キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【東京・代々木上原】『BOWERY LANE NY.TABLE』は熟成ステーキが自慢の古民家ビストロ♪気分はニューヨーカー!

 代々木上原にある『BOWERY LANE NY.TABLE(バワリーレーン ニューヨークテーブル)』は、築80年の古民家を改装した一軒屋ビストロです。熟成アンガスビーフステーキをはじめ、マカロニチーズやハンバーガーなど、本場ニューヨーク仕込みの料理が楽しめます。
 
 オーナーの田中さんは、ニューヨークで20年間修業したのち、現地で知り合った仲間とともにお店をオープン。お肉の旨味を閉じ込めるドライエイジング製法について、お店への思い入れについて…たくさんのお話を聞かせてくださいました。

修業時代を過ごした思い出のストリート

 『BOWERY LANE NY.TABLE』は2017年9月、井の頭通りから1本入った路地にオープンしました。お店にたどり着くと、Bowery laneと書かれたターコイズグリーンのポールが迎えてくれます。

 「シェフとはニューヨークで知り合って以来、ずっと仲良しです。彼はフレンチ、イタリアン、和食と幅広く経験して、僕よりひと足先に日本に戻りました。僕が帰国したのをきっかけに、また一緒にお店をやろうということになったんです。」

 “BOWERY LANE”とは本来、“緑のある小道”を意味する言葉。路地で草木に囲まれたお店のロケーションと、田中さんが修業時代に住んでいたBOWERYという通りの名前をかけた店名なのです。

古民家を生まれ変わらせた趣ある空間

 そんな同店のもとの姿は、築80年の古民家でした。路面店かつ雰囲気のよい建物を探していたところ、紹介を受けたのがこちらだったのだとか。外国の方が多い地域性にも魅力を感じ、即決したそうですよ。

 「日本だと、お店に外国人がいると驚く方も多いですよね?でもニューヨークで過ごしてきた僕にとっては、レストランに外国人がいるのは当たり前なんです(笑)。だから、外国の方でも気軽に入れるお店をつくろうと思いました。」

 大きな窓から外の光が差し込み、店内は明るい雰囲気です。オープンキッチンに面したカウンターからはシェフの手さばきが見学でき、料理を待つ間も退屈しません。

 「僕たちが借りる前のオーナーさんがいい感じに改装してくれていて、物件に一目ぼれでしたね。カウンターとテラスは新たに、自分たちで作りました。」と田中さん。

 洗練された空間なのにどこか懐かしいのは、古民家ならではのうつくしい風合いが残されているから。天井を見上げれば、古き良き日本の建築文化を感じることができます。

 お店の裏手には、庭木を眺めながら食事ができるテラス席があります。こちらはワンちゃんの同伴もOKですよ。
 青空の下でランチをするのもよし、夕涼みしながらワインを楽しむのもよし。暖かい季節が楽しみですね。

熟成ステーキに舌鼓!NYスタイルの食事を楽しもう

 『BOWERY LANE NY.TABLE』のコンセプトは、歴史ある日本の古民家で、ニューヨークスタイルの料理を提供すること。和とアメリカの文化が融合した、今までにないスタイルのビストロです。
 「ニューヨークスタイルというのは、ひとことで言うと“ごちゃごちゃ”。なんでもアリなんです。」
 そんな田中さんの言葉どおり、メニューには“水ダコのセビーチェ”、“和牛リブロースとウニの炙り寿司”なども。ニューヨークというベースを大切にしつつ、多国籍料理のエッセンスも取り入れているのですね。

 お店に来たら真っ先に味わいたいのは、看板メニューの熟成ブラックアンガスビーフステーキ。サーロイン(6,980円~)、高級なリブロースの中でも特に柔らかいリブアイ(7,980円~)から選べます。
 ナッツのような芳ばしい香りと旨味は、熟成肉ならでは。ステーキの肉汁をたっぷり吸ったポテトもお楽しみです。

 お肉の味の秘密は、冷蔵庫を0℃前後にキープし、風を当てながら熟成させるドライエイジング製法にあります。
 まずは、お肉屋さんで3週間ほどドライエイジングをします。すると、水分が飛んで表面がカビで覆われ、旨味が凝縮していくのだとか。
 「その後は、お店の冷蔵庫でさらに1週間ほど熟成させます。本当においしいところを食べていただくために切り出していくから、使える部分はもとの6、7割になっちゃいますね。」

 アメリカのおふくろの味・マカロニチーズも食べ逃せません。現地では学食のメニューにもなるほど、大人も子どもも大好きだそうですよ。
 『BOWERY LANE NY.TABLE』では5種類の味を用意していますが、一押しは、チェダー、パルメザン、ゴルゴンゾーラ、ミックスチーズが入った“4種のチーズ”(980円)。こんがり焼けたとろとろのチーズがもっちりしたマカロニに絡み、至福のおいしさです。

 あつあつでからだが温まる“オニオングラタンスープ”(980円)は、寒い日や小腹がすいたときにもぴったり。バターでじっくり炒めた玉ねぎはとろりと甘く、スープがしみ込んだバゲットと相性抜群です。

 アメリカといえば、やはりバーガーですよね。同店では、白身魚フライとタルタルソースの“ボストン”、ベーコンとチェダーチーズ、BBQソースの“テキサス”など、5種類のバーガーが楽しめます。
 “カリフォルニア”(1,480円)は、パティのほかに目玉焼きとチェダーチーズ、アボカドが入ってボリュームも満点!ブラックアンガスビーフ100%のパティはしっかりめの焼き具合で、噛むほどに肉汁があふれます。パティと野菜、バンズの絶妙なバランスをお楽しみください。

代々木上原の穴場ビストロで素敵な時間を

 「もっと認知度を上げて、お店を盛り上げていきたいですね。一度来た方はリピーターになってくれるけど、まず最初に来ていただくまでが難しくて。」
 田中さんいわく、お店のある代々木上原周辺は、のんびりゆったり、自分に返れる場所。ひとりでゆっくりするのはもちろん、友達とのランチやデート、接待などにも気軽に利用してほしいとのことです。

 「おしゃれだけどかしこまったお店じゃないので、気持ちを楽にして来てくださいね。おいしい料理とワインでニューヨーカー気分を味わいながら、楽しいひとときを過ごしていただければと思います。」

 古民家を改装したあたたかな空間で、ニューヨークスタイルの料理が楽しめる『BOWERY LANE NY.TABLE』。とっておきの一軒屋ビストロで過ごす時間は、いつもの日常をちょっぴり、豊かにしてくれますよ。

店舗名 BOWERY LANE NY.TABLE(バワリーレーン ニューヨークテーブル)
住所 東京都渋谷区上原1-25-11
電話番号 03-6874-5727
アクセス 小田急小田原線代々木上原駅から徒歩3分
営業時間 ランチ:平日12:00~15:00(L.O 14:30) 、ブランチ:土日祝日12:00~18:00、ディナー:18:00~24:00(L.O 23:30)
定休日 月曜日(祝日の場合は営業、火曜日が振替休業となります)
ホームページ http://www.bowerylane.jp/
店舗詳細はこちら