【東京・恵比寿】モチモチ美味しい!2個で1つのサンドウィッチ専門店『nicowich』の美味しさの秘密

東京都渋谷区、恵比寿駅から徒歩2分のところにある、複合飲食施設エビスフードホール内に、新たな店舗が誕生しました。今年7月6日にオープンしたのが、今回ご紹介するサンドウィッチ専門店『nicowich(ニコウィッチ)』です。
“2種類の具材を選んで1セット”のスタイルで、色々な味をちょっとずつ食べるのが好きな女性に、絶大な支持を得ています。さらに、使っているパンも特別なのだとか!早速、広報担当の方にお話を伺ってきました。

大人気の食パンで美味しいサンドウィッチを

Bread&Coffee IKEDAYAMA(ブレッド&コーヒーイケダヤマ)のパンの中でも飛びぬけて美味しく大人気なのが、“パン・ド・ミ”という食パン。「このモチモチで瑞々しい食パンを、手軽に味わってほしい。」との思いから、サンドウィッチ専門店をオープンしました。

大人気の食パンが美味しい秘密

『ニコウィッチ』のサンドウィッチに欠かせない食パンには、驚きの秘密がありました。普通の食パンの水分量が70%というところ、この食パンはなんと90%!だからこそ非常に瑞々しく、しっとりなめらかで、のどごしがいいのです。
天然酵母を使用し、じっくり長時間発酵させているので、噛むほど甘い、耳まで美味しい食パンに仕上がっており、店頭で食パンだけの販売もしています。

“フードホール”ってどんなところ?

そんな『ニコウィッチ』が仲間入りしたエビスフードホール。ここで、日本人にとってあまり馴染みのない“フードホール”という施設についてご紹介します。フードホールとは、ニューヨークで発展を遂げたフードコートの進化版。より、専門的な知識や技術を持った職人やバリスタ、ソムリエなどが食事を提供する複合飲食施設です。

朝から夜まで様々なシーンで!

フードホールの店内は、非常にスタイリッシュでおしゃれ。ニューヨークスタイルでありながら、高い天井や木のぬくもりを感じられる、居心地のいい空間になっています。これは今までのフードコートのイメージを覆しますね。
また、多くの方が訪れるフードホールだからこそ、様々なシーンで活用できるよう、豊富なメニューがそろっています。朝はコーヒーとパン。お昼は彩り豊かな野菜とデリが選べるサラダランチ。夜はバルとして、一日の疲れを癒します。
最初はお客様もどうしていいかわからない様子で、戸惑っていたとのこと。受け入れられるかわからないけれど、様々なシーンで使ってもらおうと働きかけていると、お客様も段々慣れてきたようで、今ではリピーターの方も多いのだとか。これから日本全国に広がって、新しいスタンダードになるかもしれませんね。

“2個でひとつ”の選べるごちそうサンドウィッチ

お待たせしました!ここで『ニコウィッチ』の人気商品をご紹介します。
一番人気の組み合わせは、玉子サンド+エビカツサンド。お好みで“2個選んで1セット”というのが、ちょっとずつ色々食べたい女子にも嬉しいところ。中でもこの2つは、玉子がフルフルで、エビはぷりぷりの、黄金の組み合わせです!
同店のサンドウィッチは、食べた時に、パンとソースと具材の組み合わせがマッチして初めて完成する、絶妙なバランスの上にできているもの。この三位一体のバランスを作り出すのには、かなり苦労したそうです。
野菜だけで作ったサンドウィッチや、新商品のキウイフルーツのサンドウィッチなど、他にも気になるメニューが盛りだくさん!見た目にも可愛いので、インスタ映えもしそうですね。

目の前で出来あがっていくサンドウィッチの魅力

すぐ目の前で作られ、出来立てが食べられるのも専門店ならではの安心ポイント。片手で持つことができて、食べやすい大きさというのも、サンドウィッチの良さを最大限に引き出しています。
お客様は女性が中心ですが、朝はサラリーマンがボリュームのあるサンドウィッチを買うことも多いのだとか。一ヵ月単位で新メニューに変えるそうなので、いつ来ても新しい発見があり、飽きの来ないメニューとなっています。

この記事だけでも、どんな美味しいサンドウィッチなのか気になりますよね!?その真実は、ぜひエビスフードホールの『ニコウィッチ』で確かめてください!ニューヨークスタイルのオシャレな空間で、自分好みの“ニコイチ”のサンドウィッチを選ぶ楽しみも味わってみてください。

店舗情報

店名 ニコウィッチ
住所 東京都渋谷区恵比寿南1-1-9 岩徳ビル 1F
電話番号 03-5773-5959
アクセス JR恵比寿駅から徒歩2分
営業時間 10:00~22:00
定休日 不定休
URL https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13210455/