【広島・楽々園】鮮魚丼が絶品!『大漁丼家 広島からす店』のお客さまの声を活かしたメニューに拍手喝采

 新鮮な魚を使用したお手頃な丼が人気の『大漁丼家 広島からす店』。2018年6月で開店から1周年を迎えた同店は、その日の朝に市場から旬の魚介類を仕入れているため、鮮度抜群の料理が食べられると評判です。ランチにもぴったりの丼メニューは、なんと50種類以上ものバリエーションがあります。
 また、夜は新鮮なお刺身を肴にお酒を楽しむのもおすすめです。店長の鴉さんに、この業種を選んだきっかけや店作りへのこだわりを伺いました。

“魚”に長けた店長がいるお店

 『大漁丼家 広島からす店』は、広島電鉄宮島線・楽々園駅から徒歩2分ほどの場所にあります。2017年6月13日にオープンしたこちらのお店は、全国に店舗を拡大している大漁丼家グループの加盟店です。同グループでは、独自のノウハウと人材育成システムを武器に、高い調理技術で作り上げる新鮮な魚介類の丼をリーズナブルな価格で提供しています。店舗によって、テイクアウト店であったりデリバリーもしていたりと、営業形態もさまざま。今回紹介する『大漁丼家 広島からす店』は、店内で食事ができるほか、丼のテイクアウトもしています。さらに、丼だけでなく、夜にはお酒とお刺身などのオリジナルメニューも楽しめる、全国でも珍しい店舗です。

 オリジナルメニューを豊富に出せるのは、鴉店長がこれまで飲食店や小売店の鮮魚部で働いて身につけた、魚に関する確かな知識や調理技術があるからこそ。
 「いつかは自分の店を持ちたいと考えていました。飲食店で厨房を任されていたこととスーパーの鮮魚部にいた両方の経験を活かせる仕事をと、この業態を選んだのです。」と開店のきっかけを振り返ります。

50種類以上もの丼メニュー

 鴉店長は営業日には毎日早朝から市場に出向き、旬の獲れたての魚を仕入れて来ます。山陰で揚がった島根の水産ブランド“どんちっち”のアジやノドグロといった高級魚も割安の値段で提供。それらの鮮魚を使った丼は、なんと50種類以上に及ぶほどのバリエーションがあります。鉄火丼にネギトロ丼、漬けマグロに黄身やぶつ切りにとろろをかけたものまで、マグロだけでも色々な味わいを楽しめます。ほかにも、卵焼きやエビ、いくらなどお子さまが好きなネタを集めた丼や、数種類の魚介が乗った見た目も華やかなちらし寿司も。値段は全品500円(税別)と、とてもリーズナブルなのも嬉しいですね。

 豊富な丼の中でも人気が高いのは、歯ごたえと脂のりが絶妙なブリの丼です。お店オリジナルの季節限定メニューでしたが、お客さまからの熱い支持を受けて定番メニューの仲間入りを果たしたそうです。
 「大漁丼家グループの定番丼も根強い人気がありますが、お店のオリジナルのメニューを常連さんに絶賛していただいた時は、特に嬉しく感じますね。“こんなものを食べたい、このネタを入れて欲しい”とのお客さまの声を大切にしています。」と鴉店長。好みの魚介の組み合わせで選ぶもよし、旬のおすすめを選ぶもよし…その日の気分で選べます。

多種多様なニーズに対応

 昼にはお手頃な丼と旨味がたっぷりの自家製あら汁で満足感のあるランチを、夜には冷えたビールと新鮮なお刺身で…という具合で、お客さまのニーズに合わせて利用できる『大漁丼家 広島からす店』。暦の行事に合わせた商品も人気を博しています。例えば、母の日や父の日には家族で食べたいお刺身の盛り合わせや手巻き寿司のセットを、土用の丑の日には鰻の蒲焼を扱っています。これらの商品も一般的な価格よりお手頃なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

“地域密着型のお店へ”

 “出来るだけシンプルで落ち着くように”とつくられた内装は、清潔感のある白い壁と温かみのある木材のテーブル・カウンターが設けられています。鴉店長のこだわりは“カウンター”で、お客さまと直接会話ができる“距離が近い”店作りを心がけたとのこと。今後の目標は、より地域に密着したお店です。近隣には大型マンションの建設予定地や大学もあり、さらなる客足が見込める同店。これから益々注目が集まりそうです。
 みなさんも、新鮮な旬のお魚をお手頃価格で楽しめる『大漁丼家 広島からす店』で、驚きのコストパフォーマンスを実感してみてください。

店舗情報

店名 大漁丼家 広島からす店
住所 〒731-5136 広島県広島市佐伯区楽々園4-1-26
電話番号 082-208-2410
アクセス 広島電鉄・楽々園駅から徒歩2分
営業時間 11:00~20:00
定休日 月曜日
URL https://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340106/34023813/