キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【東京・巣鴨】ジャマイカ人も認める絶品ジャークチキン! レゲエバー『Good Vibration』

 カリブ海に浮かぶ美しい島国「ジャマイカ」。高級コーヒー豆「ブルーマウンテン」や世界最速の男「ウサインボルト」、また音楽ではレゲエが人気なことでも有名です。そんなジャマイカのソウルフードは何と言っても『ジャークチキン』。旅好きな人が集まるコミュニティの中でも、「ジャマイカのジャークチキンは本当に美味しかった」と懐かしむ人は大勢います。
 そんなジャークチキンが美味しく、かつ個性的で楽しすぎるレゲエバー『Good Vibration』が2016年8月8日にオープンしました。中南米を20ヶ国以上旅したというオーナーがいるお店に、興味が湧かないはずがありません。早速潜入してきました。

新宿や渋谷ではなく、あえてこの「駒込」という地に

 正直、“ジャマイカ料理” ”レゲエバー” と聞くと、イタリアンや居酒屋などと比べて非常にニッチな部類に入るかと思います。新宿や渋谷、六本木など様々な人が集まる大都市ならまだしも、なぜこの昭和香る下町「駒込」に店を構えたかは誰もが疑問を抱くことでしょう。
 オーナーの本田さんに話を伺うと「歳をとって、人の多い都心に行くのが大変に感じてきた。そして場所にとらわれず、東京のローカルから何を発信するかを大事にしたい」と言います。若い頃からアメリカに住み、レゲエに恋をし、いろいろなカルチャーに影響を受けた本田さんだからこそ、 次の世代への発信の仕方にもこだわりがあるのでしょう。

中に入ると広がるジャマイカの陽気な雰囲気

 お店に入ると、視覚、聴覚、嗅覚とあらゆる感覚でジャマイカを感じます。入った瞬間、店内でお香を炊いているのか、レゲエ好きのスイッチを一気にONに切り替えてくれるような独特な香りに包まれ、同時にカリブ海特有の陽気な音楽が聞こえてきます。この時点ですでに気分は異国にいるようです。

 嗅覚と聴覚を刺激された後は、ひたすら視覚でジャマイカを感じることになるでしょう。 まず目に飛び込んで来たのは、ジャマイカで最も有名なRed Stripe。常夏のジャマイカに合う軽めのライトビールで、辛口なジャークチキンにもよく合います。

 こちらは日本でも知名度の高いブランデー「ヘネシー」。ジャマイカのパーティーでは定番の蒸留酒です。日本では未発売の希少なものも揃えてあり、ブランデー好きな方にはたまりません。

 そしてここはレゲエバー。もちろんターンテーブルも常備されています。毎月最終日曜日は、新宿・渋谷界隈の人気レゲエDJを呼んでイベントが開かれます。チャージは掛からない上、ドリンクも安くなるようで、毎月多くのレゲエ好きが集まるようです。他にもジャマイカグッズがたくさんあるので、見ているだけで楽しくなってきます。

スパイスから調理方法まで徹底的にこだわった絶品料理の数々


▲ジャークチキン 850円

 こちらのお店で一番の人気メニューが、このジャークチキン。20種類のスパイスから作るジャークチキンは本場仕様のやや辛めテイスト。辛い中でもコクがあり、程よい甘みを感じるこちらのジャークチキンの秘密は、実は唐辛子にあります。

 味付けに使用する唐辛子には、生のスコッチボネットを使用しています。スコッチボネットはジャマイカで実際に利用されている唐辛子で、ハバネロと同じくらいの辛さがある一方、フルーティーな甘みが含まれているのが特徴です。このフルーティーな甘みが、ジャークチキンのうま味とコクを引き出します。

 また、焼き方にもこだわりが。現地と同様にガスではなく炭を使用しており、上の蓋を閉めることによって、炭に肉の油が垂れ、大量の煙が出ます。この煙で燻されることによってスモーキーな味になり、お酒がより一層進むのです。

 研究に研究を重ね、この味にたどり着くまで10年ほどかかったという本田さん。このジャークチキンを食べずして、このお店を、いや駒込を去るわけにはいきません。

 他にも、12種類のスパイスを使って作る無添加無化調のキーマトマトカレー(900円)や 、

 水曜日と金曜日に限定で販売されるジャークサンドイッチ(750円)も評判のメニューです。

人のつながりを大事にするレゲエバー

 レゲエ好きが酒を飲みながらゆったりくつろぎ、気がついたら仲良くなり、どんどんコミュニティが広がっていく。本田さんと話していると、ここはそんな人のつながりを何より大事にするレゲエバーなのだと感じます。ただひたすらにレゲエが好きな人でも良い。とにかくジャークチキンが好きな人でもいい。ただ単にお酒が飲みたい人でもいい。たまたま通りかかって気になった人でもいい。様々なバックグランドを持つ人々がここで“素晴らしい振動”を生み合っているからこそ、ここでは季節に関係なく、カリブ特有の陽気な空気が流れているのだと思います。

■文、写真・片岡力也

店舗名 Good Vibration
住所 東京都豊島区駒込1-17-2
電話番号 03-6304-1402
アクセス JR山手線駒込駅から徒歩7分
営業時間 [火~金] 19:00~23:00 [土] 19:00~Midnight
定休日 月曜、日曜日、祝日
ホームページ https://www.facebook.com/goodvibrationtokyo/