐車場が完備されおり、車でもアクセスしやすい場所にあります。

営業スタイルは、つくり置きをせずにオーダーを受けてからその場で焼くスタイルなので、いつでも出来立てアツアツの焼き鳥を購入することができます。

「焼き鳥ヤッキー」では、常時14種類の焼き鳥を揃えています。おすすめは「若鶏!もも串」です。北海道産の中札内田舎どりという一流銘柄どりを使用しており、ジューシーで柔らかなもも串を堪能することができます。あぶらみも少なくあっさりとしているのでつい何本も食べてしまうほど病みつきに。ビールとの相性も抜群ですよ!

他にも、色んな種類のつくねを楽しむことができる「ヤッキーいろいろつくね」は、つくね、なんこつ、しそもみじ、チーズ、きんぴらなど5種類のなんこつをご用意しています。チーズがたっぷり乗ったチーズつくねや、あっさり風味のきんぴらつくねなどは、同店でしか味わえないメニューなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【テイクアウトメニュー】(一例です)
・若鶏!もも串 各140円
・ヤッキーいろいろつくね 各150円
・ヤゲン!なんこつ唐揚げ 100g400円
・手作りザンギ 1個98円

【店舗名】:焼き鳥ヤッキー

【住所】:北海道北海道札幌市白石区北郷2条7-5-1 ワタショウフーズ白石1F右角

【定休日】:火曜日

▶▶詳しい店舗情報詳細はこちらから

【札幌・中央区】まるみ食堂

最後にご紹介するのは、今年2020年6月にオープンしたばかりの「まるみ食堂」です。北1条西7丁目バス停留所からすぐ、大通駅から歩いて6分ほどのビル地下一階にあります。

看板メニューは、とろっとろの卵に香ばしい鶏肉が入った「親子丼」。同店では鶏肉を一度皮まで焼いてから煮込んでいるということで、旨みがたっぷり詰まっています。材料にもこだわり、伊達鶏とビタミンを多く含む赤身の卵をつかっています。

テイクアウトメニューでは、やさしい味わいのお弁当を購入することができます。数量限定となっていますが、価格設定もお手軽なので、家でゆっくり食事したいときにおすすめとのことです。

「まるみ食堂」のメニューは、出来合いのものは使わずに、すべて手作りにこだわっていますので、健康的でバランスの良い食事をテイクアウトで取り入れられるのも嬉しいですよね。

【テイクアウトメニュー】
・からあげ弁当  500円
・麻婆焼飯弁当     500円
・日替わり弁当 500円

【店舗名】:まるみ食堂

【住所】:札幌市中央区北1条西7丁目

【定休日】:日、祝日(土曜日はランチタイムだけ営業)

▶▶詳しい店舗情報詳細はこちらから

テイクアウトをするときに注意しておきたいこと

調理してから食べるまでに時間を要するテイクアウトを利用する際は、食中毒を予防するための対策を忘れずにすることが大切です。

持ち帰りの時間

テイクアウトでは、調理後、食べるまでの時間が長くなるため、食中毒菌が増えるリスクが高まります。気温の高くなる季節は特に注意が必要ですし、これから冬にかけての季節は、車や電車の暖房が直接あたり続けないよう注意が必要です。

そして、出来れば、一度に食べきれる量を購入するのが望ましいでしょう。また、テイクアウトの商品を購入する際は、買い物などの最後にし、常温で長時間持ち歩かないように意識することも大事です。

消費期限

まず、消費に関する表示が添付されている弁当等は、消費期限や保存方法を確認しましょう。表示がない場合は、食べきる期限の目安や持ち運び・保存時の注意点をお店の人に確認するようにしましょう。

容器が頑丈か

コロナ禍で、テイクアウトの需要が急増し、急遽テイクアウトを始めた飲食店では、持ち帰り用の容器までこだわれずに始めている店舗があるのも実情です。また、コスト面との兼ね合いで、耐久性に欠ける容器を使用している店舗もありますので、商品を受け取る際には必ずチェックし、持ち帰り方を意識することも必要です。

コンビニのお弁当のような持ち方をして帰ると、開けた時には、中身が飛び出ていたり、混ざり合っていたり、汁が漏れていたりと困らないように、容器のチェックも忘れずに行ってください。

保冷剤を使用するときは、弁当等の上に置くと保冷効果が増しやすく、冷やしやすくなります。さらに保冷バッグを使うとより効果的ですので、テイクアウトを利用する際は、保冷バッグを持参することをおすすめします。

口コミも確認しておこう!

飲食店の口コミサイトを参考に、お店を選ぶことが当たり前になっている時代ですが、一部の大手グルメポータルサイトでは、口コミ投稿の項目に、テイクアウトやデリバリーに関しての入力欄を追加するなど、掲載情報を拡充させています。また、衛生対策情報も同時に掲載されていますので、テイクアウトを利用される方は、SNS全般を含めた口コミもチェックすることをおすすめします。

まとめ

今回は、テイクアウトを展開する札幌の人気店7選をご紹介してまいりました。

新型コロナウイルスの影響で、今まで店内飲食のみの営業だった飲食店も、テイクアウトを導入する店舗が増えています。

 

イートインですと消費税が10%かかるところ、テイクアウトでは8%とお得に利用できることも魅力ですし、テイクアウト限定のメニューから価格設定までされている店舗もありますので、さらにお得に利用することができます。

皆さんもこの機会に、手軽にお得意なテイクアウトライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

開店オンラインでは、テイクアウト情報や新店オープン情報を含め、全国の人気飲食店をご紹介していますので、是非、チェックしてみてください!