【北海道・伏古】熱々おでんと珍しい日本酒が絶品の『うどん処 喜多蔵』で舌鼓♪

今回ご紹介する『うどん処 喜多蔵』は、その名の通りうどんをメインに提供するお店ですが、実は“おでん”も好評なのだとか。さらに日本酒のバリエーションも多く、珍しい銘柄のものがいただけるツウ好みのお店です。早速、店主の倉谷さんにお話を伺いました。

北海道にもうどんの美味しさを届けたい

店主の倉谷さんは、もともとは三重県の飲食店に勤めていました。和食と洋食、両方の経験があるベテランです。
「うどんは蕎麦と比べて、北海道では少しマイナーな印象を感じた。」と倉谷さん。道内へ引っ越したことをきっかけに、2017年7月21日『うどん処 喜多蔵』をオープンされました。

“和”と“洋”の変わり種手打ちうどん

和食も洋食も経験がある、倉谷さんならではのオリジナリティ溢れるうどんメニューは絶品です。なかでもおすすめは“明太子うどん”です。和とイタリアンがコラボした“明太子クリームうどん”もあります。決まったお店からのみ仕入れているというこだわりの小麦粉を使った太麺は、クリームソースとの相性が抜群です。コクのあるソースと明太子の辛さが絶妙にマッチしているそうですよ。

こちらは同店人気NO.1の“天盛うどん”です。サクサクの天ぷらは米油を使用しており、さっぱりしているのが特徴。ボリューミーなのですが、女性のお客様でも飽きずに最後までお召し上がりいただけるのだとか。さらに“鍋焼きうどん”もおすすめです。椎茸やカマボコ、油揚げ、卵など、麺が隠れるほど具沢山。

同店は、毎日手打ちしているコシのある麺が魅力です。麺が柔らかくなりやすい鍋焼きうどんでも、しっかりとした歯ごたえと喉越しを感じられますよ。

相性抜群の日本酒とおでん

店内の棚には、見たことのないラベルの日本酒が並べられています。これらは、倉谷さんが厳選したこだわりのお酒ばかり。おすすめは、“仙禽 かぶとむし”です。夏季限定商品なのでなかなか手に入りづらい銘酒。濃厚な味わいの中に甘酸っぱさが感じられる、女性に人気のお酒です。また、甘いお酒が好きなお客様には“大信州 みぞれりんごの梅酒”がおすすめです。しっかり梅の味を楽しめて、男性のお客様にも人気の一杯です。

そんなお酒のお供にぴったりなのが熱々のおでん。季節にもよりますが、約10種類の中から選ぶことができます。ランチでは、全品80円で提供されているそうです。ロールキャベツ、たまご、鶏団子、大根、白身魚のすり身など、どれもゴロゴロと大きく、食べ応えがあります。出汁はコクのある薄味が特徴です。具材にも味がしっかりと染みていて、口いっぱいに美味しさが広がります。
特製の生姜味噌をつけていただくと、美味しさ倍増とのこと。試してみてくださいね。各種取り揃えられた珍しい日本酒と一緒に、出汁が効いたおでんを味わってみてください。

心地良い店内でゆっくりと

店内は、訪れたお客様を癒してくれる“和”の空間です。絵画や日本酒のディスプレイまで、随所にこだわりを感じます。
「夜は日本酒とおでんをお楽しみいただきたいです。気軽に来店できますので、一度足をお運びください。」と倉谷さん。
『うどん処 喜多蔵』で、手打ちうどんと絶品おでんを味わいながら、日本酒を堪能してみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 うどん処 喜多蔵 
住所 北海道札幌市東区伏古3条3丁目2-22 
電話番号 011-299-2734 
アクセス 地下鉄東豊線 環状通東駅から徒歩約15分 
営業時間 11:00~1400、17:30~22:00
定休日 水曜
URL https://www.facebook.com/profile.php?id=100019281978618&lst=100002054722365%3A100019281978618%3A1522741581