【東京・国立】普段使いにもお祝い事にも… 食事が楽しくなるヒントをくれるお店『旬菜和食 葉月』

 2014年に国立でオープンして以来、お祝いでの会食や普段使いにと、さまざまなシーンでお客様に親しまれているお店があります。『旬菜和食 葉月』です。オーナーの渡邉さんは、これまで和食を中心に腕を磨いてきた実力派の料理人。旬の食材の良さを際立たせる渡邉さんの料理に、訪れる方からは感嘆の声が聞こえてきます。ただ食べるだけでなく、お酒とのペアリング、会話、雰囲気、音楽も合わせて満喫する“食事の楽しさ”を教えてくれる同店。渡辺オーナーに店づくりにかける思いを伺いました。

上質な料理が地域に愛される店

 JR中央線・国立駅南口から徒歩6分ほど、旭通り沿いにお店を構えているのが『旬菜和食 葉月』です。同店は、2014年6月に料理人の渡邉晃人さんが開店しました。渡邉オーナーは、和食を中心に料理の腕を磨き、独立する前は西国分寺にある和風創作料理の名店で板長を任されていました。和食の料理人ならではの素材の良さを際立たせる繊細な味付けと美しい盛り付け、時には洋食の調理法を用いて作りあげる、渡邉オーナーの修業の集大成とも言える料理を食べられるのが『旬菜和食 葉月』です。

 渡邉オーナーは「自分で“40歳になったらお店を持とう”と決めていました。この国立を選んだのは、20年以上修業をした慣れ親しんだ“第二の地元”だったからです。オープン間も無く、以前のお客様などが顔を出してくださったのが心強かったのを思い出します。」と開店当時を振り返ります。

旬の素材が際立つ料理に舌鼓

 店づくりで大切にしているのは“食事を楽しんでもらうこと”。「和食は地味に見られがちですが、調理法がシンプルな分、素材の味わいや美しさを表現できると思っています。盛り付けも含めて食事の楽しさを伝えたいです。」と渡邉オーナー。その言葉通り、同店では旬の食材を使用した見た目も美しい料理をいただけます。

 中でも評判が高いのが、“お刺身の盛り合わせ”です。新鮮な旬の魚は、旨味も食感も格別で、多くのお客様から美味しいの声が聞かれるそうです。魚の種類によって季節を感じられるのも嬉しいですよね。これからの季節は、“鱧”が食べごろです。湯引きをはじめとした鱧料理もおすすめです。また、“くるみ豆腐”も人気が高い一品。胡桃と葛粉を練り上げ、素揚げして餡と合わせ提供しています。わらび餅のようなモチモチの食感と胡桃の香ばしさを楽しめますよ。

 このほか、“和牛の頬肉のトマト煮込み”も好評です。和食のお店でありながら、洋風メニューも楽しめるのは、渡邉オーナーの豊富な経験のなせるわざですね。

普段使いもお子様連れでの会食も

 幅広い年齢のお客様から親しまれている『旬菜和食 葉月』。普段のお食事からお祝い事での会食まで、ニーズに合わせて利用することができます。ご自身もお子様がいらっしゃる渡邉オーナーは、小さなお子様連れも気兼ねなく過ごして欲しいと、ベビーチェアや子供用のメニューも用意しているそうです。ベビーカーのままの入店もOKで、全面禁煙のためタバコの煙を心配する必要もありません。コース料理も複数あり、お子様のお祝い事での集まりから仕事での会食まで、品数や金額に応じて選べます。

 「外から見た印象で敷居が高いと思われがちですが、そんなことはありません。お一人でご来店されるお客様もいらっしゃいますよ。普段の食事の一つに選んでいただけるのがとても嬉しいですね。小さなお子様を連れての外食の大変さも知っているので、そんなご家族にも気兼ねなく来店していただきたいと思っています。」

食事を楽しむヒントがここに

 お店では、食事を楽しんでもらうための工夫としてさまざまなイベントも開催しています。例えば、普段はあまり合わせるイメージのない和食とワインのペアリングを紹介する催しも。“赤ワインはお肉”といった固定観念を越えた組み合わせを発見でき、普段の食事に合わせるお酒のチョイスの幅も広がりますよ。
 このほか、蔵元から杜氏を招き日本酒の出来上がる過程を学びながら和食をいただくイベント、食事の後にバイオリン奏者の演奏を聴くランチコンサートも行っています。今後も店内のスペースを活用したイベントを積極的に開いていく予定なのだそうです。

 美味しい料理を堪能できるだけでなく、日々の食事が楽しくなるヒントをくれる『旬菜和食 葉月』で、皆さんも素敵なひと時を過ごしてみませんか。

OPEN特典!

ここで特典です。ご来店されたお客様で「開店ポータルを見た」と言ってくださった方には、お一人ずつドリンクをサービス!
これを機に、ぜひ『旬菜和食 葉月』へ足を運んでくださいね。

店舗情報

店名 旬菜和食 葉月
住所 〒186-0002 東京都国立市東2-2-32
電話番号 042-505-5712
アクセス JR中央線・国立駅南口から徒歩6分
営業時間 ランチ 11:30〜15:00(L.O 14:00)、ディナー 17:30〜22:00(L.O 21:00)
定休日 月曜日
URL http://www.asahi-net.or.jp/~am6e-wtnb/